スポンサーリンク



第155回
 村田沙耶香 芥川賞  作品名:コンビニ人間  出身校:玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース
村田 沙耶香(むらた さやか、1979年[1]8月14日 - )は、日本の小説家、エッセイスト。 千葉県印西市出身[2]。二松學舍大学附属柏高等学校[3]、玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース卒業。
amazon:コンビニ人間 Wikipedia

 荻原浩 直木賞  作品名:海の見える理髪店  出身校:成城大学経済学部
荻原 浩(おぎわら ひろし、1956年6月30日 )は、日本の小説家・推理作家。埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身。埼玉県立大宮高等学校、成城大学経済学部卒業。
amazon:海の見える理髪店Wikipedia



 第154回
 滝口悠生 芥川賞  作品名:死んでいない者  出身校:早稲田大学文学部中退
滝口 悠生(たきぐち ゆうしょう、1982年10月18日 - )は、日本の小説家。
amazon:死んでいない者 Wikipedia

 本谷有希子 芥川賞  作品名:異類婚姻譚  出身校:石川県立金沢錦丘高等学校
1979年、石川県白山市に生まれる。中学生時代はソフトテニス部に所属し部長を務める。石川県立金沢錦丘高等学校時代に演劇部に所属。上京後、ENBUゼミナール演劇科に入学、松尾スズキのクラスに在籍する。在学中より主に舞台において女優活動を開始。
amazon:異類婚姻譚 Wikipedia

 青山文平 直木賞  作品名:つまをめとらば  出身校:早稲田大学政治経済学部経済学科
青山 文平(あおやま ぶんぺい、1948年12月3日[1] - )は、日本の小説家。神奈川県横浜市出身[2][1]。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業[2]。
amazon:つまをめとらば Wikipedia



 第153回
 東山彰良 直木賞  作品名:流  出身校:西南学院大学経済学部経済学科
東山 彰良(ひがしやま あきら、本名:王 震緒[1]、1968年9月11日 - )は、台湾出身の日本の小説家。福岡県小郡市在住[2]。
amazon:Wikipedia

 又吉直樹 芥川賞  作品名:火花  出身校:北陽高校
又吉 直樹(またよし なおき、1980年6月2日 - )は、日本のお笑いタレント、脚本家、小説家であり、ピースのボケ担当である。
amazon:火花Wikipedia

 羽田圭介 芥川賞  作品名:スクラップ・アンド・ビルド  出身校:明治大学商学部
羽田 圭介(はだ けいすけ、1985年10月19日 - )は日本の小説家。東京都生まれ、埼玉県北葛飾郡松伏町出身。明治大学商学部卒業。現在東京都在住。
amazon:スクラップ・アンド・ビルドWikipedia



 第152回
 西加奈子 直木賞  作品名:サラバ!  出身校:関西大学法学部
西 加奈子(にし かなこ、1977年5月7日[1] - )は、日本の小説家。イラン ・テヘラン生まれ。エジプト・大阪府和泉市光明台育ち。大阪府立泉陽高等学校、関西大学法学部卒業 既婚。
amazon:サラバ! 上Wikipedia

 小野正嗣 芥川賞  作品名:九年前の祈り  出身校:東京大学
小野 正嗣(おの まさつぐ、1970年11月27日[1] - )は、日本の小説家、比較文学者、フランス文学者、立教大学准教授。
amazon:九年前の祈りWikipedia



 第151回
 黒川博行 直木賞  作品名:破門  出身校:京都市立芸術大学美術学部彫刻科
黒川 博行(くろかわ ひろゆき、1949年3月4日 - )は、日本の小説家・推理作家。愛媛県今治市生まれ[2]。大阪府羽曳野市在住(2014年現在)[2][3]。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。妻は日本画家の黒川雅子。
amazon:破門 (単行本)Wikipedia

 柴崎友香 芥川賞  作品名:春の庭  出身校:大阪府立大学総合科学部国際文化コース人文地理学
柴崎 友香(しばさき ともか、本名同じ、1973年10月20日 - )は、日本の小説家。大阪府大阪市大正区出身。大阪府立市岡高等学校、大阪府立大学総合科学部国際文化コース人文地理学専攻卒業。
amazon:春の庭Wikipedia



 第150回
 姫野カオルコ 直木賞  作品名:昭和の犬  出身校:青山学院大学文学部日本文学科
黒川 博行(くろかわ ひろゆき、1949年3月4日 - )は、日本の小説家・推理作家。愛媛県今治市生まれ[2]。大阪府羽曳野市在住(2014年現在)[2][3]。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。妻は日本画家の黒川雅子。
amazon:昭和の犬Wikipedia

 朝井まかて 直木賞  作品名:恋歌  出身校:甲南女子大学文学部国文学科
朝井 まかて(あさい まかて、1959年 - )は、日本の小説家、時代小説作家。女性。大阪府羽曳野市生まれ。甲南女子大学文学部国文学科卒業[1]。ペンネームは祖母の新里マカテの名に由来する[2]。
amazon:恋歌Wikipedia

 小山田浩子 芥川賞  作品名:穴  出身校:広島大学文学部日本文学語学講座
小山田 浩子(おやまだ ひろこ、1983年 - )は、日本の小説家。広島県広島市佐伯区生まれ[1][2]。2006年、広島大学文学部日本文学語学講座卒業[3][1]。仕事になじめず編集プロダクション、大手自動車メーカー子会社、眼鏡販売店勤務など職場を転々した後結婚し主婦となる[2][4]。2010年、「工場」(『新潮』2010年11月号)で第42回新潮新人賞を受賞。小説家デビューを果たす。2013年、単行本『工場』(新潮社)で第26回三島由紀夫賞候補、第30回織田作之助賞受賞、第4回広島本大賞(小説部門)受賞[5]。広島で生まれ育ち、2015年1月現在も同市佐伯区に在住している[2][6][7]。2014年、「穴」で第150回芥川龍之介賞受賞[6]。同年、第30回県民文化奨励賞(第30回記念特別賞)受賞[8]。
amazon:Wikipedia



 第149回
 桜木紫乃 直木賞  作品名:ホテルローヤル  出身校:北海道釧路東高等学校
桜木 紫乃(さくらぎ しの、1965年4月19日[1] - )は、日本の小説家、詩人。北海道釧路市生まれ。江別市在住。
amazon:ホテルローヤル (集英社文庫)Wikipedia

 藤野可織 芥川賞  作品名:爪と目  出身校:同志社大学文学部
藤野 可織(ふじの かおり、1980年2月14日 - )は、日本の小説家。
amazon:爪と目Wikipedia



 第148回
 安部龍太郎 直木賞  作品名:等伯  出身校:国立久留米工業高等専門学校機械工学科
安部 龍太郎(あべ りゅうたろう、1955年6月20日 - )は、日本の小説家。福岡県八女市(旧・黒木町)生まれ。国立久留米工業高等専門学校機械工学科卒。本名 良法。
amazon:等伯 上 (文春文庫)Wikipedia

 朝井リョウ 直木賞  作品名:何者  出身校:早稲田大学文化構想学部
朝井 リョウ(あさい リョウ、男性、1989年5月31日 -)は、日本の小説家。本名は佐々井遼。
amazon:何者 (新潮文庫)Wikipedia

 黒田夏子 芥川賞  作品名:abさんご  出身校:早稲田大学教育学部国語国文学科
黒田 夏子(くろだ なつこ、本名:非公開[1]、1937年3月23日[2] - )は、日本の小説家。東京・赤坂出身。父はサンスクリット学者の辻直四郎。[3]。
amazon:abさんごWikipedia



 第147回
 辻村深月 直木賞  作品名:鍵のない夢を見る  出身校:千葉大学教育学部
辻村 深月(つじむら みづき、1980年2月29日 - )は、日本の小説家。山梨県笛吹市出身。
amazon:鍵のない夢を見る (文春文庫)Wikipedia

 鹿島田真希 芥川賞  作品名:冥土めぐり  出身校:白百合女子大学文学部
鹿島田 真希(かしまだ まき、1976年10月26日 - )は日本の小説家。特にフランス文学の影響を受けた前衛的な作品を執筆している。
amazon:Wikipedia



 第146回
 葉室麟 直木賞  作品名:蜩ノ記  出身校:西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻
葉室 麟(はむろ りん、1951年1月25日 [1] - )は、日本の小説家。福岡県北九州市小倉[2]出身。
amazon:蜩ノ記 (祥伝社文庫)Wikipedia

 田中慎弥 芥川賞  作品名:共喰い  出身校:山口県立下関中央工業高等学校
田中 慎弥(たなか しんや、1972年(昭和47年)11月29日 - )は、日本の小説家。2005年(平成17年)に『冷たい水の羊』で第37回新潮新人賞を受賞後、いくつかの文学賞受賞を経て、2012年(平成24年)に『共喰い』で第146回(平成23年/2011年下半期)芥川賞を受賞した。
amazon:共喰い (集英社文庫)Wikipedia

 円城塔 芥川賞  作品名:道化師の蝶  出身校:東北大学理学部物理第二学科
円城 塔(えんじょう とう、男性、1972年9月15日 - )は、日本の小説家。本名非公開。ペンネームは、複雑系の研究者である金子邦彦の書いた短編小説「進物史観」[1]に登場する物語生成プログラムの一つ「円城塔李久」に由来する。公式のローマ字表記はEnJoeToh。
amazon:道化師の蝶 (講談社文庫)Wikipedia



 第145回
 池井戸潤 直木賞  作品名:下町ロケット  出身校:慶應義塾大学文学部
池井戸 潤(いけいど じゅん、1963年6月16日[1] - )は、日本の小説家。岐阜県出身。岐阜県立加茂高等学校[2]から慶應義塾大学文学部および法学部卒[3]。
amazon:下町ロケットWikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第144回
 道尾秀介 直木賞  作品名:月と蟹  出身校: 玉川大学農学部
道尾 秀介(みちお しゅうすけ、1975年5月19日[1][2] - )は、日本の小説家・推理作家。兵庫県芦屋市生まれ[2]、後に千葉県、東京都北区へ引越し[2]、現在は茨城県在住。血液型はO型。玉川大学農学部卒業。道尾はペンネームで、都筑道夫に由来する[1]。秀介は本名である。
amazon:月と蟹 (文春文庫)Wikipedia

 木内昇 直木賞  作品名:漂砂のうたう  出身校:中央大学文学部哲学科心理学専攻
木内 昇(きうち のぼり、。女性 1967年 - )は日本の作家、編集者。
amazon:漂砂のうたう (集英社文庫)Wikipedia

 朝吹真理子 芥川賞  作品名:きことわ  出身校:慶應義塾大学
朝吹 真理子(あさぶき まりこ、1984年12月19日 - )は、日本の小説家。
amazon:きことわ (新潮文庫)Wikipedia

 西村賢太 芥川賞  作品名:苦役列車  出身校:町田市立中学校
西村 賢太(にしむら けんた、1967年7月12日 - )は、日本の小説家。私小説の書き手として知られる。
amazon:苦役列車 (新潮文庫)Wikipedia



 第143回
 中島京子 直木賞  作品名:小さいおうち  出身校:東京女子大学文理学部史学科
中島 京子(なかじま きょうこ、1964年3月23日 - )は、日本の小説家、エッセイスト。東京都出身[1]。父はフランス文学者で中央大学名誉教授の中島昭和。母はフランス文学者で明治大学元教授の中島公子。姉はエッセイストの中島さおり。
amazon:小さいおうち (文春文庫)Wikipedia

 赤染晶子 芥川賞  作品名:乙女の密告  出身校:京都外国語大学外国語学部ドイツ語学科
赤染 晶子(あかぞめ あきこ、1974年10月31日[1]- )は、日本の小説家。京都府舞鶴市[2]出身。本名・瀬野晶子[3]。大学院ではベルトルト・ブレヒトを研究した。ペンネームは赤染衛門に由来する。
amazon:乙女の密告(新潮文庫)Wikipedia



 第142回
 白石一文 直木賞  作品名:ほかならぬ人へ  出身校:早稲田大学政治経済学部
白石 一文(しらいし かずふみ、1958年8月27日 - )は、日本の小説家。父は直木賞作家の白石一郎。双子の弟は小説家の白石文郎。2010年「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞。初の親子二代での受賞となった。
amazon:ほかならぬ人へ (祥伝社文庫)Wikipedia

 佐々木譲 直木賞  作品名:廃墟に乞う  出身校:北海道札幌月寒高等学校
佐々木 譲(ささき じょう、1950年3月16日 - )は、日本の作家。本名は同じ漢字で、ささき ゆずると読む。東京農業大学客員教授。
amazon:廃墟に乞う (文春文庫)Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第141回
 北村薫 直木賞  作品名:鷺と雪  出身校:早稲田大学文学部
北村 薫(きたむら かおる、1949年12月28日 - )は、日本の小説家、推理作家。埼玉県北葛飾郡杉戸町生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
amazon:鷺と雪 (文春文庫)Wikipedia

 磯崎憲一郎 芥川賞  作品名:終の住処  出身校:早稲田大学商学部
磯崎 憲一郎(いそざき けんいちろう、1965年2月28日 - )は、日本の小説家。
amazon:終の住処(新潮文庫)Wikipedia



 第140回
 山本兼一 直木賞  作品名:利休にたずねよ  出身校:同志社大学文学部
山本 兼一(やまもと けんいち、1956年7月23日 - 2014年2月13日)は、京都市生まれの小説家。京都市立紫野高等学校、同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻卒業。出版社、編集プロダクション勤務、フリーライターを経て作家デビュー。
amazon:利休にたずねよ (PHP文芸文庫)Wikipedia

 天童荒太 直木賞  作品名:悼む人  出身校:明治大学文学部演劇学科
天童 荒太(てんどう あらた、1960年5月8日 - )は、日本の小説家・推理作家。男性。初期は本名の栗田 教行(くりた のりゆき)名義で活動した。代表作に『家族狩り』『永遠の仔』『悼む人』など。
amazon:悼む人Wikipedia

 津村記久子 芥川賞  作品名:ポトスライムの舟  出身校:大谷大学文学部国際文化学科
津村 記久子(つむら きくこ、1978年1月23日[2] - )は、日本の小説家。大阪府出身。大阪府立今宮高等学校、大谷大学文学部国際文化学科卒業。『ミュージック・ブレス・ユー!!』で第30回野間文芸新人賞受賞。『ポトスライムの舟』で第140回(2008年下半期)芥川賞受賞。
amazon:ポトスライムの舟 (講談社文庫)Wikipedia



 第139回
 井上荒野 直木賞  作品名:切羽へ  出身校:成蹊大学文学部英米文学科
井上 荒野(いのうえ あれの、1961年2月4日-)は、日本の小説家。東京都出身。
amazon:切羽へ (新潮文庫)Wikipedia

 楊逸 芥川賞  作品名:時が滲む朝  出身校:お茶の水女子大学文教育学部
楊 逸(やん いー、本名:劉 莜(りゅう・ちょう、「ちょう」は草冠に「攸」)、1964年6月18日 - )は日本の小説家である。中国ハルビン市出身、中国籍。2008年、「時が滲む朝」で第139回芥川賞受賞。中国籍の作家として、また日本語以外の言語を母語とする作家として史上初めての受賞となった。
amazon:時が滲む朝 (文春文庫)Wikipedia



 第138回
 桜庭一樹 直木賞  作品名:私の男  出身校:鳥取県立米子東高等学校
桜庭 一樹(さくらば かずき、1971年7月26日 - )は、日本の作家、小説家。女性[1]。本名非公開[2][3]。島根県生まれ、鳥取県米子市出身[4][2]。1999年、「夜空に、満点の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー[2]。ゲームのノベライズやライトノベル、ジュブナイルなどの作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを数多く手がける。
amazon:私の男 (文春文庫)Wikipedia

 川上未映子 芥川賞  作品名:乳と卵  出身校:日本大学通信教育部文理学部哲学科
川上 未映子(かわかみ みえこ、1976年8月29日 - )は、日本の小説家、詩人、ミュージシャン、女優。音楽活動時は未映子(みえこ)名義も使用する。血液型はB型。
amazon:乳と卵(らん) (文春文庫)Wikipedia



 第137回
 松井今朝子 直木賞  作品名:吉原手引草  出身校:早稲田大学文学部演劇専修
松井 今朝子(まつい けさこ、1953年9月28日 - )は、日本の小説家、歌舞伎評論家。
amazon:吉原手引草 (幻冬舎文庫)Wikipedia

 諏訪哲史 芥川賞  作品名:アサッテの人  出身校:國學院大學文学部哲学科
諏訪 哲史(すわ てつし、1969年10月26日 - )は、日本の小説家・随筆家・評論家。
amazon:アサッテの人 (講談社文庫)Wikipedia



 第136回
       直木賞:該当作品なし


 青山七恵 芥川賞  作品名:ひとり日和  出身校:筑波大学図書館情報専門学群
青山 七恵(あおやま ななえ、1983年1月20日 - )は、日本の小説家、純文学作家。埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市)出身[1]。筑波大学図書館情報専門学群卒業[2]。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞。
amazon:ひとり日和 (河出文庫)Wikipedia



 第135回
 森絵都 直木賞  作品名:風に舞いあがるビニールシート  出身校:早稲田大学文学部社会人間系専修
森 絵都(もり えと、1968年〈昭和43年〉4月8日 - )は、東京都出身の小説家。女性。
amazon未登録Wikipedia

 三浦しをん 直木賞  作品名:まほろ駅前多田便利軒  出身校:早稲田大学文学部演劇専修
三浦 しをん(みうら しおん、本名同じ、1976年(昭和51年)9月23日 - )は、日本の小説家・随筆家である。女性。
amazon未登録Wikipedia

 伊藤たかみ 芥川賞  作品名:八月の路上に捨てる  出身校:早稲田大学政治経済学部
伊藤 たかみ(いとう たかみ、男性、1971年4月5日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第134回
 東野圭吾 直木賞  作品名:容疑者Xの献身  出身校:大阪府立大学工学部電気工学科
東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 - )は、日本の小説家。大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)。本名同じ。
amazon未登録Wikipedia

 絲山秋子 芥川賞  作品名:沖で待つ  出身校:早稲田大学政治経済学部経済学科
絲山 秋子(いとやま あきこ、1966年11月22日 - )は、日本の小説家。群馬県高崎市在住。高崎経済大学非常勤理事[1]。本名・西平秋子。「絲山」は曽祖父の弁護士・絲山貞規(父の母方)から拝借した。父は、元・上智大学経済学部教授の西平重喜。
amazon未登録Wikipedia



 第133回
 朱川湊人 直木賞  作品名:花まんま  出身校:慶應義塾大学文学部国文学科
朱川 湊人 (しゅかわ みなと、1963年1月7日 - ) は、日本の小説家、大阪府出身。主にホラー小説を執筆する。
amazon未登録Wikipedia

 中村文則 芥川賞  作品名:土の中の子供  出身校:福島大学行政社会学部応用社会学科
中村 文則(なかむら ふみのり、1977年9月2日 - )は日本の小説家。愛知県東海市出身。愛知県立東海南高等学校、福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。
amazon未登録Wikipedia



 第132回
 角田光代 直木賞  作品名:対岸の彼女  出身校:早稲田大学文学部文芸専修
角田 光代(かくた みつよ、1967年3月8日 - )は、日本の作家、小説家、翻訳家。
amazon未登録Wikipedia

 阿部和重 芥川賞  作品名:グランド・フィナーレ  出身校:日本映画大学
阿部 和重(あべ かずしげ、1968年9月23日 - )は、山形県東根市神町出身の小説家、編集者、映画評論家。
amazon未登録Wikipedia



 第131回
 熊谷達也 直木賞  作品名:邂逅の森  出身校:東京電機大学
熊谷 達也(くまがい たつや、1958年4月25日 - )は、日本の小説家。東京電機大学卒業。
amazon未登録Wikipedia

 奥田英朗 直木賞  作品名:空中ブランコ  出身校:岐阜県立岐山高等学校
奥田 英朗(おくだ ひでお、1959年10月23日 - )は、日本の小説家。主な作品に『最悪』、『邪魔』、『イン・ザ・プール』、『空中ブランコ』、『オリンピックの身代金』など。
amazon未登録Wikipedia

 モブ・ノリオ 芥川賞  作品名:介護入門  出身校:大阪芸術大学芸術学部文芸学科
モブ・ノリオ(男性、1970年11月16日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第130回
 京極夏彦 直木賞  作品名:後巷説百物語  出身校:北海道倶知安高等学校
京極 夏彦(きょうごく なつひこ、1963年3月26日 - )は、日本の小説家、妖怪研究家、アートディレクター。世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)、関東水木会会員、東アジア恠異学会会員。「怪談之怪」発起人の一人。北海道小樽市出身。北海道倶知安高等学校卒業、専修学校桑沢デザイン研究所中退。代表作に『百鬼夜行シリーズ』、『巷説百物語シリーズ』など。株式会社大沢オフィス所属。公式サイト「大極宮」も参照。
amazon未登録Wikipedia

 江國香織 直木賞  作品名:号泣する準備はできていた  出身校:目白学園女子短期大学国文学科
江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日[1] - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。 
amazon未登録Wikipedia

 綿矢りさ 芥川賞  作品名:蹴りたい背中  出身校:早稲田大学教育学部国語国文学科
綿矢 りさ(わたや りさ、本名:山田 梨沙〈やまだ りさ〉、1984年2月1日 - )は、日本の小説家。 2006年に長編第3作『夢を与える』を発表。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後は専業作家として活動している。2012年、『かわいそうだね?』で大江健三郎賞を最年少で受賞する。
amazon未登録Wikipedia

 金原ひとみ 芥川賞  作品名:蛇にピアス  出身校:文化学院高等課程中退
第130回芥川龍之介賞は、2004年1月15日に発表された芥川龍之介賞。2003年下半期に発表された作品が対象。
amazon未登録Wikipedia



 第129回
 村山由佳 直木賞  作品名:星々の舟  出身校:立教大学文学部日本文学科
村山 由佳(むらやま ゆか、1964年(昭和39年)7月10日 - )は日本の作家。恋愛小説を得意とする。
amazon未登録Wikipedia

 石田衣良 直木賞  作品名:4TEEN フォーティーン  出身校:成蹊大学経済学部
石田 衣良(いしだ いら、1960年3月28日 - )は、日本の小説家。本名は石平庄一(いしだいらしょういち)。ペンネームの由来は本名「石平(いしだいら)」を分割したもの。
amazon未登録Wikipedia

 吉村萬壱 芥川賞  作品名:ハリガネムシ  出身校:京都教育大学教育学部第一社会科学科
吉村 萬壱(よしむら まんいち、本名:吉村浩一、1961年2月 - )は、日本の小説家。愛媛県松山市生まれ、大阪府大阪市・枚方市育ち。大阪府立長尾高等学校、京都教育大学教育学部第一社会科学科卒業。1997年、「国営巨大浴場の午後」で第1回京都大学新聞社新人文学賞受賞。2001年、「クチュクチュバーン」で第92回文學界新人賞受賞。2003年、「ハリガネムシ」で第129回芥川龍之介賞受賞。大阪府立佐野支援学校に勤めていたが退職する。
amazon未登録Wikipedia



 第128回
       直木賞:該当作品なし


 大道珠貴 芥川賞  作品名:しょっぱいドライブ  出身校:福岡県立福岡中央高等学校
大道 珠貴(だいどう たまき、女性、1966年4月10日 - )は、日本の小説家。福岡市出身。福岡県立福岡中央高等学校卒業。2000年、「裸」が第30回九州芸術祭文学賞を受賞して小説家デビュー。同作で第123回芥川賞候補。2003年、「しょっぱいドライブ」で第128回芥川賞受賞。2005年、『傷口にはウオッカ』で第15回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞(選考富岡多恵子)。
amazon未登録Wikipedia



 第127回
 乙川優三郎 直木賞  作品名:生きる  出身校:千葉県立国府台高等学校
乙川 優三郎(おとかわ ゆうざぶろう、1953年2月17日 - )は日本の小説家。本名島田 豊。
amazon未登録Wikipedia

 吉田修一 芥川賞  作品名:パーク・ライフ  出身校:法政大学経営学部
吉田 修一(よしだ しゅういち、1968年9月14日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第126回
 唯川恵 直木賞  作品名:肩ごしの恋人  出身校:金沢女子短期大学
桐野 夏生(きりの なつお、1951年10月7日 - )は、石川県金沢市生まれの小説家。別のペンネーム野原野枝実(のばら のえみ)や桐野夏子の名でロマンス小説、ジュニア小説のほか、森園みるくのレディースコミック原作も手がけている。
amazon未登録Wikipedia

 山本一力 直木賞  作品名:あかね空  出身校:東京都立世田谷工業高等学校
山本 一力(やまもと いちりき、1948年2月18日 - )は、日本の小説家。高知県高知市生まれ[1]。東京都立世田谷工業高等学校電子科卒業。
amazon未登録Wikipedia

 長嶋有 芥川賞  作品名:猛スピードで母は  出身校:東洋大学文学部国文学科
長嶋 有(ながしま ゆう、1972年9月30日 - )は日本の小説家である。ネット・コラムニスト「ブルボン小林」、俳人「長嶋肩甲」[1]としても活動している。俳誌「恒信風」所属。
amazon未登録Wikipedia



 第125回
 藤田宜永 直木賞  作品名:愛の領分  出身校:早稲田大学文学部中退
藤田 宜永(ふじた よしなが、1950年4月12日 - )は、日本の小説家。別名義に入江香。
amazon未登録Wikipedia

 玄侑宗久 芥川賞  作品名:中陰の花  出身校:慶應義塾大学文学部中国文学科
玄侑 宗久(げんゆう そうきゅう、1956年4月28日 - )は日本の小説家、臨済宗の僧侶。福島県在住。東日本大震災復興構想会議委員。
amazon未登録Wikipedia



 第124回
 重松清 直木賞  作品名:ビタミンF  出身校:早稲田大学教育学部国語国文学科
重松 清(しげまつ きよし、1963年3月6日[1] - )は、日本の作家。
amazon未登録Wikipedia

 山本文緒 直木賞  作品名:プラナリア  出身校:神奈川大学経済学部
山本 文緒(やまもと ふみお、1962年11月13日 - 、女性)は、作家。神奈川県横浜市生まれ。神奈川県立清水ヶ丘高等学校(現・神奈川県立横浜清陵総合高等学校)を経て神奈川大学経済学部卒業。
amazon未登録Wikipedia

 青来有一 芥川賞  作品名:聖水  出身校:長崎大学教育学部
青来 有一(せいらい ゆういち、本名:中村 明俊、1958年12月13日 - )は、日本の小説家。ペンネームは「セーラームーン」に由来する[1]。
amazon未登録Wikipedia



 第123回
 金城一紀 直木賞  作品名:GO  出身校:慶應義塾大学法学部
金城 一紀(かねしろ かずき、1968年10月29日 - )は、日本の小説家、脚本家である。埼玉県川口市出身[1]。慶應義塾大学法学部卒業[2]。
amazon未登録Wikipedia

 船戸与一 直木賞  作品名:虹の谷の五月  出身校:早稲田大学法学部
船戸 与一(ふなど よいち、1944年2月8日 - 2015年4月22日)は、日本の小説家。本名:原田 建司(はらだ けんじ)[2]。山口県下関市生まれ[3]。山口県立下関西高等学校[3]、早稲田大学法学部卒業[2]。
amazon未登録Wikipedia

 松浦寿輝 芥川賞  作品名:花腐し  出身校:東京大学教養学部教養学科フランス分科
松浦 寿輝(まつうら ひさき、1954年3月18日 - )は、日本の詩人、小説家、フランス文学者、批評家、東京大学名誉教授。2015年現在、毎日出版文化賞、高見順賞、読売文学賞選考委員。
amazon未登録Wikipedia

 町田康 芥川賞  作品名:きれぎれ  出身校:大阪府立今宮高等学校
町田 康(まちだ こう、1962年1月15日 - )は、日本の小説家、詩人、ミュージシャン。旧芸名は、町田 町蔵(まちだ まちぞう)。本名は同じ漢字で「まちだ やすし」である。
amazon未登録Wikipedia



 第122回
 なかにし礼 直木賞  作品名:長崎ぶらぶら節  出身校:立教大学文学部仏文科
なかにし 礼(なかにし れい、1938年9月2日 - )は、日本の小説家、作詞家。本名は中西 禮三(なかにし れいぞう)。
amazon未登録Wikipedia

 藤野千夜 芥川賞  作品名:夏の約束  出身校:千葉大学教育学部
藤野 千夜(ふじの ちや、1962年2月27日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 玄月 芥川賞  作品名:蔭の棲みか  出身校:大阪市立南高等学校
玄月(げんげつ、1965年2月10日 - )は日本の小説家。大阪市生野区出身。父母は朝鮮人。 本名は玄 峰豪(현 봉호)。 現在は、大阪南船場で文学バー「リズール」を経営している。
amazon未登録Wikipedia



 第121回
 桐野夏生 直木賞  作品名:柔らかな頬  出身校:成蹊大学法学部
桐野 夏生(きりの なつお、1951年10月7日 - )は、石川県金沢市生まれの小説家。別のペンネーム野原野枝実(のばら のえみ)や桐野夏子の名でロマンス小説、ジュニア小説のほか、森園みるくのレディースコミック原作も手がけている。
amazon未登録Wikipedia

 佐藤賢一 直木賞  作品名:王妃の離婚  出身校:東北大学大学院
佐藤 賢一(さとう けんいち、1968年3月12日 - )は、山形県鶴岡市出身の日本の小説家。直木賞作家。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第120回
 宮部みゆき 直木賞  作品名:理由  出身校:東京都立墨田川高等学校
宮部 みゆき(みやべ みゆき、1960年12月23日 - )は、日本の小説家。東京都江東区生まれ。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。雑誌幻影城ファンクラブ「怪の会」出身。
amazon未登録Wikipedia

 平野啓一郎 芥川賞  作品名:日蝕  出身校:京都大学法学部
平野 啓一郎(ひらの けいいちろう、1975年6月22日 - )は日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第119回
 車谷長吉 直木賞  作品名:赤目四十八瀧心中未遂  出身校:慶應義塾大学独文科
車谷 長吉(くるまたに ちょうきつ、1945年7月1日 - 2015年5月17日)は日本の作家、随筆家、俳人。本名、車谷 嘉彦(くるまたに よしひこ)。兵庫県飾磨市(現・姫路市飾磨区)出身。筆名の「長吉」は唐代の詩人李賀にちなむ。妻は詩人の高橋順子[2]。
amazon未登録Wikipedia

 花村萬月 芥川賞  作品名:ゲルマニウムの夜  出身校:東京サレジオ学園付属小平育英学院サレジオ中学校
花村 萬月(はなむら まんげつ、本名:吉川一郎、1955年(昭和30年)2月5日 - )は、日本の男性作家。東京都出身。現在、京都府在住。
amazon未登録Wikipedia

 藤沢周 芥川賞  作品名:ブエノスアイレス午前零時  出身校:法政大学文学部
藤沢 周(ふじさわしゅう、1959年1月10日 - )は日本の小説家、法政大学教授。
amazon未登録Wikipedia



 第118回
       直木賞:該当作品なし


       芥川賞:該当作品なし




 第117回
 浅田次郎 直木賞  作品名:鉄道員(ぽっぽや)  出身校:中央大学杉並高等学校
浅田 次郎(あさだ じろう、1951年(昭和26年)12月13日 - 、本名非公開[1][注 1])は、日本の小説家。血液型はA型。日本ペンクラブ会長。
amazon未登録Wikipedia

 篠田節子 直木賞  作品名:女たちのジハード  出身校:東京学芸大学教育学部
篠田 節子(しのだ せつこ、1955年10月23日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 目取真俊 芥川賞  作品名:水滴  出身校:琉球大学法文学部
目取真 俊(めどるま しゅん、1960年10月6日 - )は日本の小説家。本名、島袋正。
amazon未登録Wikipedia



 第116回
 坂東眞砂子 直木賞  作品名:山妣  出身校:奈良女子大学家政学部住居学科
坂東 眞砂子(ばんどう まさこ、1958年3月30日 - 2014年1月27日)は、日本の小説家。ジャンクロード・ミッシェルとの共同執筆による筆名に梟森 南溟(ふくもり なんめい)がある[1]。
amazon未登録Wikipedia

 柳美里 芥川賞  作品名:家族シネマ  出身校:横浜共立学園高等学校中退
柳 美里(ゆう みり、유미리、1968年6月22日 - )は、神奈川県横浜市中区出身[1]の在日韓国人の小説家、劇作家である。国籍は韓国。横浜共立学園高等学校中退、演劇活動を経て1994年に小説家デビュー。1997年芥川賞受賞。作品には私小説が多く、無頼派の系譜を継ぐ作家と評されることがある。
amazon未登録Wikipedia

 辻仁成 芥川賞  作品名:海峡の光  出身校:成城大学経済学部中退
辻 仁成(つじ ひとなり/つじ じんせい、1959年10月4日 - )は、日本の作家、ミュージシャン、映画監督、演出家。所属事務所はタイタン。「仁成」は、本名は「ひとなり」、作家活動では「ひとなり」、歌手・映画監督の場合は「じんせい」と読む。バンド『ZAMZA』での活動時は「Zinc White」もしくは単に「Zinc」と称する。童話作家の東君平の英子夫人と辻の母親が従姉妹同志。女優の南果歩と再婚、一児を授かるが、後に離婚。2002年に女優の中山美穂と3度目の結婚をしたが2014年7月8日に離婚が成立した。フランス・パリを拠点に創作活動を続けている。函館観光大使でもある[1]。
amazon未登録Wikipedia



 第115回
 乃南アサ 直木賞  作品名:凍える牙  出身校:早稲田大学社会科学部中退
乃南 アサ(のなみ あさ、1960年8月19日 - )は、作家。本名矢沢 朝子。
amazon未登録Wikipedia

 川上弘美 芥川賞  作品名:蛇を踏む  出身校:お茶の水女子大学理学部生物学科
川上 弘美(かわかみ ひろみ、旧姓・山田、1958年4月1日 - )は、日本の小説家。東京都生まれ。大学在学中よりSF雑誌に短編を寄稿、編集にもたずさわる。高校の生物科教員などを経て、1994年、短編「神様」でパスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で芥川賞受賞。
amazon未登録Wikipedia



 第114回
 藤原伊織 直木賞  作品名:テロリストのパラソル  出身校:東京大学文学部仏文科
藤原 伊織(ふじわら いおり、本名:藤原 利一(ふじわら としかず)、1948年2月17日 - 2007年5月17日)は、日本の男性作家。大阪府出身。
amazon未登録Wikipedia

 小池真理子 直木賞  作品名:恋  出身校:成蹊大学文学部英米文学科
小池 真理子(こいけ まりこ、1952年10月28日 - )は、日本の小説家、エッセイスト。夫は同じく小説家の藤田宜永。主な長編作品に『恋』『無伴奏』『水の翼』『瑠璃の海』『望みは何と訊かれたら』などがあり、また短編の名手ともいわれ、『妻の女友達』『水無月の墓』『怪談』など、短編集も多く上梓している。山本周五郎賞、島清恋愛文学賞、松本清張賞、小説推理新人賞選考委員[2]。
amazon未登録Wikipedia

 又吉栄喜 芥川賞  作品名:豚の報い  出身校:琉球大学法文学部史学科
又吉 栄喜(またよし えいき、1947年7月15日 - )は日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第113回
 赤瀬川隼 直木賞  作品名:白球残映  出身校:大分第一高等学校
赤瀬川 隼(あかせがわ しゅん、本名:赤瀬川隼彦、1931年11月5日 - 2015年1月26日)は、日本の小説家。三重県生まれ。大分第一高等学校(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。旧制中学の同級生に、磯崎新がいた。
amazon未登録Wikipedia

 保坂和志 芥川賞  作品名:この人の閾  出身校:早稲田大学政治経済学部
保坂 和志(ほさか かずし、1956年10月15日 - )は、日本の小説家。1990年「プレーンソング」でデビュー。1995年「この人の閾」で芥川賞受賞。「ストーリー」のない何気ない日常を描くことを得意とし、静かな生活の中に自己や世界への問いかけを平明に記していく内省的な作風。以後の主要な長編に『季節の記憶』『カンバセイション・ピース』『未明の闘争』がある。
amazon未登録Wikipedia



 第112回
       直木賞:該当作品なし


       芥川賞:該当作品なし




 第111回
 海老沢泰久 直木賞  作品名:帰郷  出身校:國學院大學文学部
海老沢 泰久(えびさわ やすひさ、1950年1月22日 - 2009年8月13日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家。
amazon未登録Wikipedia

 中村彰彦 直木賞  作品名:二つの山河  出身校:東北大学文学部国文科
中村 彰彦(なかむら あきひこ、1949年6月23日 - )は、小説家。直木賞受賞。栃木県栃木市出身。本名「加藤 保栄」。主に、歴史小説・時代小説を中心に執筆している。
amazon未登録Wikipedia

 室井光広 芥川賞  作品名:おどるでく  出身校:慶應義塾大学文学部
室井 光広(むろい みつひろ、1955年1月7日 - )は、日本の小説家、文芸評論家。福島県出身。福島県立会津高等学校、慶應義塾大学文学部卒業。駿台予備学校英語科講師などを経て、現在、東海大学文学部准教授。1988年、「零の力 J.L.ボルヘスをめぐる断章」で第31回群像新人文学賞評論部門当選。1994年、「おどるでく」で第111回芥川龍之介賞受賞。
amazon未登録Wikipedia

 笙野頼子 芥川賞  作品名:タイムスリップ・コンビナート  出身校:立命館大学法学部
笙野 頼子(しょうの よりこ、1956年3月16日 - )は日本の小説家。本姓・市川。三重県出身、立命館大学法学部卒。
amazon未登録Wikipedia



 第110回
 大沢在昌 直木賞  作品名:新宿鮫 無間人形  出身校:慶應義塾大学法学部中退
大沢 在昌(おおさわ ありまさ、本名同じ、1956年3月8日 - )は、ハードボイルド・冒険小説作家、推理作家。
amazon未登録Wikipedia

 佐藤雅美 直木賞  作品名:恵比寿屋喜兵衛手控え  出身校:早稲田大学法学部
佐藤 雅美(さとう まさよし、1941年1月14日 - )は日本の作家。兵庫県生まれ。早稲田大学法学部卒。
amazon未登録Wikipedia

 奥泉光 芥川賞  作品名:石の来歴  出身校:国際基督教大学教養学部人文科学科
奥泉 光(おくいずみ ひかる、1956年2月6日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第109回
 北原亞以子 直木賞  作品名:恋忘れ草  出身校:千葉県立千葉第二高等学校
北原 亞以子(きたはら あいこ・本名:高野美枝、1938年1月20日 - 2013年3月12日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 高村薫 直木賞  作品名:マークスの山  出身校:国際基督教大学教養学部
高村 薫(たかむら かおる、1953年2月6日 - )は、日本の作家・小説家。女性。本名は林 みどり。
amazon未登録Wikipedia

 吉目木晴彦 芥川賞  作品名:寂寥郊野  出身校:成蹊大学法学部法律学科
吉目木晴彦(よしめき はるひこ、1957年2月25日- )は、日本の小説家、日本近代文学研究者、安田女子大学教授。「吉」の正確な表記は「」(「土」の下に「口」、つちよし)である[1]。
amazon未登録Wikipedia



 第108回
 出久根達郎 直木賞  作品名:佃島ふたり書房  出身校:中学卒業
出久根 達郎(でくね たつろう、1944年3月31日 - ) は日本の小説家、随筆家[1]。茨城県行方郡北浦町(現:行方市)生まれ。
amazon未登録Wikipedia

 多和田葉子 芥川賞  作品名:犬婿入り  出身校:早稲田大学文学部ロシア文学
多和田 葉子(たわだ ようこ、1960年3月23日[1] - )は、日本の小説家、詩人。
amazon未登録Wikipedia



 第107回
 伊集院静 直木賞  作品名:受け月  出身校:立教大学文学部日本文学科
伊集院 静(いじゅういん しずか、1950年2月9日 - )は、日本の作家、作詞家。
amazon未登録Wikipedia

 藤原智美 芥川賞  作品名:運転士  出身校:明治大学政治経済学部政治学科
藤原 智美(ふじわら ともみ、男性、1955年7月20日 - )は、小説家、エッセイスト。芥川賞受賞。福岡県福岡市出身。福岡県立福岡高等学校、明治大学政治経済学部政治学科卒業。1990年、フリーランスのライターの傍ら『王を撃て』により小説家デビュー。1992年『運転士』により第107回(1992年上半期)芥川龍之介賞受賞。
amazon未登録Wikipedia



 第106回
 高橋克彦 直木賞  作品名:緋い記憶  出身校:早稲田大学商学部
高橋 克彦(たかはし かつひこ、1947年8月6日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 高橋義夫 直木賞  作品名:狼奉行  出身校:早稲田大学文学部仏文科
高橋 義夫(たかはし よしお、1945年5月25日 - )は、日本の小説家。千葉県船橋市出身。山形市在住。早稲田大学文学部仏文学科卒業。息子の高橋文樹も小説家。
amazon未登録Wikipedia

 松村栄子 芥川賞  作品名:至高聖所アバトーン  出身校:筑波大学比較文化学類
松村 栄子(まつむら えいこ、1961年7月3日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第105回
 芦原すなお 直木賞  作品名:青春デンデケデケデケ  出身校:早稲田大学文学部独文科
芦原 すなお(あしはら すなお、1949年9月13日 - )は、日本の作家。本名 蔦原 直昭(つたはら なおあき)。
amazon未登録Wikipedia

 宮城谷昌光 直木賞  作品名:夏姫春秋  出身校:早稲田大学文学部英文学科卒業
宮城谷 昌光(みやぎたに まさみつ、1945年2月4日 - )は、日本の小説家、歴史小説・時代小説作家である。古代中国の偉人にスポットを当てた作品を得意とする。代表作に『重耳』、『孟嘗君』など。本名は宮城谷 誠一(みやぎたに せいいち)。
amazon未登録Wikipedia

 荻野アンナ 芥川賞  作品名:背負い水  出身校:慶應義塾大学文学部仏文科
荻野 アンナ(おぎの あんな 1956年11月7日 - )は、日本のフランス文学者、小説家。慶應義塾大学文学部教授。本名、荻野安奈。
amazon未登録Wikipedia

 辺見庸 芥川賞  作品名:自動起床装置  出身校:早稲田大学文学部社会専修
辺見 庸(へんみ よう、1944年(昭和19年)9月27日 - 、本名:辺見 秀逸)は、日本の作家、ジャーナリスト、詩人。
amazon未登録Wikipedia



 第104回
 古川薫 直木賞  作品名:漂泊者のアリア  出身校:山口大学教育学部
古川 薫(ふるかわ かおる、1925年6月5日 - )は、日本の小説家。妻は歌人の森重香代子[1]。
amazon未登録Wikipedia

 小川洋子 芥川賞  作品名:妊娠カレンダー  出身校:早稲田大学文学部文芸専修
小川 洋子(おがわ ようこ、1962年3月30日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第103回
 泡坂妻夫 直木賞  作品名:蔭桔梗  出身校:東京都立九段高等学校
泡坂 妻夫(あわさか つまお、1933年5月9日 - 2009年2月3日)は日本の推理作家、小説家。東京都千代田区(当時東京市神田区)出身。東京都立九段高等学校卒。筆名の"泡"の旁は正しくは"己"ではなく"巳"。本名は厚川 昌男(あつかわ まさお)。筆名は本名のアナグラムである。
amazon未登録Wikipedia

 辻原登 芥川賞  作品名:村の名前  出身校:文化学院
辻原 登(つじはら のぼる、本名は村上 博、1945年12月15日 - )は、日本の小説家。横浜市保土ヶ谷区在住。神奈川近代文学館館長・理事長。
amazon未登録Wikipedia



 第102回
 原尞 直木賞  作品名:私が殺した少女  出身校:九州大学文学部美学美術史科
原 尞(はら りょう、1946年12月18日 - )は、日本の推理作家。本名は原 孝。佐賀県鳥栖市生まれ。福岡県立福岡高等学校、九州大学文学部美学美術史科卒業。福岡高校の同期に医師の中村哲がいる。
amazon未登録Wikipedia

 星川清司 直木賞  作品名:小伝抄  出身校:旧制山形高校中退
星川 清司(ほしかわ せいじ、本名:清(きよし)[1][2]、1921年10月27日 - 2008年7月25日[1][2])は、日本の脚本家・小説家。
amazon未登録Wikipedia

 大岡玲 芥川賞  作品名:表層生活  出身校:東京外国語大学外国語学部イタリア語学科
大岡 玲(おおおか あきら、1958年10月16日 - )は、日本の作家・イタリア文学者・東京経済大学教授。
amazon未登録Wikipedia

 瀧澤美恵子 芥川賞  作品名:ネコババのいる町で  出身校:東京外国語大学外国語学部中国語学科中退
瀧澤 美恵子(たきざわ みえこ、1939年3月1日 - )は、日本の小説家。「ネコババのいる町で」で第102回芥川龍之介賞受賞。
amazon未登録Wikipedia



 第101回
 笹倉明 直木賞  作品名:遠い国からの殺人者  出身校:早稲田大学第一文学部文芸科
笹倉 明(ささくら あきら、1948年11月14日 - )は、兵庫県西脇市生まれの小説家。淳心学院高等学校、早稲田大学第一文学部文芸科卒業。広告代理店、フリーの雑誌記者等を経て、1980年、日本人青年の異国放浪を描いた『海を越えた者たち』(第4回すばる文学賞佳作入選)でデビュー。1988年、『漂流裁判』で第6回サントリーミステリー大賞受賞。翌1989年、ジャパゆきさんによる殺人事件をテーマにした長編小説『遠い国からの殺人者』で第101回直木賞を受賞。幅広いジャンルに多くの著作がある。
amazon未登録Wikipedia

 ねじめ正一 直木賞  作品名:高円寺純情商店街  出身校:青山学院大学経済学部中退
ねじめ 正一(ねじめ しょういち、1948年6月16日 - )は、日本の詩人、小説家。本名は禰寝 正一(読みは同じ)。東京都杉並区生まれ。杉並区立杉並第四小学校→杉並区立高円寺中学校→日本大学第二高等学校卒業。青山学院大学経済学部中退。父は俳人のねじめ正也。長男は俳優のねじめ宗吾(ねじめ そうご、本名:禰寝宗吾、1975年5月4日 - )。長女は脚本家の禰寝彩木(ねじめ さえき、1979年2月11日 - )。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第100回
 藤堂志津子 直木賞  作品名:熟れてゆく夏  出身校:藤女子短期大学国文科
藤堂 志津子(とうどう しづこ、1949年3月14日[1] - )は、日本の小説家、エッセイスト。本名は熊谷 政江[1]。
amazon未登録Wikipedia

 杉本章子 直木賞  作品名:東京新大橋雨中図  出身校:ノートルダム清心女子大学国文科
杉本 章子(すぎもと あきこ、1953年5月28日[1] - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 李良枝 芥川賞  作品名:由煕  出身校:早稲田大学社会科学部中退
李 良枝(イ・ヤンジ、이양지、1955年3月15日-1992年5月22日)は、在日韓国人二世の小説家。帰化後の本名は田中淑枝。
amazon未登録Wikipedia

 南木佳士 芥川賞  作品名:ダイヤモンドダスト  出身校:秋田大学医学部
南木 佳士(なぎ けいし、本名:霜田 哲夫、1951年10月13日 - )は、日本の小説家、医師。代表作は『ダイヤモンドダスト』『医学生』『阿弥陀堂だより』等、生と死をテーマにした作品が多い。
amazon未登録Wikipedia



 第99回
 景山民夫 直木賞  作品名:遠い海から来たCOO  出身校:慶應義塾大学文学部中退
景山 民夫(かげやま たみお、1947年3月20日 - 1998年1月27日)は、日本の小説家、放送作家。放送作家としての別ペンネームに大岡 鉄太郎[1]。
amazon未登録Wikipedia

 西木正明 直木賞  作品名:凍れる瞳、端島の女  出身校:早稲田大学教育学部社会科中退
西木 正明(にしき まさあき、1940年5月25日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 新井満 芥川賞  作品名:尋ね人の時間  出身校:上智大学法学部
新井 満(あらい まん、1946年5月7日 - )は、日本の男性作家、作詞作曲家、歌手、写真家、環境映像プロデューサー、絵本画家、長野冬季オリンピック開閉会式イメージ監督。 新潟県新潟市生まれ。本名:滿(みつる)。
amazon未登録Wikipedia



 第98回
 阿部牧郎 直木賞  作品名:それぞれの終楽章  出身校:京都大学文学部フランス文学
阿部 牧郎(あべ まきお、1933年9月4日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 池澤夏樹 芥川賞  作品名:スティル・ライフ  出身校:埼玉大学理工学部中退
池澤 夏樹(いけざわ なつき、1945年7月7日 - )は、日本の小説家、詩人。翻訳、書評も手がける。日本芸術院会員。
amazon未登録Wikipedia

 三浦清宏 芥川賞  作品名:長男の出家  出身校:東京大学文学部英文学科中退
三浦 清宏(みうら きよひろ、1930年9月10日 - )は、日本の小説家、心霊研究者、元明治大学理工学部教授。北海道室蘭市に出生。東京大学文学部英文学科に進んだものの学生運動で休講続きの東大を嫌って21歳で中退し渡米、聴講を含めて3つの大学に通い、アメリカ・サンノゼ州立大学卒業後、アイオワ大学ポエトリー・ワークショップ修了。ヨーロッパを巡った後、62年、31歳で帰国。1957-58年、アイオワ時代に米国留学中の小島信夫と知り合い、帰国して半年小島と同居。
amazon未登録Wikipedia



 第97回
 山田詠美 直木賞  作品名:ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー  出身校:明治大学日本文学科中退
山田 詠美(やまだ えいみ、Amy Yamada、本名: 山田 双葉、やまだ ふたば、1959年〈昭和34年〉2月8日 - )は、日本の女性小説家、漫画家である。愛称ポンちゃん。
amazon未登録Wikipedia

 白石一郎 直木賞  作品名:海狼伝  出身校:早稲田大学政治経済学部
白石 一郎(しらいし いちろう、1931年(昭和6年)11月9日 - 2004年(平成16年)9月20日)は日本の作家。
amazon未登録Wikipedia

 村田喜代子 芥川賞  作品名:鍋の中  出身校:八幡市立花尾中学校
村田 喜代子(むらた きよこ、1945年4月12日 - )は、日本の小説家。梅光学院大学文学部客員教授。福岡県中間市在住。旧姓は貴田。
amazon未登録Wikipedia



 第96回
 常盤新平 直木賞  作品名:遠いアメリカ  出身校:早稲田大学大学院
常盤 新平(ときわ しんぺい、1931年〈昭和6年〉3月1日 - 2013年〈平成25年〉1月22日)は、日本の作家、翻訳家であり、アメリカ文化研究者である。別名に、大原寿人(おおはらとしひと)。
amazon未登録Wikipedia

 逢坂剛 直木賞  作品名:カディスの赤い星  出身校:中央大学法学部法律学科
逢坂 剛(おうさか ごう、1943年11月1日 - )は、日本の小説家、推理作家。東京都文京区生まれ[1]。本名は中 浩正(なか ひろまさ)。父は挿絵画家の中一弥[2]。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第95回
 皆川博子 直木賞  作品名:恋紅  出身校:東京女子大学外国語科英文学専攻中退
皆川 博子(みながわ ひろこ、1929年12月8日あるいは1930年1月2日 - )は、日本の小説家。様々なジャンルにわたる創作活動を行うが、中井英夫や赤江瀑などの作家への敬愛から生まれた幻想文学、または幻想的なミステリにおいて知られる。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第94回
 林真理子 直木賞  作品名:最終便に間に合えば、京都まで  出身校:日本大学藝術学部文芸学科
林 真理子(はやし まりこ、1954年4月1日[1] - )は、日本の小説家、エッセイストである。本名、東郷 眞理子(とうごう まりこ)。有限会社林真理子企画事務所代表取締役。
amazon未登録Wikipedia

 森田誠吾 直木賞  作品名:魚河岸ものがたり  出身校:一橋大学
森田 誠吾(もりた せいご、本名:堀野 誠吾、1925年10月25日 - 2008年10月16日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 米谷ふみ子 芥川賞  作品名:過越しの祭  出身校:大阪府立大学国文科
米谷 ふみ子(こめたに ふみこ、1930年11月15日 - )は日本出身の作家・画家。ロサンゼルス近郊パシフィック・パリセイズに在住。
amazon未登録Wikipedia



 第93回
 山口洋子 直木賞  作品名:演歌の虫、老梅  出身校:京都女子高等学校中退
山口 洋子(やまぐち ようこ、1937年5月10日 - 2014年9月6日)は、日本の作家、作詞家。1985年(昭和60年)に直木三十五賞を受賞。愛知県名古屋市出身。京都女子高校中退。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第92回
       直木賞:該当作品なし


 木崎さと子 芥川賞  作品名:青桐  出身校:東京女子大学短期大学部
木崎 さと子(きざき さとこ、1939年11月6日[1] - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第91回
 難波利三 直木賞  作品名:てんのじ村  出身校:関西外国語大学中退
難波 利三(なんば としぞう、男性、1936年9月25日 - )は日本の小説家である。
amazon未登録Wikipedia

 連城三紀彦 直木賞  作品名:恋文  出身校:早稲田大学政治経済学部
連城 三紀彦(れんじょう みきひこ、1948年1月11日 - 2013年10月19日)は、日本の小説家。真宗大谷派の僧侶。本名は加藤 甚吾(かとう じんご)
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第90回
 高橋治 直木賞  作品名:秘伝  出身校:東京大学文学部国文科
高橋 治(たかはし おさむ、1929年5月23日 - 2015年6月13日)は、千葉県千葉市出身の小説家、劇作家。
amazon未登録Wikipedia

 神吉拓郎 直木賞  作品名:私生活  出身校:成城高等学校文科
神吉 拓郎(かんき たくろう、1928年(昭和3年)9月11日 - 1994年(平成6年)6月28日)は、小説家、俳人、随筆家。麻布中学、成城高等学校文科卒業。東京府(現:東京都)出身。父は英文学者の神吉三郎。トリローグループの一人。俳号は「拓郎」、「尊鬼」。
amazon未登録Wikipedia

 笠原淳 芥川賞  作品名:杢二の世界  出身校:法政大学経済学部中退
笠原 淳(かさはら じゅん、本名:長野 義弘(ながの よしひろ)[1]、1936年1月21日 - 2015年3月25日[2])は小説家。神奈川県川崎市出身[3]。東京府立第六中学校(現東京都立新宿高等学校)定時制を経て法政大学経済学部中退。
amazon未登録Wikipedia

 高樹のぶ子 芥川賞  作品名:光抱く友よ  出身校:東京女子大学短期大学部教養科
高樹 のぶ子(たかぎ のぶこ、1946年4月9日 - )は、日本の小説家。九州大学アジア総合政策センター特任教授(アジア現代文化研究部門)。本名は鶴田 信子(つるた のぶこ)。
amazon未登録Wikipedia



 第89回
 胡桃沢耕史 直木賞  作品名:黒パン俘虜記  出身校:拓殖大学商学部
胡桃沢 耕史(くるみざわ こうし、1925年4月26日 - 1994年3月22日)は日本の作家。本名は清水 正二郎。海外を舞台にした冒険小説や、ユーモア推理小説で人気を博した。東京府南葛飾郡[1](現在の東京都墨田区)生まれ。東京府立第六中学校(現在の東京都立新宿高等学校)から拓殖大学商学部卒業。趣味はバイクツーリング。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第88回
       直木賞:該当作品なし


 唐十郎 芥川賞  作品名:佐川君からの手紙  出身校:明治大学文学部演劇学科
唐 十郎(から じゅうろう、本名:大靏 義英(おおつる よしひで)、1940年2月11日 - )は、劇作家・作家・演出家・俳優。東京市出身。
amazon未登録Wikipedia

 加藤幸子 芥川賞  作品名:夢の壁  出身校:北海道大学農学部
加藤 幸子(かとう ゆきこ、1936年9月26日 - )は、日本の作家。劇作家の加藤道夫の姪。鉱床学者加藤武夫の孫。
amazon未登録Wikipedia



 第87回
 村松友視 直木賞  作品名:時代屋の女房  出身校:慶應義塾大学文学部哲学科
村松 友視(むらまつ ともみ、1940年4月10日 - )は、日本の、元編集者、作家、エッセイスト(本来の表記は村松友視。「視」の字は「示」の右に「見」)。
amazon未登録Wikipedia

 深田祐介 直木賞  作品名:炎熱商人  出身校:早稲田大学法学部
深田 祐介(ふかだ ゆうすけ、本名:雄輔 1931年7月15日 - 2014年7月14日)は、日本の作家。1982年に『炎熱商人』で第87回直木賞を受賞した[1]。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第86回
 光岡明 直木賞  作品名:機雷  出身校:熊本大学法文学部
光岡 明(みつおか あきら、1932年11月3日 - 2004年12月22日)は、日本の作家である。熊本県熊本市生まれ。
amazon未登録Wikipedia

 つかこうへい 直木賞  作品名:蒲田行進曲  出身校:慶應義塾大学文学部哲学科中退
つか こうへい(1948年4月24日 - 2010年7月10日 )は、日本の劇作家、演出家、小説家。本名、金 峰雄(キム・ボンウン、김봉웅)。日本国内での通名、金原 峰雄(かねはら みねお)。福岡県嘉穂郡嘉穂町(現・嘉麻市)牛隈生まれ。国籍は大韓民国。三男一女の二男。 血液型A型。 生前は東京都北区に在住し、同区のアンバサダーも務めた。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第85回
 青島幸男 直木賞  作品名:人間万事塞翁が丙午  出身校:早稲田大学商学部
青島 幸男(あおしま ゆきお、1932年〈昭和7年〉7月17日 - 2006年〈平成18年〉12月20日)は、日本の作家、作詞家、タレント、俳優、放送作家、映画監督、政治家。
amazon未登録Wikipedia

 吉行理恵 芥川賞  作品名:小さな貴婦人  出身校:早稲田大学文学部日本文学専修
吉行 理恵(よしゆき りえ、本名:吉行→辻→吉行理恵子[1]、1939年7月8日 - 2006年5月4日)は、日本の小説家・詩人。
amazon未登録Wikipedia



 第84回
 中村正軌 直木賞  作品名:元首の謀叛  出身校:学習院大学文政学部政治学科
中村 正䡄(なかむら まさのり、1928年2月16日 - )は、小説家。満州国生まれ。学習院大学文政学部政治学科卒業。 日本航空に勤務し、フランクフルト支配人・調達部長を務める傍ら執筆活動をしていた。 名前の本来の表記は「中村正䡄」だが、「中村正軌」で代用される。
amazon未登録Wikipedia

 尾辻克彦 芥川賞  作品名:父が消えた  出身校:武蔵野美術大学油絵学科中退
赤瀬川 原平(あかせがわ げんぺい、1937年3月27日 - 2014年10月26日)は、日本の前衛美術家、随筆家、作家。本名、赤瀬川克彦。純文学作家としては尾辻 克彦(おつじ かつひこ)というペンネームがある[1]。神奈川県横浜市中区本牧町生まれ。愛知県立旭丘高等学校美術科卒業。武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)油絵学科中退。
amazon未登録Wikipedia



 第83回
 志茂田景樹 直木賞  作品名:黄色い牙  出身校:中央大学法学部
志茂田 景樹(しもだ かげき、1940年(昭和15年)3月25日 - )は、日本の作家(小説家・絵本作家)、タレント。株式会社志茂田景樹事務所代表取締役。 本名は下田 忠男(しもだ ただお)。
amazon未登録Wikipedia

 向田邦子 直木賞  作品名:花の名前、かわうそ、犬小屋  出身校:実践女子大学国文科
向田 邦子(むこうだ くにこ、1929年(昭和4年)11月28日 - 1981年(昭和56年)8月22日)は、テレビドラマ脚本家、エッセイスト、小説家。第83回直木賞受賞。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第82回
       直木賞:該当作品なし


 森禮子 芥川賞  作品名:モッキングバードのいる町  出身校:福岡県立福岡高等女学校
森 禮子(もり れいこ 1928年7月7日 - 2014年3月28日[1])は小説家・劇作家。
amazon未登録Wikipedia



 第81回
 阿刀田高 直木賞  作品名:ナポレオン狂  出身校:早稲田大学文学部仏文科
阿刀田 高(あとうだ たかし、1935年1月13日 - )は日本の作家、小説家。「奇妙な味」の短編で知られる。2007年から2011年まで日本ペンクラブ会長を務めた。
amazon未登録Wikipedia

 田中小実昌 直木賞  作品名:浪曲師朝日丸の話、ミミのこと  出身校:東京大学文学部哲学科除籍
田中 小実昌(たなか こみまさ、1925年(大正14年)4月29日 - 2000年(平成12年)2月26日、74歳没)は、作家、随筆家、翻訳家。
amazon未登録Wikipedia

 重兼芳子 芥川賞  作品名:やまあいの煙  出身校:福岡県立田川高等女学校
重兼 芳子(しげかね よしこ、1927年3月7日 - 1993年8月22日)は、小説家。北海道空知郡上砂川町生まれ。福岡県立田川高等女学校(現・福岡県立西田川高等学校)卒業。
amazon未登録Wikipedia

 青野聰 芥川賞  作品名:愚者の夜  出身校:早稲田大学文学部中退
青野 聰(あおの そう、1943年7月27日 - )は、日本の小説家、元多摩美術大学教授。
amazon未登録Wikipedia



 第80回
 宮尾登美子 直木賞  作品名:一絃の琴  出身校:高坂高等女学校
宮尾 登美子(みやお とみこ、1926年4月13日 - 2014年12月30日)は、日本の小説家。高知県高知市生まれ。高坂高等女学校卒業。
amazon未登録Wikipedia

 有明夏夫 直木賞  作品名:大浪花諸人往来  出身校:同志社大学工学部中退
有明夏夫(ありあけ なつお、1936年5月11日 - 2002年12月17日)は大阪府出身の作家。本名は斎藤義和。1945年福井県に疎開し、勝山精華高等学校(現福井県立勝山南高等学校)を卒業。同志社大学工学部中退後、工員や会社員を経て1972年に作家としてデビューした。2002年、肝不全のため死去。66歳没。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第79回
 色川武大 直木賞  作品名:離婚  出身校:旧制第三東京市立中学
色川武大(いろかわ たけひろ、1929年3月28日 - 1989年4月10日)は、日本の小説家、エッセイスト、雀士。筆名として色川武大(いろかわ ぶだい)、阿佐田哲也(あさだ てつや)、井上志摩夫(いのうえ しまお)、雀風子を名乗った。阿佐田哲也名義では麻雀小説作家として知られる。
amazon未登録Wikipedia

 津本陽 直木賞  作品名:深重の海  出身校:東北大学法学部
津本 陽(つもと よう、1929年(昭和4年)3月23日 - )は、日本の小説家。本名、寅吉(とらよし)。 
amazon未登録Wikipedia

 高橋三千綱 芥川賞  作品名:九月の空  出身校:早稲田大学文学部中退
高橋 三千綱(たかはし みちつな、1948年1月5日 - )は、大阪府出身の作家。早稲田大学文学部中退。
amazon未登録Wikipedia

 高橋揆一郎 芥川賞  作品名:伸予  出身校:北海道第一師範学校中退
高橋 揆一郎(たかはし きいちろう、1928年4月10日 - 2007年1月31日[1])は、日本の小説家。本名、良雄(よしお)。北海道歌志内市出身。
amazon未登録Wikipedia



 第78回
       直木賞:該当作品なし


 宮本輝 芥川賞  作品名:螢川  出身校:追手門学院大学文学部
宮本 輝(みやもと てる、1947年(昭和22年)3月6日 - )は、日本の小説家。本名は宮本正仁。兵庫県神戸市に生まれる。後、愛媛県、大阪府、富山県に転居。関西大倉中学校・高等学校、追手門学院大学文学部卒業。
amazon未登録Wikipedia

 高城修三 芥川賞  作品名:榧の木祭り  出身校:京都大学文学部言語学科
高城 修三(たかき しゅうぞう、1947年10月4日 - )は、香川県高松市出身の作家。
amazon未登録Wikipedia



 第77回
       直木賞:該当作品なし


 三田誠広 芥川賞  作品名:僕って何  出身校:早稲田大学文学部演劇専修
三田 誠広(みた まさひろ、1948年6月18日 -)は大阪府出身の小説家。日本文藝家協会副理事長。日本文藝著作権センター事務局長。著作権問題を考える創作者団体協議会議長。歴史時代作家クラブ会員。
amazon未登録Wikipedia

 池田満寿夫 芥川賞  作品名:エーゲ海に捧ぐ  出身校:長野北高等学校
池田 満寿夫(いけだ ますお、1934年2月23日 - 1997年3月8日)は、画家・版画家・挿絵画家・彫刻家・陶芸家・作家・映画監督などの従来の芸術の枠にとどまらず多彩に活躍した芸術家。エロスの作家といわれるように、官能的な作風が多い。しかし、多岐にわたる活動、多才がゆえに“池田芸術”は高い知名度のわりに現在でもなかなか正当に評価されていない[1]。独創性を重視し、一つの表現手段にこだわらず、変身を繰り返したからである。
amazon未登録Wikipedia



 第76回
 三好京三 直木賞  作品名:子育てごっこ  出身校:慶應義塾大学通信教育部
三好 京三(みよし きょうぞう、1931年(昭和6年)3月27日 - 2007年(平成19年)5月11日)は、岩手県胆沢郡前沢町(現・奥州市)出身の小説家。本名、佐々木 久雄(ささき ひさお)。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第75回
       直木賞:該当作品なし


  村上龍 芥川賞  作品名:限りなく透明に近いブルー  出身校:武蔵野美術大学
村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 - )は、日本の小説家、映画監督。長崎県佐世保市出身。血液型はO型。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。代表作に、『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『五分後の世界』『希望の国のエクソダス』『半島を出よ』など。
amazon未登録Wikipedia



 第74回
 佐木隆三 直木賞  作品名:復讐するは我にあり  出身校:福岡県立八幡中央高等学校
佐木 隆三(さき りゅうぞう、(本名:小先 良三)、1937年4月14日 - )は、日本の小説家、ノンフィクション作家で、北九州市立文学館名誉館長、九州国際大学客員教授。近年は法廷のルポルタージュで広く知られる。旧朝鮮咸鏡北道吉州郡生まれ。
amazon未登録Wikipedia

 岡松和夫 芥川賞  作品名:志賀島  出身校:東京大学文学部国文科
岡松 和夫(おかまつ かずお、1931年6月23日 - 2012年1月21日)は、日本の小説家。国文学者。
amazon未登録Wikipedia

 中上健次 芥川賞  作品名:岬  出身校:和歌山県立新宮高等学校
中上 健次(なかがみ けんじ、本名同じ、結婚前までは「なかうえ」、1946年8月2日 - 1992年8月12日)は、和歌山県新宮市生まれの小説家。和歌山県立新宮高等学校卒業。妻は作家の紀和鏡、長女は作家の中上紀、次女は陶芸家で作家の中上菜穂。
amazon未登録Wikipedia



 第73回
       直木賞:該当作品なし


 林京子 芥川賞  作品名:祭りの場  出身校:長崎医科大学附属厚生女学部専科中退
林 京子(はやし きょうこ、1930年8月28日 - )は小説家。本名は宮崎京子。
amazon未登録Wikipedia



 第72回
 井出孫六 直木賞  作品名:アトラス伝説  出身校:東京大学文学部仏文科
井出 孫六(いで まごろく、1931年9月29日 - )は、日本の小説家、ルポライター。
amazon未登録Wikipedia

 半村良 直木賞  作品名:雨やどり  出身校:両国高等学校
半村 良(はんむら りょう、1933年10月27日 - 2002年3月4日)は、日本の小説家。 男性。本名、清野 平太郎(きよの へいたろう)。
amazon未登録Wikipedia

 阪田寛夫 芥川賞  作品名:土の器  出身校:東京大学文学部美学科
阪田 寛夫(さかた ひろお、1925年10月18日 - 2005年3月22日)は、日本の詩人、小説家、児童文学作家である。サカタインクス創業者・阪田恒四郎は祖父[1][2][3]。作曲家の大中恩は従兄弟[4]、女優で宝塚歌劇団の元花組男役トップスター大浦みずきは次女にあたる。大阪府大阪市生まれ。
amazon未登録Wikipedia

 日野啓三 芥川賞  作品名:あの夕陽  出身校:東京大学社会学
日野 啓三(ひの けいぞう、1929年6月14日 - 2002年10月14日)は、日本の小説家。ベトナム戦争を題材にした作品や、現代都市における幻想を描く都市小説といわれる作品などで知られる。
amazon未登録Wikipedia



 第71回
 藤本義一 直木賞  作品名:鬼の詩  出身校:大阪府立大学経済学部
藤本 義一(ふじもと ぎいち、1933年(昭和8年)1月26日 - 2012年(平成24年)10月30日)は、日本の小説家、放送作家。本名の読みは「ふじもと よしかず」(ただし、戸籍上は「ふじもと よしかす」[1])。大阪を舞台にした作品を書き、エッセイも数多い。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第70回
       直木賞:該当作品なし


 野呂邦暢 芥川賞  作品名:草のつるぎ  出身校:長崎県立諫早高等学校
野呂 邦暢(のろ くにのぶ、1937年(昭和12年)9月20日 - 1980年(昭和55年)5月7日)は、日本の小説家。長崎県長崎市出身。本名、納所邦暢。
amazon未登録Wikipedia

 森敦 芥川賞  作品名:月山  出身校:旧制第一高等学校中退
森 敦(もり あつし、1912年(明治45年)1月22日 - 1989年(平成元年)7月29日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第69回
 長部日出雄 直木賞  作品名:津軽世去れ節、津軽じょんから節  出身校:早稲田大学中退
長部 日出雄(おさべ ひでお、1934年9月3日 - )は、青森県弘前市出身の小説家、評論家。
amazon未登録Wikipedia

 藤沢周平 直木賞  作品名:暗殺の年輪  出身校:山形大学教育学部
藤沢 周平(ふじさわ しゅうへい、1927年(昭和2年)12月26日 - 1997年(平成9年)1月26日)は、日本の小説家。山形県鶴岡市出身。本名、小菅 留治(こすげ とめじ)。血液型はB型[1]。
amazon未登録Wikipedia

 三木卓 芥川賞  作品名:鶸  出身校:早稲田大学文学部露文科
三木 卓(みき たく、1935年5月13日 - )は日本の小説家、詩人、翻訳家。日本芸術院会員。
amazon未登録Wikipedia



 第68回
       直木賞:該当作品なし


 山本道子 芥川賞  作品名:ベティさんの庭  出身校:跡見学園女子大学短期大学部国文科
山本 道子(やまもと みちこ、本名:古屋道子(ふるや みちこ)、1936年12月4日 - )は、日本の小説家、詩人。東京府(現中野区)出身。
amazon未登録Wikipedia

 郷静子 芥川賞  作品名:れくいえむ  出身校:鶴見高等女学校
郷 静子(ごう しずこ、1929年4月20日 - 2014年9月30日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第67回
 綱淵謙錠 直木賞  作品名:斬  出身校:東京大学文学部英文学科
綱淵 謙錠(つなぶち けんじょう、1924年(大正13年)9月21日 - 1996年(平成8年)4月14日)は樺太出身の小説家、随筆家。
amazon未登録Wikipedia

 井上ひさし 直木賞  作品名:手鎖心中  出身校:上智大学仏語科
井上 ひさし(いのうえ ひさし、1934年11月17日 - 2010年4月9日)は、日本の小説家、劇作家、放送作家である。文化功労者、日本藝術院会員。本名は井上 廈(いのうえ ひさし)。1961年から1986年までの本名は内山 廈(うちやま ひさし)[† 3]。遅筆堂(ちひつどう)を名乗ることもあった。
amazon未登録Wikipedia

 宮原昭夫 芥川賞  作品名:誰かが触った  出身校:早稲田大学文学部露文科
宮原 昭夫(みやはら あきお、1932年8月5日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 畑山博 芥川賞  作品名:いつか汽笛を鳴らして  出身校:日本大学第一高等学校中退
畑山 博(はたやま ひろし、1935年5月18日 - 2001年9月2日)は、東京府出身の小説家、文学研究者。
amazon未登録Wikipedia



 第66回
       直木賞:該当作品なし


 東峰夫 芥川賞  作品名:オキナワの少年  出身校:沖縄県立コザ高等学校中退
東 峰夫(ひがし みねお、1938年5月15日 - )は、日本の小説家。本名、東恩納常夫。
amazon未登録Wikipedia

 李恢成 芥川賞  作品名:砧をうつ女  出身校:早稲田大学文学部露文科
李 恢成(り かいせい、イ・ホェソン、이회성、1935年2月26日-) は日本の小説家。樺太真岡郡真岡町出身。
amazon未登録Wikipedia



 第65回
       直木賞:該当作品なし


       芥川賞:該当作品なし




 第64回
 豊田穣 直木賞  作品名:長良川  出身校:岐阜県立本巣中学校
豊田 穣(とよだ じょう、1920年(大正9年)3月14日 - 1994年(平成6年)1月30日)は、日本の小説家・作家、元海軍軍人(最終階級は海軍中尉)。
amazon未登録Wikipedia

 古井由吉 芥川賞  作品名:杳子  出身校:東京大学文科二類
古井 由吉(ふるい よしきち、1937年11月19日[1] - )は、日本の小説家、ドイツ文学者。いわゆる「内向の世代」の代表的作家と言われている[2]。代表作は『杳子』、『聖』『栖』『親』の三部作、『槿』、『仮往生伝試文』、『白髪の唄』など。精神の深部に分け入る描写に特徴があり、特に既成の日本語文脈を破る独自な文体を試みている[3]。
amazon未登録Wikipedia



 第63回
 結城昌治 直木賞  作品名:軍旗はためく下に  出身校:早稲田大学法律科
結城 昌治(ゆうき しょうじ、1927年2月5日 - 1996年1月24日)は日本の小説家・推理作家。本名、田村幸雄。都筑道夫の命名によるこの筆名は、本来「ゆうき・まさはる」と読ませたが、しょうじと誤読されることが多いため、そのまましょうじとなった。
amazon未登録Wikipedia

 渡辺淳一 直木賞  作品名:光と影  出身校:札幌医科大学医学部
渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち、1933年(昭和8年)10月24日 - 2014年(平成26年)4月30日)は、日本の作家。北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。
amazon未登録Wikipedia

 古山高麗雄 芥川賞  作品名:プレオー8の夜明け  出身校:第三高等学校文科丙類中退
古山 高麗雄(ふるやま こまお、1920年(大正9年)8月6日 - 2002年(平成14年)3月11日)は、日本の小説家、随筆家、編集者。芥川賞作家
amazon未登録Wikipedia

 吉田知子 芥川賞  作品名:無明長夜  出身校:名古屋市立女子短期大学経済科
吉田 知子(よしだ ともこ、1934年2月6日 - )は、日本の小説家。 夫は詩人の吉良任市。
amazon未登録Wikipedia



 第62回
       直木賞:該当作品なし


 清岡卓行 芥川賞  作品名:アカシヤの大連  出身校:東京大学文学部仏文科
清岡 卓行(きよおか たかゆき、1922年(大正11年)6月29日 - 2006年(平成18年)6月3日)は、日本の詩人、小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第61回
 佐藤愛子 直木賞  作品名:戦いすんで日が暮れて  出身校:甲南高等女学校
佐藤 愛子(さとう あいこ、1923年11月5日 - 、現在91歳)は、大阪市生まれ、西宮市育ちの小説家。
amazon未登録Wikipedia

 田久保英夫 芥川賞  作品名:深い河  出身校:慶應義塾大学仏文科
田久保 英夫(たくぼ ひでお、1928年1月25日 - 2001年4月14日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 庄司薫 芥川賞  作品名:赤頭巾ちゃん気をつけて  出身校:東京大学
庄司 薫(しょうじ かおる、1937年4月19日 - )は東京都豊島区東池袋出身の小説家。本名福田章二。
amazon未登録Wikipedia



 第60回
 陳舜臣 直木賞  作品名:青玉獅子香炉  出身校:大阪外国語大学
陳 舜臣(ちん しゅんしん、1924年(大正13年)2月18日 - 2015年(平成27年)1月21日)は、推理小説、歴史小説作家、歴史著述家。代表作に『阿片戦争』『太平天国』『秘本三国志』『小説十八史略』など。『ルバイヤート』の翻訳でも知られる。神戸市出身。本籍は台湾台北だったが、1973年に中華人民共和国の国籍を取得し、その後、1989年の天安門事件への批判を機に、1990年に日本国籍を取得している。台湾国籍同時保有。日本芸術院会員。長男は写真家の陳立人(1952年 - )[1]。
amazon未登録Wikipedia

 早乙女貢 直木賞  作品名:僑人の檻  出身校:慶應義塾大学文学部中退
早乙女 貢(さおとめ みつぐ、1926年1月1日 - 2008年12月23日)は、日本の歴史小説・時代小説作家。満州・ハルビン生まれ。本名は鐘ヶ江秀吉、ペンネームは「若い娘に金品を貢ぐ」の意味。慶應義塾大学文学部中退。代表作に吉川英治文学賞を受賞した『會津士魂』など。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第59回
       直木賞:該当作品なし


 丸谷才一 芥川賞  作品名:年の残り  出身校:東京大学大学院英文科
丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。
amazon未登録Wikipedia

 大庭みな子 芥川賞  作品名:三匹の蟹  出身校:津田塾大学英文科
大庭 みな子(おおば みなこ、1930年11月11日 - 2007年5月24日)は日本の小説家。本名・美奈子。東京都出身。
amazon未登録Wikipedia



 第58回
 野坂昭如 直木賞  作品名:アメリカひじき、火垂るの墓  出身校:早稲田大学文学部仏文科中退
野坂 昭如(のさか あきゆき、1930年(昭和5年)10月10日 - )は日本の作家、歌手、作詞家、タレント、政治家。
amazon未登録Wikipedia

 三好徹 直木賞  作品名:聖少女  出身校:横浜国立大学経済学部
三好 徹(みよし とおる、1931年1月7日 - )は、日本のジャーナリスト、作家。
amazon未登録Wikipedia

 柏原兵三 芥川賞  作品名:徳山道助の帰郷  出身校:東京大学文学部独文科
柏原 兵三(かしわばら ひょうぞう、1933年11月10日 - 1972年2月13日)は、日本の作家、ドイツ文学者。
amazon未登録Wikipedia



 第57回
 生島治郎 直木賞  作品名:追いつめる  出身校:早稲田大学文学部英文学科
生島 治郎(いくしま じろう、1933年1月25日 - 2003年3月2日)は、日本の小説家。本名、小泉 太郎(こいずみ たろう)。筆名は結城昌治が考えた。
amazon未登録Wikipedia

 大城立裕 芥川賞  作品名:カクテル・パーティー  出身校:東亜同文書院大学
大城 立裕(おおしろ たつひろ、 1925年9月19日 ‐ )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第56回
 五木寛之 直木賞  作品名:蒼ざめた馬を見よ  出身校:早稲田大学露文科中退
五木 寛之(いつき ひろゆき、1932年9月30日 - )は、日本の小説家・随筆家。作詞家としての活動も多い。旧姓は松延(まつのぶ)。
amazon未登録Wikipedia

 丸山健二 芥川賞  作品名:夏の流れ  出身校:国立仙台電波高等学校
丸山 健二(まるやま けんじ、1943年12月23日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第55回
 立原正秋 直木賞  作品名:白い罌粟  出身校:早稲田大学専門部国文科中退
立原 正秋(たちはら まさあき、金胤奎、キム・ユンキュ、김윤규、1926年1月6日 - 1980年8月12日)は、朝鮮半島出身の日本の小説家・随筆家・詩人・編集者。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第54回
 新橋遊吉 直木賞  作品名:八百長  出身校:初芝立命館中学校・高等学校
新橋 遊吉(しんばし ゆうきち、1933年3月29日 - )は、小説家。
amazon未登録Wikipedia

 千葉治平 直木賞  作品名:虜愁記  出身校:南満州工業専門学校
千葉治平(ちば じへい、1921年10月31日 - 1991年6月23日)は、秋田県出身の小説家。本名は堀川治平(ほりかわ じへい)。
amazon未登録Wikipedia

 高井有一 芥川賞  作品名:北の河  出身校:早稲田大学文学部英文学科
高井 有一(たかい ゆういち、1932年4月27日 - )は、日本の小説家。内向の世代の作家の一人。本名は田口哲郎。日本芸術院会員。
amazon未登録Wikipedia



 第53回
 藤井重夫 直木賞  作品名:虹  出身校:兵庫県立豊岡総合高等学校
藤井 重夫(ふじい しげお、1916年2月10日 - 1979年1月17日)は、作家。
amazon未登録Wikipedia

 津村節子 芥川賞  作品名:玩具  出身校:学習院女子短期大学文学科国文学
津村 節子(つむら せつこ、1928年(昭和3年)6月5日 - )は、日本の小説家。本名は吉村 節子(旧姓北原)。
amazon未登録Wikipedia



 第52回
 永井路子 直木賞  作品名:炎環  出身校:東京大学
永井 路子(ながい みちこ、1925年3月31日 - )は、日本の歴史小説家。本名は黒板擴子(くろいた ひろこ)。
amazon未登録Wikipedia

 安西篤子 直木賞  作品名:張少子の話  出身校:横浜第一高等女学校
安西 篤子(あんざい あつこ、1927年8月11日 - )は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

       芥川賞:該当作品なし




 第51回
 柴田翔 芥川賞  作品名:されどわれらが日々──  出身校:東京大学独文科
柴田 翔(しばた しょう、男性、1935年1月19日 - )は、日本の小説家、ドイツ文学者、東京大学名誉教授。
amazon未登録Wikipedia

       直木賞:該当作品なし




 第50回
 田辺聖子 芥川賞  作品名:感傷旅行 センチ  出身校:大阪樟蔭女子大学国文科
田辺 聖子 (たなべ せいこ、1928年3月27日 - )は日本の小説家。大阪府大阪市生まれ。淀之水高等女学校を経て樟蔭女子専門学校(現大阪樟蔭女子大学)国文科卒。恋愛小説などを中心に活動し、第50回芥川龍之介賞など数多くの文学賞を授与されている。文化勲章受章者。
amazon未登録Wikipedia

 安藤鶴夫 直木賞  作品名:巷談本牧亭  出身校:法政大学文学部仏文科
安藤鶴夫(あんどう つるお、1908年(明治41年)11月16日 - 1969年(昭和44年)9月9日)は、小説家(直木賞受賞)。落語、文楽、歌舞伎、新劇の評論家であり演芸プロデューサーでもあった。本名、花島鶴夫。
amazon未登録Wikipedia

 和田芳恵 直木賞  作品名:塵の中  出身校:中央大学法学部独法学科
和田 芳恵(わだ よしえ、1906年4月6日 - 1977年10月5日 男性)は日本の小説家、編集者、文学研究者。樋口一葉研究をライフワークとした。代表作は『一葉の日記』(1943年)。
amazon未登録Wikipedia



 第49回
 後藤紀一 芥川賞  作品名:少年の橋  出身校:山辺小学校高等科
後藤紀一(ごとう きいち、1915年1月17日 - 1990年9月11日)は山形県東村山郡山辺町出身の画家、小説家。
amazon未登録Wikipedia

 河野多惠子 芥川賞  作品名:蟹  出身校:大阪府立大学
河野 多惠子(こうの たえこ、1926年(大正15年)4月30日 - 2015年(平成27年)1月29日)は、日本の小説家。勲三等瑞宝章、文化勲章受章。
amazon未登録Wikipedia

 佐藤得二 直木賞  作品名:女のいくさ  出身校:東京大学哲学科
佐藤 得二 (さとう とくじ、1899年1月30日 - 1970年2月5日)は、日本の仏教学者、作家。
amazon未登録Wikipedia



 第48回
       芥川賞:該当作品なし


 山口瞳 直木賞  作品名:江分利満氏の優雅な生活  出身校:第一早稲田高等学院中退
山口 瞳(やまぐち ひとみ、本名同じ、1926年(大正15年)11月3日 - 1995年(平成7年)8月30日)は、日本の男性作家、エッセイスト。
amazon未登録Wikipedia

 杉本苑子 直木賞  作品名:孤愁の岸  出身校:武蔵野大学
杉本 苑子(すぎもと そのこ、1925年6月26日 - )は、日本の女性小説家、歴史小説家、文化勲章受章者。
amazon未登録Wikipedia



 第47回
 川村晃 芥川賞  作品名:美談の出発  出身校:静岡県立沼津中学校中退
川村 晃(かわむら あきら、1927年12月3日 - 1996年1月4日)は日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 杉森久英 直木賞  作品名:天才と狂人の間  出身校:東京大学国文科
杉森 久英(すぎもり ひさひで、1912年(明治45年)3月23日 - 1997年1月20日)は日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第46回
 宇能鴻一郎 芥川賞  作品名:鯨神  出身校:東京大学文学部国文科
宇能 鴻一郎(うの こういちろう、1934年7月25日 - )は、北海道札幌市出身の小説家、官能小説家、推理作家。本名鵜野 廣澄(うの ひろずみ)。下の名前を音読みした「ウノコウチョウ」をもじったペンネームであり、同人誌時代には「宇野興長」の筆名も用いていた。嵯峨島 昭(さがしま あきら)名義で推理小説も執筆している。
amazon未登録Wikipedia

 伊藤桂一 直木賞  作品名:螢の河  出身校:旧制世田谷中学
伊藤 桂一(いとう けいいち、1917年8月23日 - )は、日本の小説家、詩人。『静かなノモンハン』などの戦場小説や、時代小説、私小説風な身辺小説などがある。日本芸術院会員。
amazon未登録Wikipedia



 第45回
       芥川賞:該当作品なし


 水上勉 直木賞  作品名:雁の寺  出身校:立命館大学国文科中退
水上 勉(みずかみ つとむ、みなかみ つとむ、1919年(大正8年)3月8日 - 2004年(平成16年)9月8日)は、日本の男性小説家。福井県大飯郡本郷村(現:おおい町)生まれ。苗字の読み「みずかみ」は本姓であり、筆名(ペンネーム)としては、長年「みなかみ」が使用された。一時、筆名(ペンネーム)としても「みずかみ」を使用するも、徹底しなかったために「みなかみ」に戻したとの説もある[要出典]。
amazon未登録Wikipedia



 第44回
 三浦哲郎 芥川賞  作品名:忍ぶ川  出身校:早稲田大学文学部仏文科
三浦 哲郎(みうら てつお、1931年3月16日 - 2010年8月29日[1])は、日本の小説家、日本芸術院会員。
amazon未登録Wikipedia

 寺内大吉 直木賞  作品名:はぐれ念仏  出身校:大正大学宗教学部
寺内 大吉(てらうち だいきち、1921年10月6日 - 2008年9月6日)は、作家、スポーツライター、浄土宗の僧侶。本名は成田 有恒(なりた ゆうこう)。
amazon未登録Wikipedia

 黒岩重吾 直木賞  作品名:背徳のメス  出身校:同志社大学法学部
黒岩 重吾(くろいわ じゅうご、1924年2月25日 - 2003年3月7日)は日本の小説家。 
amazon未登録Wikipedia



 第43回
 北杜夫 芥川賞  作品名:夜と霧の隅で  出身校:東北大学医学部
北 杜夫(きた もりお、本名:斎藤 宗吉(さいとう そうきち)、1927年5月1日 - 2011年10月24日)は、日本の小説家、エッセイスト、精神科医、医学博士。 祖父は医師で政治家の斎藤紀一。父は紀一の養子で、歌人で医師の斎藤茂吉。兄はエッセイストで精神科医の斎藤茂太。娘はエッセイストの斎藤由香。
amazon未登録Wikipedia

 池波正太郎 直木賞  作品名:錯乱  出身校:西町小学校
池波 正太郎(いけなみ しょうたろう、1923年(大正12年)1月25日 - 1990年(平成2年)5月3日)は、戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』『真田太平記』など、戦国・江戸時代を舞台にした時代小説を次々に発表する傍ら、美食家・映画評論家としても著名であった。
amazon未登録Wikipedia



 第42回
       芥川賞:該当作品なし


 司馬遼太郎 直木賞  作品名:梟の城  出身校:大阪外国語学校
司馬 遼太郎(しば りょうたろう、1923年(大正12年)8月7日 - 1996年(平成8年)2月12日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家、評論家。本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。
amazon未登録Wikipedia

 戸板康二 直木賞  作品名:團十郎切腹事件  出身校:慶應義塾大学文学部国文学科
戸板 康二(といた やすじ、1915年12月14日 - 1993年1月23日)は日本の演劇・歌舞伎評論家、推理作家、随筆家。
amazon未登録Wikipedia



 第41回
 斯波四郎 芥川賞  作品名:山塔  出身校:明治大学新聞高等研究科
斯波 四郎(しば しろう、1910年4月7日 - 1989年4月29日)は山口県阿東町(現:山口市)出身の作家で、本名は柴田 四郎である。
amazon未登録Wikipedia

 渡辺喜恵子 直木賞  作品名:馬淵川  出身校:能代高等女学校
渡辺 喜恵子(わたなべ きえこ、1913年(大正2年)11月6日 - 1997年(平成9年)8月8日)は日本の小説家。本名は木下喜惠子。
amazon未登録Wikipedia

 平岩弓枝 直木賞  作品名:鏨師  出身校:日本女子大学国文科
直木三十五賞(1959年) NHK放送文化賞(1979年) 吉川英治文学賞(1991年) 紫綬褒章(1997年) 菊池寛賞(1998年) 毎日芸術賞(2008年)
amazon未登録Wikipedia



 第40回
       芥川賞:該当作品なし


 城山三郎 直木賞  作品名:総会屋錦城  出身校:一橋大学
城山 三郎(しろやま さぶろう、1927年(昭和2年)8月18日 - 2007年(平成19年)3月22日)は、日本の小説家。本名は、杉浦 英一(すぎうら えいいち)。
amazon未登録Wikipedia

 多岐川恭 直木賞  作品名:落ちる  出身校:東京大学経済学部
多岐川 恭(たきがわ きょう、1920年1月7日 - 1994年12月31日)は、日本の小説家。本名、松尾 舜吉。福岡県八幡市(現:北九州市)生れ。東京帝国大学経済学部卒。
amazon未登録Wikipedia



 第39回
 大江健三郎 芥川賞  作品名:飼育  出身校:東京大学文学部仏文科
大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年1月31日 - )は、日本の小説家、活動家。身長172センチ[1]。
amazon未登録Wikipedia

 山崎豊子 直木賞  作品名:花のれん  出身校:京都女子大学
山崎 豊子(やまさき とよこ、1924年(大正13年)1月2日 - 2013年(平成25年)9月29日)は、日本の小説家。本名、杉本 豊子(すぎもと とよこ)。
amazon未登録Wikipedia

 榛葉英治 直木賞  作品名:赤い雪  出身校:早稲田大学英文科
榛葉 英治(しんば えいじ、1912年10月21日 - 1999年2月20日)は、日本の小説家である。
amazon未登録Wikipedia



 第38回
 開高健 芥川賞  作品名:裸の王様  出身校:大阪市立大学法文学部
開高 健(かいこう たけし、かいこう けん、1930年12月30日 - 1989年12月9日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

       直木賞:該当作品なし




 第37回
 菊村到 芥川賞  作品名:硫黄島  出身校:早稲田大学文学部英文科
菊村 到(きくむら いたる 1925年5月15日 - 1999年4月3日)は作家、小説家。神奈川県平塚市出身。本名は戸川 雄次郎(とがわ ゆうじろう)。
amazon未登録Wikipedia

 江崎誠致 直木賞  作品名:ルソンの谷間  出身校:図書館講習所
江崎誠致(えさき まさのり、1922年1月21日 - 2001年5月24日)は、日本の小説家。福岡県出身。フィリピンでの戦争体験を題材にした『ルソンの谷間』で直木賞受賞。囲碁愛好家としても知られ、呉清源などの棋士の評伝やモデル小説もある。
amazon未登録Wikipedia



 第36回
       芥川賞:該当作品なし


 今東光 直木賞  作品名:お吟さま  出身校:兵庫県立豊岡中学校
今 東光(こん とうこう、1898年(明治31年)3月26日 - 1977年(昭和52年)9月19日)は、横浜生まれの天台宗僧侶(法名 春聽[1])、小説家、参議院議員。大正時代後期、新感覚派作家として出発し、出家後、長く文壇を離れるが、作家として復帰後は、住職として住んだ河内や平泉、父祖の地、津軽など 奥州を題材にした作品で知られる。
amazon未登録Wikipedia

 穂積驚 直木賞  作品名:勝烏  出身校:長崎県立佐世保商業高等学校
穂積驚(ほづみ みはる、1912年10月13日 - 1980年1月19日)は長崎県出身の小説家である。本名は森健二(もりけんじ)。
amazon未登録Wikipedia



 第35回
 近藤啓太郎 芥川賞  作品名:海人舟  出身校:東京芸術大学日本画科
近藤 啓太郎(こんどう けいたろう、1920年(大正9年)3月25日 - 2002年(平成14年)2月1日)は、日本の作家。
amazon未登録Wikipedia

 南條範夫 直木賞  作品名:燈台鬼  出身校:東京大学法学部
南條 範夫(なんじょう のりお、1908年11月14日 - 2004年10月30日)は、日本の小説家、経済学者。本名、古賀英正。「條」は旧字のため南条範夫とも表記される。残酷ものと呼ばれる独特の作品や剣豪小説をはじめ、幅広い歴史小説、時代小説で知られる。東京市出身。
amazon未登録Wikipedia

 今官一 直木賞  作品名:壁の花  出身校:早稲田大学露文科中退
今 官一(こん かんいち、1909年(明治42年)12月8日 - 1983年(昭和58年)3月1日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第34回
 石原慎太郎 芥川賞  作品名:太陽の季節  出身校:一橋大学法学部
石原 慎太郎(いしはら しんたろう、旧字体:石原 愼太郎、1932年 (昭和7年) 9月30日 - )は、日本の政治家、作家。
amazon未登録Wikipedia

 新田次郎 直木賞  作品名:強力伝  出身校:無線電信講習所本科電機学校
新田 次郎(にった じろう、本名:藤原 寛人(ふじわら ひろと)、1912年6月6日 - 1980年2月15日)は、日本の小説家、気象学者。神田電機学校(現:東京電機大学)卒業。
amazon未登録Wikipedia

 邱永漢 直木賞  作品名:香港  出身校:東京大学経済学部
邱 永漢(きゅう えいかん、1924年3月28日 - 2012年5月16日)は、日本および台湾の実業家、作家、経済評論家、経営コンサルタント。株式会社邱永漢事務所代表取締役。旧本名は邱炳南、帰化後の本名は丘永漢。初期の筆名は邱炳南および丘青台。株の名人で「金儲けの神様」と呼ばれた。
amazon未登録Wikipedia



 第33回
 遠藤周作 芥川賞  作品名:白い人  出身校:慶應義塾大学文学部仏文科
遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。
amazon未登録Wikipedia

       直木賞:該当作品なし




 第32回
 庄野潤三 芥川賞  作品名:プールサイド小景  出身校:九州大学東洋史
庄野 潤三(しょうの じゅんぞう、1921年(大正10年)2月9日 - 2009年(平成21年)9月21日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 小島信夫 芥川賞  作品名:アメリカン・スクール  出身校:東京大学英文科
小島 信夫(こじま のぶお、1915年(大正4年)2月28日 - 2006年(平成18年)10月26日)は、日本の小説家・評論家。
amazon未登録Wikipedia

 梅崎春生 直木賞  作品名:ボロ家の春秋  出身校:東京大学国文科
梅崎 春生(うめざき はるお、1915年(大正4年)2月15日 - 1965年(昭和40年)7月19日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 戸川幸夫 直木賞  作品名:高安犬物語  出身校:旧制山形高等学校
戸川 幸夫(とがわ ゆきお、1912年4月15日 - 2004年5月1日)は、日本の小説家、児童文学作家。動物に関する正しい観察、知識を元にして「動物文学」というジャンルを確立させ、椋鳩十と並び称される。特に、闘犬に関する作品が多い。それまでは噂のみの存在だったイリオモテヤマネコの標本を確保して今泉吉典にもたらし、新種発見に大きく貢献したことでも知られる。ルポルタージュ、戦記物語などの作品もある。漫画原作を手がけたこともある。
amazon未登録Wikipedia



 第31回
 吉行淳之介 芥川賞  作品名:驟雨  出身校:東京大学英文科除籍
吉行 淳之介(よしゆき じゅんのすけ、1924年(大正13年)4月13日 - 1994年(平成6年)7月26日)は、日本の小説家。代表作に『驟雨』『砂の上の植物群』など。対談やエッセイの名手としても知られた。
amazon未登録Wikipedia

 有馬頼義 直木賞  作品名:終身未決囚  出身校:早稲田第一高等学院
有馬 頼義(ありま よりちか、1918年(大正7年)2月14日 - 1980年(昭和55年)4月15日)は日本の小説家で、大衆小説、社会派推理小説で活躍した。旧筑後国久留米藩主有馬家の第16代当主。
amazon未登録Wikipedia



 第30回
       芥川賞:該当作品なし


       直木賞:該当作品なし




 第29回
 安岡章太郎 芥川賞  作品名:悪い仲間・陰気な愉しみ  出身校:慶應義塾大学文学部
安岡 章太郎(やすおか しょうたろう、1920年4月18日[1] - 2013年1月26日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

       直木賞:該当作品なし




 第28回
 松本清張 芥川賞  作品名:或る『小倉日記』伝  出身校:板櫃尋常高等小学校
松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日[1] - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 五味康祐 芥川賞  作品名:喪神  出身校:明治大学
五味 康祐(ごみ やすすけ、1921年12月20日 - 1980年4月1日)は日本の小説家。通称康祐(こうすけ)。本名は康祐(やすすけ)と自称するも、『五味康祐の世界展』添付年譜によると幼名は欣一あるいは欣吾であり、明治大学在籍時の資料によると本名は五味 欣一であるという[1]。
amazon未登録Wikipedia

 立野信之 直木賞  作品名:叛乱  出身校:旧制関東中学校中退
立野 信之(たての のぶゆき、1903年10月17日 -1971年10月25日)は日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第27回
       芥川賞:該当作品なし


 藤原審爾 直木賞  作品名:罪な女  出身校:青山学院高等商業部中退
藤原 審爾(ふじわら しんじ、1921年(大正10年)3月7日 - 1984年(昭和59年)12月20日)[1]は、日本の小説家。純文学から中間小説、エンターテイメントまで幅広い作品で活躍し、「小説の名人」の異名を取った。初期の代表作『秋津温泉』や、『泥だらけの純情』『新宿警察』など、映画、ドラマ化された作品も数多い。
amazon未登録Wikipedia



 第26回
 堀田善衛 芥川賞  作品名:広場の孤独  出身校:慶應義塾大学文学部仏文科
堀田 善衛(ほった よしえ、1918年〈大正7年〉7月7日 - 1998年〈平成10年〉9月5日)は、日本の小説家、評論家。
amazon未登録Wikipedia

 久生十蘭 直木賞  作品名:鈴木主水  出身校:聖学院中学中退
久生 十蘭(ひさお じゅうらん、1902年4月6日 - 1957年10月6日)は日本の小説家、演出家。北海道函館市出身、本名は阿部正雄[1]。推理もの、ユーモアもの、歴史もの、現代もの、 時代小説、ノンフィクションノベルなど多彩な作品を手掛け、博識と技巧で「多面体作家」「小説の魔術師」と呼ばれた。
amazon未登録Wikipedia

 柴田錬三郎 直木賞  作品名:イエスの裔  出身校:慶應義塾大学支那文学科
柴田 錬三郎(しばた れんざぶろう、1917年(大正6年)3月26日 - 1978年(昭和53年)6月30日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家、中国文学者。本名は齋藤 錬三郎(さいとう れんざぶろう)。シバレン(柴錬)という通称でも名高い。
amazon未登録Wikipedia



 第25回
 石川利光 芥川賞  作品名:春の草  出身校:法政大学国文科
石川 利光(いしかわ としみつ、1914年2月3日 -2001年7月14日)は大分県日田市出身の作家。宮中研三名義の官能小説も発表した。
amazon未登録Wikipedia

 安部公房 芥川賞  作品名:壁 S・  出身校:東京大学医学部
安部 公房(あべ こうぼう、1924年(大正13年)3月7日 - 1993年(平成5年)1月22日)は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名、安部 公房(あべ きみふさ)。
amazon未登録Wikipedia

 源氏鶏太 直木賞  作品名:英語屋さん、颱風さん、御苦労さん  出身校:富山県立富山商業高等学校
源氏 鶏太(げんじ けいた、1912年(明治45年)4月19日 - 1985年(昭和60年)9月12日 )は、日本の作家。富山市出身。旧制富山商業学校(現・富山県立富山商業高等学校)卒。本名、田中富雄。ペンネームの由来は「平家より源氏が好きなこと」と「『鶏』という字が好きで、『鶏太』とすると、昔の武士の名前のようになる」という理由。長男の田中継根はロシア文学研究者で東北大学名誉教授。
amazon未登録Wikipedia



 第24回
       芥川賞:該当作品なし


 檀一雄 直木賞  作品名:長恨歌、真説石川五右衛門  出身校: 東京大学経済学部
檀 一雄(だん かずお、1912年(明治45年)2月3日 - 1976年(昭和51年)1月2日)は、日本の小説家、作詞家。私小説や歴史小説、料理の本などで知られる。「最後の無頼派」作家・文士ともいわれた。また、西遊記の日本語抄訳もある(東京創元社ほか)。
amazon未登録Wikipedia



 第23回
 辻亮一 芥川賞  作品名:異邦人  出身校:早稲田大学文学部仏文科
辻 亮一(つじ りょういち、1914年9月28日 - 2013年3月6日)は、小説家。
amazon未登録Wikipedia

 今日出海 直木賞  作品名:天皇の帽子  出身校:東京大学仏蘭西文学科
今 日出海(こん ひでみ、1903年(明治36年)11月6日 - 1984年(昭和59年)7月30日)は日本の小説家、評論家、舞台演出家。初代文化庁長官を務めた。
amazon未登録Wikipedia

 小山いと子 直木賞  作品名:執行猶予  出身校:九州高等女学院
小山 いと子(こやま いとこ、1901年7月13日 - 1989年7月25日)は、高知県高知市出身の作家。本名は池本イト。
amazon未登録Wikipedia



 第22回
 井上靖 芥川賞  作品名:闘牛  出身校:京都大学文学部哲学科
井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家。文化功労者、文化勲章受章。
amazon未登録Wikipedia

 山田克郎 直木賞  作品名:海の廃園  出身校:早稲田大学商学部
山田 克郎(やまだ かつろう、1910年11月5日 - 1983年4月26日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第21回
 由起しげ子 芥川賞  作品名:本の話  出身校:神戸女学院音楽部
由起 しげ子(ゆき しげこ、1900年12月2日 - 1969年12月30日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 小谷剛 芥川賞  作品名:確証  出身校:名古屋大学医学部
小谷 剛(こたに つよし、1924年9月11日-1991年8月29日)は、医師、作家。
amazon未登録Wikipedia

 富田常雄 直木賞  作品名:面、刺青  出身校:明治大学商学部
富田 常雄(とみた つねお、1904年1月1日 - 1967年10月16日)は、日本の小説家。柔道五段。
amazon未登録Wikipedia



 第20回
 清水基吉 芥川賞  作品名:雁立  出身校:九段高校
清水 基吉(しみず もとよし、1918年(大正7年)8月31日 - 2008年3月30日)は、俳人、小説家。本名、清水基嘉(読み同じ)。
amazon未登録Wikipedia

       直木賞:該当作品なし




 第19回
 八木義徳 芥川賞  作品名:劉廣福  出身校:早稲田大学文学部仏蘭西文学専攻
八木 義徳(やぎ よしのり、1911年10月21日 - 1999年11月9日)は、日本の小説家。日本芸術院会員。
amazon未登録Wikipedia

 小尾十三 芥川賞  作品名:登攀  出身校:甲府商業学校中退
小尾 十三(おび じゅうぞう、1908年10月26日 - 1979年3月8日)は、日本の小説家、教師。
amazon未登録Wikipedia

 岡田誠三 直木賞  作品名:ニューギニヤ山岳戦  出身校:大阪外国語大学外国語学部
岡田 誠三(おかだ せいぞう、1913年3月8日 - 1994年6月21日) は、大阪府大阪市出身の小説家である。 大阪府立生野中学校(現大阪府立生野高等学校)、大阪外国語学校(現大阪大学外国語学部)を経て、朝日新聞社に入社。記者として南方戦線に従軍した経験を基に、短編小説『ニューギニア山岳戦』を著し、1944年上半期の第19回直木賞を受賞した。 その後も朝日新聞学芸部記者として映画評などの記事を書き続け、定年退職後に創作活動を本格的に開始。サラリーマンの老後を描いた『定年後』はベストセラーになり、テレビドラマ化された。 ほかに『定年後以後』、大塩平八郎の乱をモチーフにした『雪華の乱』などの作品がある。 司馬遼太郎とは、生涯にわたり交友を深めた。
amazon未登録Wikipedia



 第18回
 東野邊薫 芥川賞  作品名:和紙  出身校:早稲田大学高等師範部
東野辺 薫(とうのべ かおる、1902年3月9日 - 1962年6月25日)は、作家。
amazon未登録Wikipedia

 森荘已池 直木賞  作品名:山畠、蛾と笹舟  出身校:東京外国語大学ロシア語科中退
森 荘已池(もり そういち、1907年5月3日 - 1999年3月13日)は、日本の作家。
amazon未登録Wikipedia



 第17回
 石塚喜久三 芥川賞  作品名:纏足の頃  出身校:北海道教育大学
石塚 喜久三(いしづか きくぞう、1904年9月5日 - 1987年10月1日)は、小説家。
amazon未登録Wikipedia

 山本周五郎 直木賞  作品名:日本婦道記  出身校:横浜市立尋常西前小学校
山本 周五郎(やまもと しゅうごろう、1903年(明治36年)6月22日 - 1967年(昭和42年)2月14日)は、日本の小説家。本名、清水 三十六(しみず さとむ)。
amazon未登録Wikipedia



 第16回
 倉光俊夫 芥川賞  作品名:連絡員  出身校:法政大学文学部国文科
倉光 俊夫(くらみつ としお、1908年11月12日 - 1985年4月16日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 田岡典夫 直木賞  作品名:強情いちご  出身校:東京都立日比谷高等学校
田岡 典夫(たおか のりお、1908年9月1日 - 1982年4月7日)は高知県出身の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 神崎武雄 直木賞  作品名:寛容  出身校:早稲田大学中退
神崎 武雄(かんざき たきお、1906年6月18日 - 1944年9月17日)は、日本の小説家。孫は漫画家の押切蓮介(神崎良太)[1]。
amazon未登録Wikipedia



 第15回
       芥川賞:該当作品なし


       直木賞:該当作品なし




 第14回
 芝木好子 芥川賞  作品名:青果の市  出身校:東京府立第一高等女学校
芝木 好子(しばき よしこ、1914年5月7日 - 1991年8月25日)は、小説家。
amazon未登録Wikipedia

       直木賞:該当作品なし




 第13回
 多田裕計 芥川賞  作品名:長江デルタ  出身校:早稲田大学文学部仏文科
多田 裕計(ただ ゆうけい、1912年8月18日 - 1980年7月8日)は、日本の小説家・俳人。福井県福井市出身。
amazon未登録Wikipedia

 木村荘十 直木賞  作品名:雲南守備兵  出身校:慶應義塾大学中退
木村 荘十(きむら そうじゅう、1897年1月12日 - 1967年5月6日)は東京府出身の作家。
amazon未登録Wikipedia



 第12回
 櫻田常久 芥川賞  作品名:平賀源内  出身校:東京大学文学部独文科
桜田 常久(さくらだ つねひさ、1897年1月20日 - 1980年3月25日)は、日本の小説家。並木宋之介の筆名も持つ。
amazon未登録Wikipedia

 村上元三 直木賞  作品名:上総風土記  出身校:青山学院中等部卒
村上 元三 (むらかみ げんぞう、1910年3月14日 - 2006年4月3日) は日本の小説家。朝鮮元山生まれ。青山学院中等部卒。
amazon未登録Wikipedia



 第11回
 高木卓 芥川賞  作品名:歌と門の盾  出身校:東京大学文学部独文科
高木 卓(たかぎ たく、1907年1月18日 - 1974年12月28日)は、小説家、ドイツ文学者、音楽評論家。幸田露伴の甥である。
amazon未登録Wikipedia

 堤千代 直木賞  作品名:小指  出身校:
堤 千代(つつみ ちよ、1917年9月20日 - 1955年11月10日)は、日本の小説家である。出生名堤 文子(つつみ ふみこ)、結婚後本名は福留 文子(ふくどめ ふみこ)。直木賞初の女性作家として知られる。
amazon未登録Wikipedia



 第10回
 寒川光太郎 芥川賞  作品名:密獵者  出身校:法政大学
寒川 光太郎(さむかわ こうたろう、1908年1月1日 - 1977年1月25日)は北海道羽幌町出身の小説家。 本名は菅原憲光(すがわら のりみつ)。
amazon未登録Wikipedia

       直木賞:該当作品なし




 第9回
 半田義之 芥川賞  作品名:鶏騒動  出身校:群馬県立前橋高等学校
半田義之(はんだ よしゆき、1911年7月2日 - 1970年8月2日)は神奈川県横浜市保土ヶ谷出身の小説家である。
amazon未登録Wikipedia

 長谷健 芥川賞  作品名:あさくさの子供  出身校:福岡教育大学
長谷 健(はせ けん、1904年10月17日 - 1957年12月21日)は、小説家、児童文学者。
amazon未登録Wikipedia

       直木賞:該当作品なし




 第8回
 中里恒子 芥川賞  作品名:乗合馬車  出身校:横浜雙葉学園
中里 恒子(なかざと つねこ、1909年12月23日 - 1987年4月5日)は、日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia

 大池唯雄 直木賞  作品名:兜首、秋田口の兄弟  出身校:東北大学文学部中退
大池 唯雄(おおいけ ただお、1908年10月30日 - 1970年5月27日[1] )は、日本の作家。
amazon未登録Wikipedia



 第7回
 中山義秀 芥川賞  作品名:厚物咲  出身校:早稲田大学文学部英文科
中山 義秀(なかやま ぎしゅう、1900年10月5日 - 1969年8月19日)は、日本の小説家。本名、議秀(よしひで)。
amazon未登録Wikipedia

 橘外男 直木賞  作品名:ナリン殿下への回想  出身校:旧制高崎中学校中退
橘 外男(たちばな そとお、1894年10月10日 - 1959年7月9日)は、日本の小説家。石川県出身。甥に少年画報社の漫画編集者で『ヤングコミック』創刊者の橘賢晋がいる。
amazon未登録Wikipedia



 第6回
 火野葦平 芥川賞  作品名:糞尿譚  出身校:早稲田大学文学部英文科中退
火野 葦平(ひの あしへい、1907年(明治40年)1月25日 - 1960年(昭和35年)1月24日)は、昭和期の小説家。本名玉井勝則。
amazon未登録Wikipedia

 井伏鱒二 直木賞  作品名:ジョン萬次郎漂流記記  出身校:早稲田大学仏文科中退
井伏 鱒二(いぶせ ますじ、1898年(明治31年)2月15日 - 1993年(平成5年)7月10日)は、日本の小説家。本名は井伏 滿壽二(いぶし ますじ)。広島県安那郡加茂村(現・福山市)生まれ。筆名は釣り好きだったことによる。
amazon未登録Wikipedia



 第5回
 尾崎一雄 芥川賞  作品名:暢気眼鏡  出身校:早稲田大学文学部国文科
尾崎 一雄(おざき かずお、本名同じ、男性、1899年12月25日 - 1983年3月31日)は、日本の作家。
amazon未登録Wikipedia

       直木賞:該当作品なし




 第4回
 石川淳 芥川賞  作品名:普賢  出身校:東京外国語大学仏語部
石川 淳(いしかわ じゅん、1899年(明治32年)3月7日 - 1987年(昭和62年)12月29日)は、日本の作家。東京府浅草区生まれ。無頼派、独自孤高の作家とも呼ばれ、エッセイでは夷斎先生の名で親しまれた。本名淳(きよし)。
amazon未登録Wikipedia

 冨澤有爲男 芥川賞  作品名:地中海  出身校:東京芸術大学
冨澤 有爲男(とみさわ/とみざわ ういお、1902年3月29日 - 1970年1月15日)は作家、画家。
amazon未登録Wikipedia

 木々高太郎 直木賞  作品名:人生の阿呆  出身校:慶應義塾大学医学部
木々 高太郎(きぎ たかたろう、1897年5月6日 - 1969年10月31日)は日本の大脳生理学者、小説家・推理作家。本名:林髞(はやし たかし)。長男は医学博士で精神衛生学者の林峻一郎(1930年-2008年)。
amazon未登録Wikipedia



 第3回
 小田嶽夫 芥川賞  作品名:城外  出身校:東京外国語大学支那語学科
小田 嶽夫(おだ たけお、1900年7月5日 - 1979年6月2日) は、日本の小説家。本名は、小田武夫。
amazon未登録Wikipedia

 鶴田知也 芥川賞  作品名:コシャマイン記  出身校:神学校東京神学社
鶴田 知也(つるた ともや、1902年2月19日 - 1988年4月1日)は日本の小説家。 
amazon未登録Wikipedia

 海音寺潮五郎 直木賞  作品名:天正女合戦、武道傳來記  出身校:國學院大學高等師範部国漢科
海音寺 潮五郎(かいおんじ ちょうごろう、1901年(明治34年)11月5日 - 1977年(昭和52年)12月1日、戸籍上は3月13日生)は、日本の小説家・作家。本名は末富 東作(すえとみ とうさく)。鹿児島県伊佐郡大口村(現・伊佐市)生まれ。次女は日本テレワークの社長を務めた末冨明子(2011年6月19日没)。
amazon未登録Wikipedia



 第2回
       芥川賞:該当作品なし


 鷲尾雨工 直木賞  作品名:吉野朝太平記  出身校:早稲田大学英文科
鷲尾 雨工(わしお うこう、本名:鷲尾 浩、1892年4月27日 - 1951年2月9日)は日本の小説家。
amazon未登録Wikipedia



 第1回
 石川達三 芥川賞  作品名:蒼氓  出身校:早稲田大学 早稲田大学文学部英文科
石川 達三(いしかわ たつぞう、1905年(明治38年)7月2日 - 1985年(昭和60年)1月31日)は、日本の小説家。『蒼氓』により、芥川賞受賞者第一号となった。
amazon未登録Wikipedia

 川口松太郎 直木賞  作品名:鶴八鶴次郎、風流深川唄、明治一代女  出身校:石浜小学校
川口 松太郎(かわぐち まつたろう、1899年(明治32年)10月1日 - 1985年(昭和60年)6月9日)は日本の小説家、劇作家、日本芸術院会員、戦後の大映映画の専務。松田昌一の名で映画脚本も手がける。
amazon未登録Wikipedia



芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

世界の大学ランキング

大学ナビ

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表



スポンサーリンク