職業別の有名人出身大学 >リオデジャネイロオリンピックの大学別有名人

このサイトに登録されている有名人の数:34,734人
このサイトに登録されている「リオデジャネイロオリンピック」の有名人の数:183:人



スポンサーリンク




自衛隊体育学校
 1  自衛隊体育学校  江原騎士Wikipedia
競泳界初の自衛隊オリンピック出場。リオデジャネイロオリンピック出場。


スロバキアコメニウス大学
 2  スロバキアコメニウス大学  羽根田卓也Wikipedia
幼少時からスポーツ一家で、7歳〜9歳までは器械体操、9歳から父と兄の影響でカヌースラロームを始める。世界レベルで活躍する事を目標に、高校を卒業してすぐ強豪国のスロバキアへ単身渡る。スロバキアの首都ブラチスラバの国立大学院を卒業し、リオデジャネイロ五輪・東京五輪メダル獲得を目指す。リオデジャネイロオリンピック出場。


岩手大学
 3  岩手大学  高橋英輝Wikipedia
高橋 英輝(たかはし えいき、1992年11月19日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は競歩。10000m競歩の日本記録保持者でもある。リオデジャネイロオリンピック出場。


筑波大学
 4  筑波大学  彦坂匡克Wikipedia
彦坂 匡克(ひこさか まさかつ、1991年1月18日 - )は、2015年現在トップリーグトヨタ自動車ヴェルブリッツに所属するラグビー選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 5  筑波大学  福岡堅樹Wikipedia
福岡 堅樹(ふくおか けんき、1992年9月7日 - )は、日本のラグビー選手。リオデジャネイロオリンピック出場。


筑波大学
 6   筑波大学  保田賢也Wikipedia
保田 賢也(やすだ けんや、1989年3月29日(27歳) - )は水球選手。ポジションはドライバー。 身長182cm、体重77kg。リオデジャネイロオリンピック出場。


筑波大学
 7  筑波大学  志水祐介Wikipedia未登録
今年は凄い充実してるぞ…!!!五郎丸選手の次にやってきたスーパーセクシーボディーアスリート水球の志水祐介選手!!!はあ…タイプ!!!(Twitterより引用)。リオデジャネイロオリンピック出場。
 8  筑波大学  棚村克行Wikipedia未登録
スキンヘッド と 4cmものあごひげ をたくわえ、好セーブを連発する ポセイドン・ジャパンの守護神。1989年、里帰り出産で母・京子さん(57)の故郷石垣島で生まれた。小学生のころ夏休みは決まって島の祖父母宅で過ごした。社会人になった今も、年1度は必ず訪れているという。高校で競技引退も考えたが、早大法学部教授の父・政行さん(62)の「逃げるのか」の一言で競技続行を決意。進学した筑波大で当時、本場の欧州リーグで活躍していた「ミスター水球」こと青柳勧氏との出会いが転機になった。。リオデジャネイロオリンピック出場。
 9  筑波大学  永瀬貴規Wikipedia
永瀬 貴規(ながせ たかのり、1993年10月14日 - )は、長崎県長崎市出身の日本の柔道選手。階級は81kg級。身長181cm。組み手は右組み。段位は弐段。得意技は内股。現在は旭化成に所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 10  筑波大学  衛藤昴Wikipedia未登録
小学3年生の時、自宅近くの国道を走る大学駅伝に憧れ、陸上クラブに入りました。最初は長距離をしていましたが、鈴鹿市ではなかなか1番になれませんでした。ところが、小学校時代最後にエントリーした走り高跳びで優勝。以降、走り高跳びに取りつかれ、気が付いたら12年経っていました(本人)。リオデジャネイロオリンピック出場。
 11  筑波大学  山下航平Wikipedia未登録
山下の父は1988年ソウル、92年バルセロナ両五輪代表の訓史さん(53)で、同種目の日本記録保持者。航空機と電車の話をし始めたら彼の口は止まりません(笑)。リオデジャネイロオリンピック出場。
 12  筑波大学  金子雅紀Wikipedia
金子 雅紀(かねこ まさき、1992年3月27日 - )は、日本の競泳選手。種目は背泳ぎ。株式会社YURAS所属。筑波大学大学院に在学。リオデジャネイロオリンピック出場
 13  筑波大学  成迫健児Wikipedia
成迫 健児(なりさこ けんじ、1984年7月25日 - )は日本の陸上選手。大分県佐伯市出身。為末大とともにヨンパー王国ニッポンの中核をなす実力を持つ。 2007年、ミズノに入社。2013年、地元の佐伯市に戻り、佐伯市役所職員としてリオデジャネイロオリンピック出場を目指す公務員ハードラー。


東京学芸大学
 14  東京学芸大学  小出深冬Wikipedia未登録
1995年、神奈川県育ち。小学2年生でタグラグビーを始めてからラグビー一筋。中学時代に陸上部を掛け持ちしたが「ラグビーに生かせるかもしれないと思ったのが理由」だったそう。ポジションはSO、CTB。東京学芸大2年。身長165センチ、体重58キロ。リオデジャネイロオリンピック出場。
 15  東京学芸大学  谷口令子Wikipedia
谷口 令子(たにぐち のりこ、1992年9月7日 - )は、日本の女子ラグビーフットボール選手。ARUKAS QUEEN KUMAGAYAに所属する。リオデジャネイロオリンピック出場。


一橋大学
 16  一橋大学  中野紘志Wikipedia
中野 紘志(なかの ひろし、1987年12月1日 - )は、日本の男子ボート選手。新日鐵住金ボート部所属、茨城県スポーツ専門員。リオデジャネイロオリンピック出場。


愛知教育大学
 17  愛知教育大学  兼松由香Wikipedia未登録
ママさんラガー。ラグビー女子日本代表。リオデジャネイロオリンピック出場。


名古屋大学
 18  名古屋大学  鈴木亜由子Wikipedia
鈴木 亜由子(すずき あゆこ、1991年10月8日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は長距離走。名古屋大学を進学先に選んだ理由は「男子選手と一緒に練習出来る環境があったから」だという。リオデジャネイロオリンピック出場。


鹿屋体育大学
 19  鹿屋体育大学  塚越さくらWikipedia
埼玉県立熊谷女子高等学校時代は、陸上競技の七種競技に取り組んでいたが、関東大会出場レベルが精一杯という状況を踏まえ、幼年時代に趣味で取り組んだトライアスロンの経験を生かし、将来は自転車競技を取り組みたいという思いから、女子の著名選手を多数輩出している鹿屋体育大学への進学を志した。しかしながら、自転車競技の実績がないため、推薦入試の受験がかなわず、一般入試で同校に合格した。2013年度シーズンの同校自転車部の主将を務めている。リオデジャネイロオリンピック出場。


仙台大学
 20  仙台大学  大元英照Wikipedia未登録
大元 英照(おおもと・ひでき)14年の仁川アジア大会で金メダル。宮城・塩釜高、仙台大出。アイリスオーヤマ。179センチ、70キロ。31歳。塩釜市出身。リオデジャネイロオリンピック出場。


関東学院大学
 21  関東学院大学  鈴木彩香Wikipedia
鈴木 彩香(すずき あやか、1989年9月30日 - )は、日本の女子ラグビー選手。神奈川県横浜市出身。立正大学大学院在学中。リオデジャネイロオリンピック出場。
 22  関東学院大学  富沢慎Wikipedia未登録
セーリングのイケメンと噂のあの選手。オリンピック出場は北京、ロンドンに続き3度目の出場の選手です。リオデジャネイロオリンピック出場。


山梨学院大学
 23  山梨学院大学  後藤輝也Wikipedia
後藤 輝也(ごとう てるや、1991年12月18日 - )は、2015年現在トップリーグNECグリーンロケッツに所属するラグビー選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 24  山梨学院大学  藤沢勇Wikipedia未登録
中野実高(現中野立志館高)では全国高校総体5000メートル競歩で4位。山梨学院大4年の2009年に1万メートル競歩で当時の日本新をマークした。20キロ競歩は同年夏のユニバーシアード大会で6位、世界選手権で30位、10年アジア大会で4位。自己ベストは2年前に出した1時間20分12秒。ALSOK。164センチ、56キロ。24歳。長野県中野市出身。リオデジャネイロオリンピック出場。
 25  山梨学院大学  鈴木聡美Wikipedia
鈴木 聡美(すずき さとみ、1991年1月29日 - )は、日本の競泳選手。専門種目は平泳ぎ。女子平泳ぎの日本記録保持者。ミキハウス所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 26  山梨学院大学  河村元美Wikipedia未登録
リオデジャネイロオリンピック出場。
 27  山梨学院大学  三橋亜記Wikipedia
三橋 亜記(みつはし あき、1989年9月12日 - )は、日本の女子フィールドホッケー選手。ポジションはFW。宮城県栗原市出身[1]。ロンドン五輪ホッケー女子日本代表。リオデジャネイロオリンピック出場。


流通経済大学
 28  流通経済大学  合谷和弘Wikipedia
合谷 和弘(ごうや かずひろ、1993年4月21日 - )は、2016年現在トップリーグクボタスピアーズに所属するラグビー選手。リオデジャネイロオリンピック出場。


城西大学
 29  城西大学  佐藤拳太郎Wikipedia
佐藤 拳太郎(さとう けんたろう、1994年11月16日 - )は、日本の男子陸上競技選手。専門は400mで、自己ベストは日本学生歴代8位の45秒58。2016年リオデジャネイロオリンピックと2015年北京世界選手権の4×400mリレー日本代表、2015年武漢アジア選手権の400m銅メダリストである。リオデジャネイロオリンピック出場。
 30  城西大学  村山紘太Wikipedia
村山 紘太(むらやま こうた、1993年2月23日 - )は、宮城県出身の陸上競技選手。専門は長距離種目。明成高等学校、城西大学卒業、旭化成陸上部所属。同チームに所属する村山謙太は双子の兄である。10000mの日本記録保持者。リオデジャネイロオリンピック出場。


駿河台大学
 31  駿河台大学  矢沢 亜季Wikipedia未登録
矢沢 亜季(やざわ・あき=カヌー・スラローム女子カヤックシングル)14年仁川アジア大会銅メダル。駿河台大出、昭和飛行機工業。1メートル56、52キロ。23歳。長野県出身。リオデジャネイロオリンピック出場。
 32  駿河台大学  矢澤一輝Wikipedia未登録
北京五輪では結果をのこせなかったものの、ロンドンではカヌースラローム初の9位入賞。兄妹ともにすごい経歴ですね。気になる僧侶の道へと進むことは大学4年のときに決めていたそうです。駿河台大出、昭和飛行機工業。1メートル56、52キロ。23歳。長野県出身。リオデジャネイロオリンピック出場。


平成国際大学
 33  平成国際大学  安藤美希子Wikipedia
安藤 美希子(あんどう みきこ、1992年9月30日 - )は、日本の女子重量挙げ選手。千葉県白井市出身。58Kg級に出場する。リオデジャネイロオリンピック出場。


白鴎大学
 34  白鴎大学  王新朝喜Wikipedia
王 新朝喜(おう あさこ、1987年12月16日 - )は、中華人民共和国天津市出身の女子バスケットボール選手である。バスケットボール女子日本リーグ機構の三菱電機コアラーズに所属。中国名は王 岑静(ワン ツェンジン、Wang Cenjing)、ポジションはセンター。リオデジャネイロオリンピック出場。


共愛学園前橋国際大学
 35  共愛学園前橋国際大学  貴田裕美Wikipedia
貴田 裕美(きだ ゆみ、1985年6月30日 - )は、日本の競泳選手。専門は自由形長距離。群馬綜合ガードシステム(ALSOK群馬)社員。リオデジャネイロオリンピック出場。


慶應義塾大学
 36  慶應義塾大学  山縣亮太Wikipedia
山縣 亮太(やまがた りょうた、1992年6月10日 - )は、日本の男子陸上競技選手。専門は短距離走。リオデジャネイロオリンピック出場。
 37  慶應義塾大学  土居愛実Wikipedia未登録
慶応大学環境情報学部4年。レーザー江の島フリート所属。小学校2年生からセーリングを始め、早くから頭角を現す。2010年には世界ラジアルユースで2位を獲得し、全日本レーザーラジアル級選手権大会で優勝。2012年には、ロンドンオリンピックに出場した。その後も、全日本レーザーラジアル級選手権大会や、オーストラリアレーザーオープン選手権などで優勝している。リオデジャネイロオリンピック出場。
 38  慶應義塾大学  棟朝銀河Wikipedia未登録
棟朝 銀河(むねとも ぎんが)は、日本のトランポリン選手。リオデジャネイロオリンピック出場。


国士舘大学
 39  国士舘大学  新井涼平Wikipedia
新井 涼平(あらい りょうへい、1991年6月23日 - )は、日本の陸上競技選手。専門種目はやり投。2014年仁川アジア大会銀メダリスト。現在日本歴代2位の記録を持っている。埼玉県出身。長瀞町立長瀞中学校・埼玉県立皆野高等学校・国士舘大学卒業。スズキ浜松アスリートクラブ所属。身長183cm。体重92kg。リオデジャネイロオリンピック出場。
 40  国士舘大学   松原梨恵Wikipedia
松原 梨恵(まつばら りえ、1993年10月21日 - )は、岐阜県出身の新体操選手。ロンドンオリンピック(2012)代表(新体操団体)。国士舘大学在学中←岐阜県立岐阜商業高等学校/ALFA新体操クラブ。リオデジャネイロオリンピック出場。


順天堂大学
 41   順天堂大学  北川貴理Wikipedia
北川 貴理(きたがわ たかまさ、1996年9月5日 - )は、日本の男子陸上競技選手。専門は短距離走。400mの自己ベストは日本学生歴代7位の45秒52。2016年リオデジャネイロオリンピックと2015年北京世界選手権の4×400mリレー日本代表。リオデジャネイロオリンピック出場。


順天堂大学
 42  順天堂大学  高瀬慧Wikipedia
高瀬 慧(たかせ けい、1988年11月25日 - )は、静岡県静岡市葵区出身の陸上選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 43  順天堂大学  松下祐樹Wikipedia
松下 祐樹(まつした ゆうき、1991年9月9日 - )は、日本の男子陸上競技選手。専門は400mハードルで、自己ベストは49秒10。2016年リオデジャネイロオリンピックの日本代表、2015年北京世界選手権のセミファイナリスト。かつては混成競技を専門としており、高校時代にインターハイの八種競技、大学時代に日本ジュニア選手権と日本インカレの十種競技でそれぞれ日本一に輝く。大学4年の2013年から混成競技とともに400mハードルにも取り組み、日本選手権8位入賞や日本学生個人選手権優勝を果たすと、大学を卒業した2014年からは世界の舞台で戦うために混成競技をやめて400mハードル専門となった。リオデジャネイロオリンピック出場。
 44  順天堂大学  森岡紘一朗Wikipedia
森岡 紘一朗(もりおか こういちろう、1985年4月2日 - )は、日本の競歩選手。長崎県諫早市出身。長崎県立諫早高等学校から順天堂大学を経て、富士通に所属している。リオデジャネイロオリンピック出場。
 45  順天堂大学  加藤凌平Wikipedia
加藤 凌平(かとう りょうへい、1993年9月9日 - )は、日本の体操競技選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 46  順天堂大学  田中佑典Wikipedia
田中佑典(たなか ゆうすけ、1989年11月29日- )は、日本の体操選手。和歌山県出身。身長166cm。体重58kg。順天堂大学出身、コナミスポーツ&ライフ所属。姉の田中理恵(日本体育大学助教)、兄の田中和仁も同じ体操選手である。得意種目は鉄棒。リオデジャネイロオリンピック出場。


大東文化大学
 47  大東文化大学  佐々木悟Wikipedia
佐々木 悟(ささき さとる 1985年10月16日- )は秋田県大仙市出身の陸上競技選手。専門は長距離走・マラソン。リオデジャネイロオリンピック出場。


拓殖大学
 48  拓殖大学  高谷惣亮Wikipedia
高谷 惣亮(たかたに そうすけ、1989年4月5日 - )は、日本のレスリング選手。ロンドンオリピックフリースタイル74kg級の日本代表。リオデジャネイロオリンピック出場。


玉川大学
 49  玉川大学  田中智美Wikipedia
田中 智美(たなか ともみ、1988年1月25日[1] - )は、日本女子の陸上競技選手。専門種目は長距離走・マラソン。リオデジャネイロオリンピック出場。


中央大学
 50  中央大学  羽野一志Wikipedia
羽野 一志(はの かずし、1991年6月21日 - )は、2015年現在トップリーグNTTコミュニケーションズシャイニングアークスに所属するラグビー選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 51  中央大学  塩浦慎理Wikipedia
塩浦 慎理(しおうら しんり、1991年11月26日 - )は、日本の競泳選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 52  中央大学  小長谷研二Wikipedia未登録
本大会を29歳で迎える。メダル獲得となれば、2012年ロンドン五輪400メートルメドレーリレー銀の北島康介以来の「29歳メダル」。リオデジャネイロオリンピック出場。
 53  中央大学  飯塚翔太Wikipedia
飯塚 翔太(いいづか しょうた、1991年6月25日 - )は、日本の陸上競技選手、専門は短距離走。静岡県御前崎市出身。藤枝明誠高等学校、中央大学卒業、ミズノ所属。リオデジャネイロオリンピック出場。


東海大学
 54  東海大学  豊島翔平Wikipedia
豊島 翔平(とよしま しょうへい、1989年1月9日 - )は、日本のラグビー選手。2015年現在トップリーグ東芝ブレイブルーパス所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 55  東海大学  高藤直寿Wikipedia
髙藤 直寿(たかとう なおひさ、1993年5月30日 - )は、栃木県下野市出身の、日本の柔道選手である。階級は60kg級。身長160cm。血液型はAB型。組み手は左組み。段位は四段。得意技は小内刈、巴投げ、肩車。現在はパーク24に所属している。リオデジャネイロオリンピック出場。
 56  東海大学  ベイカー茉秋Wikipedia
ベイカー 茉秋(ベイカー ましゅう、1994年9月25日 - )は、東京都千代田区出身の、日本の柔道選手である。階級は90kg級。身長178cm。組み手は右組み。段位は参段。得意技は大内刈。現在は東海大学に在学。父親はアメリカ出身。リオデジャネイロオリンピック出場。
 57  東海大学  羽賀龍之介Wikipedia
羽賀 龍之介(はが りゅうのすけ、1991年4月28日 - )は、宮崎県出身の日本の柔道選手。階級は100kg級。身長186cm。血液型はO型。段位は四段。組み手は左組み。得意技は内股。現在は旭化成に所属している。父親は講道館杯などで優勝経験のある羽賀善夫。母親は国体やインターハイで活躍した元競泳選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 58  東海大学  長谷川大悟Wikipedia未登録
長谷川大悟(はせがわ・だいご)1990年(平2)2月27日、横浜市生まれ。小学校は理科実験クラブ。中1で陸上を始め、神奈川・桐蔭学園高2年で3段跳びに専念。東海大卒業後、日立ICT。日本選手権は12年2位が最高。173センチ、60キロ。家族は両親と妹。リオデジャネイロオリンピック出場。
 59  東海大学  田知本遥Wikipedia
田知本 遥(たちもと はるか、1990年8月3日 - )は、富山県射水市出身の、日本人の女子柔道選手である。階級は70キロ級。身長167cm。血液型はA型。得意技は大外刈、寝技。組み手は左組み。段位は四段。[1]。姉は78kg超級で活躍している田知本愛。現在は綜合警備保障に所属している[2]。リオデジャネイロオリンピック出場。
 60  東海大学  金藤理絵Wikipedia
金藤 理絵(かねとう りえ、1988年9月8日 - )は、日本の競泳選手。平泳ぎを専門種目としており、特に200mを得意としている。リオデジャネイロオリンピック出場。


東京農業大学
 61  東京農業大学  森坂嵐Wikipedia未登録
森坂は枚方市生まれで、西長尾小、長尾中時代は陸上選手。空手も習っていたが、中学生の時に、自宅近くのクローバージムに通ってボクシングを始めた。ジムを運営する同志社大ボクシング部総監督の佐藤征治・日本ボクシング連盟審判委員長の指導で頭角を現し、奈良・朱雀高に進み、高見公明監督の下で高校三冠を獲得。東京農大1年の昨年の全日本選手権で優勝、6月にアルゼバイジャンで開かれたリオ五輪最終予選で先に代表を決めていた東農大先輩、ライト級の成松大介(自衛隊体育学校)に続いて日本代表2人目の五輪切符を手にした。リオデジャネイロオリンピック出場。
 62  東京農業大学  成松大介Wikipedia未登録
ボクシングを始めたのは熊本農業高校から。その後、ボクシングの名門である東京農業大学へ進学。大学卒業後も、五輪を目指し自衛隊体育学校に所属しながらアマチュアボクシング競技を継続しています。リオデジャネイロオリンピック出場。


東洋大学
 63  東洋大学  ウォルシュ・ジュリアンWikipedia
3歳までジャマイカのキングストンで育つ。ウォルシュ・ジュリアン・ジャミイ(Julian Jrummi Walsh、1996年9月18日 - )は、日本の男子陸上競技選手。専門は短距離走。400mの自己ベストは日本歴代7位の45秒35。リオデジャネイロオリンピック出場。
 64  東洋大学  松永大介Wikipedia未登録
僕は中学時代から陸上部に所属して長距離走をやっていましたが、県大会に出られるかどうか程度レベルの選手でした。そんな中で横浜高校に入学して出会ったのが競歩でした。足が速くありませんでしたが、競歩の特徴的なクネクネとした動きが自分の中で面白いと思ったのが競技を始めるきっかけでしたね。(本人)リオデジャネイロオリンピック出場。
 65  東洋大学  北島寿典Wikipedia
北島 寿典(きたじま ひさのり、1984年10月16日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は長距離走・マラソン。安川電機陸上部所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 66  東洋大学  石川末廣Wikipedia
石川 末廣(いしかわ すえひろ、1979年9月27日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は長距離走・マラソン。リオデジャネイロオリンピック出場。
 67  東洋大学  萩野公介Wikipedia
萩野 公介(はぎの こうすけ、1994年8月15日 - )は、栃木県小山市出身の、日本の競泳選手。ロンドンオリンピック400m個人メドレーの銅メダリスト。リオデジャネイロオリンピック出場。


東洋大学
 68   東洋大学  内田美希Wikipedia
内田 美希(うちだ みき、1995年2月21日 - )は、日本の競泳選手。群馬県明和町出身。日本では比較的少ない、自由形を専門とする女子競泳選手である。リオデジャネイロオリンピック出場。


日本大学
 69  日本大学  原沢久喜Wikipedia
原沢 久喜(はらさわ ひさよし、1992年7月3日 - )は、山口県下関市出身の日本の柔道選手。階級は100kg超級。身長191cm。体重122kg。組み手は右組み。血液型はA型。段位は参段。得意技は内股、大外刈。現在はJRA所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 70  日本大学  小堀勇気Wikipedia未登録
能美市立辰口中学校を卒業の後、金沢高校に進学しています。なんとこの金沢高校、偏差値が65ということで、小堀選手は勉強もできたことが窺い知れます。リオデジャネイロオリンピック出場。
 71  日本大学  青木千佳Wikipedia未登録
福井県武生商高出フェンシングでは、男子エペの見延和靖(28)=ネクサス=、女子エペの佐藤希望(29)=大垣共立銀行=が出場を決めており、武生商高出身の県勢3選手が一緒に夢舞台に挑む。リオデジャネイロオリンピック出場。
 72  日本大学  数野健太Wikipedia
数野 健太(かずの けんた、1985年11月25日 - )は、日本の男子バドミントン選手。日本ユニシス実業団バドミントン部所属。ナショナルチームA代表に選出されている。リオデジャネイロオリンピック出場。
 73  日本大学  糸数陽一Wikipedia未登録
いとかず・よういち 1991年5月24日生まれ、南城市(旧知念村)出身。小中学時代を久高島で過ごす。豊見城高で重量挙げを始め、08年は56キロ級、09年は62キロ級でそれぞれ選抜、総体、国体の高校3冠を成した。12、14~16年の4度、全日本選手権優勝。16年アジア選手権優勝。62キロ級のジャーク日本記録保持者。160センチ。リオデジャネイロオリンピック出場。
 74  日本大学  ケンブリッジ飛鳥Wikipedia
ケンブリッジ 飛鳥 アントニオ(ケンブリッジ あすか アントニオ、1993年5月31日 - )は、日本の男子陸上競技選手。専門は短距離走。100mで日本歴代9位の10秒10、200mで20秒62の自己ベストを持つ。生まれはジャマイカ。育ちは東京。リオデジャネイロオリンピック出場。
 75  日本大学  川元奨Wikipedia
川元 奨(かわもと しょう、1993年3月1日 - )は、日本の男子陸上競技選手。専門は中距離走の800mで、1分45秒75の自己ベストを持つ。同種目の日本記録保持者、日本学生記録保持者、ジュニア日本記録保持者、ユース日本最高記録保持者、元日本高校記録保持者である。2016年リオデジャネイロオリンピックの日本代表、2015年武漢アジア選手権の銅メダリスト。リオデジャネイロオリンピック出場。
 76  日本大学  吉田愛Wikipedia
吉田 愛(旧姓近藤、1980年11月5日 - )は、東京都八王子市出身のセーリング選手(スキッパー)。出生は神奈川県。国立音楽大学附属高等学校、日本大学卒業。2013年よりベネッセセーリングチーム所属。それ以前はアビームコンサルティング人事部所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 77  日本大学  窪木一茂Wikipedia
窪木 一茂(くぼき かずしげ、1989年6月6日 - )は、福島県出身の自転車競技選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 78  日本大学  寺村美穂Wikipedia
寺村 美穂(てらむら みほ、1994年9月27日 - )は、日本の競泳選手。専門は個人メドレー。日本大学文理学部4年在学中。リオデジャネイロオリンピック出場。


日本体育大学
 79  日本体育大学  角野友紀Wikipedia未登録
177cm 7kg A型 左利き。所属:全日体大/(株)オフィス921。代表初出場:2011年8月(ユニバーシアード)。リオデジャネイロオリンピック出場。
 80  日本体育大学  荒井陸Wikipedia未登録
荒井 陸(あらい・あつし)1994年2月3日、川崎市生まれ。22歳。兄の影響で小3から水球を始めた。秀明英光高―日体大。所属は全日体大。今春、(株)プラザハウスに就職し「合宿がない時は住宅展示場で案内役をしています」。ポジションはサイドでボールを運ぶ「ドライバー」。165センチ、63キロ。“世界一小さい水球選手”。水中の格闘技と呼ばれ、海外選手は2メートル近い大男が多い中、荒井陸(あつし、22)=全日体大=は165センチの体で戦ってきた。「トップ選手にギャフンと言わせたい」という目標のため、磨いてきた技で世界と勝負する。リオデジャネイロオリンピック出場。
 81  日本体育大学  福島丈貴Wikipedia未登録
中学まではフィールドプレーヤー。センターバックとしてU-16の大会、モモタロウカップに出場し、ベスト7に。鹿児島南高校に入学し、ゴールキーパーに転向。元日本代表のゴールキーパーとして活躍した水泳部顧問の江口朝永氏から、キーパー独自の視点による専門的な指導を受けるという貴重な経験を得た。日体大進学後は1年生の時から日本代表候補合宿に招へいされた。最後尾からゲーム全体を見るキーパーとして、冷静な判断とディフェンスを巧みにコントロールするコーチングが特長。フィールドプレーヤー出身なのでフットワークに優れ、守備範囲も広い。日体大在学中には「大学No.1キーパー」として名を馳せた福島が、大舞台で日本のゴールを守る。リオデジャネイロオリンピック出場。
 82  日本体育大学  足立聖弥Wikipedia未登録
チーム最年少、唯一の現役大学生としてリオ五輪出場が決定。「新時代のポイントゲッター」として大きな期待が寄せられるドライバーだ。172㎝と小柄ながら、攻撃への優れた感性を持ち、チャンスメイクにしても決定力にしても非凡な才能を持つ。相手が予測できない鋭いドライブだけでなく、ミドルシュートも打て、スピードと力強さの両方を併せ持つ稀有な選手である。代表に入ったのは2014年から。他の選手に比べ、まだ知名度はないが、日本の隠し球として切り札的な存在になる。相手ゴールの前へ攻め込んでからのトリッキーなシュートを武器に世界の壁を打ち破る。リオデジャネイロオリンピック出場。
 83  日本体育大学  飯田純士Wikipedia未登録
小学3年で水球を始め、青森商業高校、日体大へと進学し、いまや1日1万メートルを泳ぐというハードな練習量をこなしている。日本代表に初めて選ばれたのは、2014年。それまで日本チームはセンターバック、センターフォワード、ゴールキーパーのいわゆるセンターラインが小さいのが弱点だったため、181㎝の飯田に白羽の矢が立った。飯田がセンターバックに定着したおかげで他の選手が攻撃に回ることができ、チームの機動力は格段に上がったといえよう。肩の強さはチームでもトップクラスで、体格が大きい選手にも食らいつく力強さがある。「水中の格闘技」ともいわれる水球の見どころの一つがセンターフォワードとのせめぎ合いだが、外国人選手とがっぷり組む姿に注目したい。リオデジャネイロオリンピック出場。
 84  日本体育大学  柳瀬彰良Wikipedia未登録
両親ともに日体大の競泳出身、2歳上の兄も水球の元日本代表という水泳一家。191㎝と日本チームで一番の長身プレーヤー。力強い豪快なプレーが持ち味で、ゴール前にいるだけで周りのディフェンスが引きつけられるほどの存在感がある。センターフォワードは泳ぎの苦手な選手が多いが、柳瀬の泳力は高く、スピードとスタミナは他のフォワード選手と比較しても引けをとらない。そのため、カウンターアタックにも参加することができるという点が最大の強み。高さがあるので、退水の攻撃ではポストプレーも大きな武器となる。調子がよい時は続けざまに2点、3点とセンターから叩き込んでくる爆発力あふれるプレーに注目したい。リオデジャネイロオリンピック出場。
 85  日本体育大学  竹井昂司Wikipedia
竹井 昴司(たけい こうじ、1990年7月30日 - )は、ハンガリーのプロチームHonvedにてプレーをしている水球選手である。リオデジャネイロオリンピック出場。
 86  日本体育大学  志賀光明Wikipedia未登録
母親は元日体大の競泳キャプテン、兄は元日体大の水球キャプテンで、日本代表として世界選手権に出場したこともある水泳一家。小学生の頃から母親が指導していた水球の少年チームで基礎を叩き込まれ、水球の強豪である前橋商業高校、日体大へと進学。厳しいトレーニングが日常という環境の中で育ったため、スピード、スタミナ、メンタル面の強さは誰にも負けない。リオデジャネイロオリンピック出場。
 87  日本体育大学  大川慶悟Wikipedia未登録
中学生の頃は競泳を主に行っていたが、中学3年の時、秀明英光高校の加藤英雄監督(現・女子日本代表監督)のところへ練習に行って才能を見いだされて、水球を本格的にスタート。競泳をしていただけに、スピードがあり、秀明英光高校、日体大へと進学後、大学1年生の時から中心的プレーヤーとして活躍する。卒業後は3年間、日体大の助手として勤務し、現在は母校の秀明英光高校教員として競技を続けている。リオデジャネイロオリンピック出場。
 88  日本体育大学  徳南堅太Wikipedia未登録
<所属DTC徳南選手でのコメント>リオデジャネイロオリンピック フェンシング 男子サーブル日本代表の徳南です。この度は、皆様の多大なるサポートと温かい応援のお陰でオリンピックの出場権を獲得する事ができました。オリンピック本番まで、残りわずかな日数でしっかりと調整をしてメダル獲得を目指します。私の持ち味は前に攻め込むアタックです。攻撃的なフェンシングスタイルに注目して下さい。応援宜しくお願い致します。。リオデジャネイロオリンピック出場。
 89  日本体育大学  中野希望Wikipedia
中野 希望(なかの のぞみ、現-佐藤希望 1986年7月3日-)は、日本の女子フェンシング(エペ)選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 90  日本体育大学  坂井丞Wikipedia
坂井 丞(さかい しょう、1992年8月22日 - )は、日本の飛込競技選手。神奈川県相模原市出身。麻布大学附属渕野辺高等学校、日本体育大学卒業。身長171cm、体重58kg。ミキハウス所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 91  日本体育大学  小関也朱篤Wikipedia
小関 也朱篤(こせき やすひろ、1992年3月14日[1] - )は、日本の競泳選手である。専門は平泳ぎ。山形県鶴岡市出身。ミキハウス所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 92  日本体育大学  藤森太将Wikipedia未登録
日本体育大学水泳部の競泳コーチである藤森善弘コーチを父に持ち、弟は日本代表歴を持つ藤森丈晴選手という、絵に描いたような水泳一家に生まれた藤森太将(ふじもりひろまさ)選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 93  日本体育大学  高橋美帆Wikipedia
高橋 美帆(たかはし みほ、1992年12月1日 - )は、京都府長岡京市出身の競泳選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 94  日本体育大学  清水咲子Wikipedia
清水 咲子(しみず さきこ、1992年4月20日 - )は、日本の女子競泳選手。専門種目は個人メドレー。ミキハウス所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 95  日本体育大学  松本弥生Wikipedia
松本弥生(まつもと やよい、1990年3月8日-)は、日本の女子競泳選手。静岡県出身。種目は自由形。ミキハウス所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 96  日本体育大学  五十嵐千尋Wikipedia
五十嵐 千尋(いがらし ちひろ、1995年5月24日 - )は、神奈川県出身の競泳自由形及び個人メドレーの選手。身長170cm。リオデジャネイロオリンピック出場。
 97  日本体育大学  樋口黎Wikipedia
樋口 黎(ひぐち れい、1996年1月28日 - )は、日本のレスリング選手である。大阪府出身。日本体育大学所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 98  日本体育大学  太田忍Wikipedia
太田 忍(おおた しのぶ、1993年12月28日)は、日本のレスリング選手である。青森県三戸郡五戸町出身。綜合警備保障所属。素早い身のこなしから海外では「忍者レスラー」と呼ばれる。リオデジャネイロオリンピック出場。
 99  日本体育大学  井上智裕Wikipedia
井上 智裕(いのうえ ともひろ、1987年7月17日 - )は、日本のレスリング選手である。兵庫県神戸市出身。三恵海運所属。。弟の井上貴尋もレスリング選手で世界選手権代表。リオデジャネイロオリンピック出場。
 100  日本体育大学  内村航平Wikipedia
内村 航平(うちむら こうへい、1989年(昭和64年)1月3日 - )は、日本の体操競技選手。オリンピック2大会(2008年北京、2012年ロンドン)に出場し、ロンドン大会個人総合での金メダルを含む5つのメダル(金メダル1、銀メダル4)を獲得している。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む19個のメダル(金メダル10、銀メダル5、銅メダル4)を獲得している。リオデジャネイロオリンピック出場。
 101  日本体育大学  白井健三Wikipedia
白井 健三(しらい けんぞう、1996年8月24日 - )は、日本の体操競技選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 102  日本体育大学  山室光史Wikipedia
山室 光史(やまむろ こうじ、1989年1月17日 - )は、日本の体操競技選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 103  日本体育大学  村上茉愛Wikipedia
村上 茉愛(むらかみ まい 1996年8月5日[2] - )は、日本の体操競技選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 104  日本体育大学  杉本早裕吏Wikipedia未登録
1996年愛知県生まれ。みなみ新体操クラブ所属。2015年9月にドイツで行われた世界選手権で「フェアリージャパン」の主将を務め、団体種目別(リボン)で銅メダルを獲得。世界選手権でもメダル獲得は40年ぶりという快挙を成し遂げ、リオ五輪への出場を決めた。リオデジャネイロオリンピック出場。


法政大学
 105  法政大学  中村知春Wikipedia未登録
電通東日本勤務。リオデジャネイロオリンピック出場。
 106  法政大学  見延和靖Wikipedia未登録
僕のオリンピックでの試合の日は8月9日。調整は順調に進んでいて、ここからはいよいよフェンシングに特化したトレーニングに移行していこうと思っています。いよいよワクワクが止まりません!もちろん目指すところは表彰台の一番高い位置。日本の真裏で君が代を熱唱してきたと思います!(ブログより)リオデジャネイロオリンピック出場。
 107  法政大学  中山陽介Wikipedia未登録
中山 陽介(なかやま・ようすけ)1987年3月20日、山梨県生まれ。29歳。笛吹市役所所属。日川高1年から重量挙げを始め、2014年世界選手権62キロ級失格、15年同28位。法大出。161センチ、65キロ。リオデジャネイロオリンピック出場。
 108  法政大学  三宅宏実Wikipedia
三宅 宏実(みやけ ひろみ、1985年11月18日 - )は、日本の女性重量挙げ選手・指導者。女子48kg級および53kg級の日本記録保持者。ロンドンオリンピック48kg級銀メダリスト。リオデジャネイロオリンピック出場。
 109  法政大学  矢沢航Wikipedia
矢澤 航(やざわ わたる、1991年7月2日 - )は、日本の男子陸上競技選手。専門は110mハードルで、自己ベストは日本歴代3位の13秒47。中学時代から全国の舞台で活躍し、全日本中学校選手権(中学)・インターハイ(高校)・日本インカレ(大学)・日本選手権(シニア)と、あらゆる世代で日本一に輝いている。2013年プネーアジア選手権の銅メダリスト。リオデジャネイロオリンピック出場。
 110  法政大学  金丸祐三Wikipedia
金丸 祐三(かねまる ゆうぞう、1987年9月18日 - )は、大阪府高槻市出身の陸上競技選手、専門は短距離走。北京オリンピック男子400m日本代表。大阪高等学校卒業、法政大学現代福祉学部卒業。大塚製薬工場所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 111  法政大学  青木智美Wikipedia
青木 智美(あおき ともみ、1994年10月25日 - )は、神奈川県出身の競泳自由形の選手。身長164cm。リオデジャネイロオリンピック出場。


明治大学
 112  明治大学  大岩義明Wikipedia未登録
北京、ロンドンに続き、3大会連続3回目となるリオデジャネイロ五輪の総合馬術の日本代表。リオデジャネイロオリンピック出場。
 113  明治大学  北島隆三Wikipedia未登録
1985年10月23日、神戸市生まれ。30歳。東垂水小5年から騎手を目指してクレイン加古川で乗馬を始める。垂水東中、山辺高、明大を経て、乗馬クラブクレイン入社。14年仁川アジア大会の総合馬術で個人6位、団体銀メダル。172センチ、65キロ。北島は馬術日本代表10選手では最年少の30歳で五輪初出場を決めた。総合馬術は馬場、障害、クロスカントリーの3種目を同一人馬で3日間をかけて行い、減点合計の少ない人馬が上位になる。馬場馬術の法華津寛(75)=アバロン・ヒルサイドファーム=を筆頭に選手寿命が長い競技で「馬術で30歳はまだ若造ですけど、3種目で完走したい」と目標を掲げた。リオデジャネイロオリンピック出場。
 114  明治大学  福島大輔Wikipedia未登録
福島大輔選手は、10歳から父が経営する佐倉ライディングクラブで乗馬と競走馬の育成を始め、高校1年から3年まで国民体育大会で3連覇を果たす。高校2年で全日本大障害選手権の全種目(予選2種目、決勝)を完全優勝し、選手権優勝最年少記録(17歳)を保持している。高校3年の全日本ジュニア障害馬術大会ヤングライダー選手権でも予選全種目、決勝を完全優勝。その後、フランスのトップライダー、ジルドバランダ氏の元で馬術短期留学。明治大学に進学し馬術部に所属し、世界学生馬術選手権大会で個人総合優勝を果たすなど、国内外での馬術大会で数々のタイトルを獲得。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、馬術・障害飛越で日本代表に決まった。 リオデジャネイロオリンピック出場。
 115  明治大学  高橋正直Wikipedia未登録
高橋選手の父、義明さん(69)によると、実家近くに乗馬クラブがあり、本人が希望して幼い頃に乗馬を習い始めた。中学、高校時代は県外のクラブにも通って練習し、強豪・明治大に進んでから国内外の大会で結果を残してきた。高橋選手自ら設立した乗馬クラブ「伊香保バーデンファーム」で、乗馬愛好家を指導しながら練習に励んでいる。 リオデジャネイロオリンピック出場。
 116  明治大学  冨田千愛Wikipedia未登録
応援団長の米子野坂康夫市長が「心おきなく戦い、笑顔で帰ってきてほしい」とあいさつ。花束贈呈では、母校の米子東高校の先輩で2012年の岐阜国体で冨田選手とペアを組み、当時の県勢女子で最高位の準優勝を果たした森田望さん(26)が「自分のことのようでうれしい」と言葉をかけた。リオデジャネイロオリンピック出場。
 117  明治大学  海老沼匡Wikipedia
海老沼 匡(えびぬま まさし、1990年2月15日 - )は、日本の柔道家(66kg級)。栃木県小山市出身。血液型はO型。組み手は左組み。段位は参段。得意技は背負投[1]。パーク24所属。ロンドンオリンピックの柔道66キロ級銅メダリスト。リオデジャネイロオリンピック出場。
 118  明治大学  平井康翔Wikipedia未登録
日本人初のオープンウォータースイミング競技でのオリンピアン。アスリートでありながら、その生き様はアーティストさながら。ファッションセンス、カウンターカルチャーへの陶酔、格闘技への造詣。それらの個性はどれをとっても極めて異質。現在、2016年リオデジャネイロオリンピックでのメダル獲得という目標に向って、競技に取り組んでいる。。リオデジャネイロオリンピック出場。
 119  明治大学  水谷隼Wikipedia
水谷 隼(みずたに じゅん、1989年6月9日 - )は、日本の卓球選手。2006年日本スポーツ賞優秀選手。北京オリンピック、ロンドンオリンピック、リオデジャネイロオリンピックの日本代表。全日本選手権男子シングルス優勝8回。172cm、66kg。リオデジャネイロオリンピック出場。
 120  明治大学  丹羽孝希Wikipedia
丹羽 孝希(にわ こうき、1994年10月10日 - )は日本の卓球選手。明治大学在学中。北海道苫小牧市出身で、162cm、48kg。家族は両親、姉、弟。リオデジャネイロオリンピック出場。


立教大学
 121  立教大学  岡田久美子Wikipedia未登録
美女アスリートとしてネットで有名。プロ野球の始球式(ロッテ・楽天)に登場しセンターから競歩でマウンドへ。https://www.youtube.com/watch?v=j9MX8SNjJWI。リオデジャネイロオリンピック出場。


立正大学
 122  立正大学  大黒田裕芽 大黒田裕芽Wikipedia
ラグビー女子日本代表。市立船橋高校で男子に混ざって練習。リオデジャネイロオリンピック出場。
 123  立正大学  三樹加奈Wikipedia未登録
アルカス熊谷所属。サクラセブンズ最長身の172センチ、73キロという体格を生かしたパワフルなプレーが持ち味。14年、15年は負傷が続き日本代表から離れていたが、五輪を目前に復帰した。リオデジャネイロオリンピック出場。
 124  立正大学  山中美緒Wikipedia未登録
山中選手は3人姉妹の次女。ラグビーをやっていた父博さん(47)の影響で、小学3年の時から東大阪ラグビースクールでラグビーを始めた。中学、高校時代は男子部員と一緒に汗を流した。身長156センチで代表チームの中で最も小柄だが、「タックルで相手を倒すところが楽しい」と話す。ポジションはスクラムハーフでパスが得意という。。リオデジャネイロオリンピック出場。


早稲田大学
 125  早稲田大学  坂井克行Wikipedia
坂井 克行(さかい かつゆき、1988年9月7日 - )は、2015年現在トップリーグ豊田自動織機シャトルズに所属するラグビー選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 126  早稲田大学  冨田真紀子Wikipedia
冨田 真紀子(とみた まきこ、1991年8月2日 - )は、日本の女子ラグビーフットボール選手。2014年、早稲田大学を卒業と同時にフジテレビジョンへ入社。入社後は人事局人事部に配属される。父は関西学院大学で主将を務めたことのある元ラグビー選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 127  早稲田大学  横尾千里Wikipedia
横尾 千里(よこお ちさと、1992年5月22日 - )は、日本の女子ラグビーフットボール選手。東京フェニックスRCに所属する。リオデジャネイロオリンピック出場。
 128  早稲田大学  筈井翔太Wikipedia未登録
私は早大在学中に日本代表に選ばれ、卒業後はスロバキア、イタリア、ハンガリーの各プロリーグに参加しながら水球を続けてきました。ロンドンオリンピック予選では出場権を逃し、とても悔しい思いをしたものの、その悔しさを味わったからこそ今回のリオデジャネイロオリンピックに向けて頑張れたと思います。今回選ばれているポセイドンジャパン(水球日本代表)では最年長でもあるので、チームを客観的に見てアドバイスをしたり、悪い流れのときは雰囲気を変えたりしながら、しっかりと最高の舞台を楽しみたいと考えています。(本人:リオへへむけて)。リオデジャネイロオリンピック出場。
 129  早稲田大学  中村克Wikipedia
中村 克(なかむら かつみ、1994年2月21日 - )は、東京都出身の競泳選手。専門は自由形。リオデジャネイロオリンピック出場。
 130  早稲田大学  古賀淳也Wikipedia
古賀 淳也(こが じゅんや 1987年7月19日 - )は、日本の競泳選手。専門は背泳ぎ。第一三共所属。血液型はB型。世界水泳選手権(ローマ/イタリア)男子100m背泳ぎの金メダリスト。リオデジャネイロオリンピック出場。
 131  早稲田大学  藤井拓郎Wikipedia
藤井 拓郎(ふじい たくろう、1985年4月21日 - )は、日本の競泳選手。大阪府河内長野市出身。リオデジャネイロオリンピック出場。
 132  早稲田大学  大石綾美Wikipedia未登録
大石選手は五輪初出場。「日本勢はなかなか成績を残せていないが、まずは決勝に残って、世界の最高スピードを感じてきたい」と抱負を語った。リオデジャネイロオリンピック出場。
 133  早稲田大学  松本潮霞Wikipedia未登録
千葉県出身。県立松戸国際高等学校卒業。1年次から全日本学生選手権で優勝するなどの実績を残し、日本代表に選ばれる。趣味は体を休めること。リオデジャネイロオリンピック出場。
 134  早稲田大学  加藤修也Wikipedia
加藤 修也(かとう のぶや、1995年(平成7年)4月16日 - )は日本の陸上競技選手、短距離走専門、早稲田大学所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 135  早稲田大学  野澤啓佑Wikipedia
野澤 啓佑(のざわ けいすけ、1991年6月7日 - )は、日本の男子陸上競技選手。専門は400mハードルで、自己ベストは日本歴代9位の48秒67。同種目の2016年リオデジャネイロオリンピック日本代表、2013年東アジア大会銅メダリスト。リオデジャネイロオリンピック出場。
 136  早稲田大学  大迫傑Wikipedia
大迫 傑(おおさこ すぐる、1991年5月23日 - )は、東京都町田市出身の陸上競技選手。専門は長距離種目。町田市立金井中学校・佐久長聖高等学校卒業、早稲田大学スポーツ科学部卒業、ナイキ・オレゴン・プロジェクト所属。第26回ユニバーシアード男子10000m優勝者、ハーフマラソンのアジアジュニア記録、2013年カーディナル招待10000mにて日本人学生新記録を樹立。3000m及び5000mの日本記録保持者。リオデジャネイロオリンピック出場。
 137  早稲田大学  坂井聖人Wikipedia未登録
100バタは不甲斐ない結果に終わってしまいました。まだまだですね。ここからなので本番までしっかり頑張ります。(Twitterから)リオデジャネイロオリンピック出場。
 138  早稲田大学  渡辺一平Wikipedia
渡辺 一平(わたなべ いっぺい、1997年3月18日 - )は、日本の競泳(平泳ぎ)選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 139  早稲田大学  星奈津美Wikipedia
星 奈津美(ほし なつみ、1990年8月21日 - )は、埼玉県越谷市出身の競泳選手。 ロンドンオリンピック200メートルバタフライ銅メダル。 リオデジャネイロオリンピック出場。 ロンドンオリンピック200メートルバタフライ銅メダル。
 140  早稲田大学  瀬戸大也Wikipedia
瀬戸 大也(せと だいや、1994年5月24日 - )は、日本の競泳選手である。埼玉県毛呂山町出身。早稲田大学スポーツ科学部在学中。早大水泳部。JSS毛呂山に所属している。 リオデジャネイロオリンピック出場。
 141  早稲田大学  渡部香生子Wikipedia
渡部 香生子(わたなべ かなこ、1996年11月15日 - )は、日本の競泳選手。東京都葛飾区出身。リオデジャネイロオリンピック出場。


昭和女子大学
 142  昭和女子大学  石原奈央子Wikipedia未登録
石原 奈央子(いしはら・なおこ)1974年10月22日、栃木県鹿沼市生まれ。41歳。昭和女大卒業後、国学院大神道学専攻科に通い、神職の資格を取得。英国アングリア・ラスキン大に留学し、2005年帰国。07年から本格的に競技を開始。12年アジア選手権6位、14年仁川アジア大会代表。今年2月、五輪アジア予選に優勝し、五輪代表に選出された。身長157センチ。独身。は実家が1300年以上の歴史を誇る神社だ。宮司だった曽祖父が自前の射撃場をつくり、父の敬士さん(73)は出場できなかった幻のオリンピアン。射撃一家の夢をかなえたアラフォー女子は「出場するからには金メダル。父の分まで頑張りたい」と初めての大舞台で家族の夢を背負う。リオデジャネイロオリンピック出場。


日本女子体育大学
 143  日本女子体育大学  西岡詩穂Wikipedia未登録
一緒に暮らす妹さんも、日本女子体育大に在籍するフェンシング選手。高校時代にはインターハイや国体で優勝した実力も持つだけに、姉の苦しさが理解でき、五輪に向けサポートすることを決めた。リオデジャネイロオリンピック出場。


日本女子体育大学 日本女子体育大学
 144  日本女子体育大学 日本女子体育大学  皆川夏穂Wikipedia
皆川夏穂は新体操女子個人総合競技選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 145  日本女子体育大学 日本女子体育大学  畠山愛理Wikipedia
畠山 愛理(はたけやま あいり、1994年8月16日 - )は、東京都出身の新体操選手。ロンドンオリンピック(2012)代表(新体操団体)。大原学園高等学校卒業。日本女子体育大学体育学部在籍中/東京ジュニア新体操クラブ。好きな言葉は「自分らしく背伸びせず」。好きな食べ物は焼肉。。リオデジャネイロオリンピック出場。


東京富士大学短期大学部
 146  東京富士大学短期大学部  佐々木翔Wikipedia
佐々木 翔(ささき しょう、1982年6月30日 - )は、日本のバドミントン選手である。北海道上磯郡上磯町(現北斗市)出身。上磯中学校→関東第一高等学校→東京富士短期大学→フジチュー→MMGアローズ→北都銀行を経て、現在はトナミ運輸に所属。身長171cm、体重64kg。血液型O型。左利き。リオデジャネイロオリンピック出場。


日本経済大学
 147  日本経済大学  土居一斗Wikipedia未登録
1992年3月17日生まれ。24歳。神奈川県出身。横浜ジュニアでセーリングをはじめる(8歳)。福岡第一高、日本経済大で数々のタイトルを獲得。2014年サンタンデール世界選手権9位、8月リオ五輪テストイベント9位。アビームコンサルティング株式会社所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 148  日本経済大学  今村公彦Wikipedia未登録
1984年2月3日生まれ。32歳。鹿児島県出身。錦江湾高ヨット部でセーリングをはじめ、第一経済大時代(現日本経済大)に五輪活動を開始。ロンドン五輪ではスリーボンドチームで活動後、大学の後輩にあたる土居一斗とチームアビームへ移籍。九州旅客鉄道株式会社所属。リオデジャネイロオリンピック出場。


愛知工業大学
 149  愛知工業大学  吉村真晴Wikipedia
吉村 真晴(よしむら まはる、1993年8月3日 - )は、日本の卓球選手。リオデジャネイロオリンピック出場。


中京大学
 150  中京大学  桑井亜乃Wikipedia
桑井 亜乃(くわい あの、1989年10月20日 - )は、日本の女子ラグビーフットボール選手。ARUKAS QUEEN KUMAGAYAに所属する。リオデジャネイロオリンピック出場。
 151  中京大学  松田丈志Wikipedia
松田 丈志(まつだ たけし、1984年6月23日 - )は、宮崎県延岡市出身の日本の競泳選手。アテネオリンピック・北京オリンピック・ロンドンオリンピック日本代表。現在はセガサミーホールディングスに所属している(2014年3月より)。主な競技種目はバタフライ及び自由形で、これまでにバタフライ200mや自由形200m・400m・800m・1500mで日本記録を何度も更新してきた。血液型はO型。リオデジャネイロオリンピック出場。
 152  中京大学  田村朋也Wikipedia未登録
住友電工の壮行会では約200人の社員から激励を受け「ようやく実感が湧いてきた」とニッコリ。1928年創部の陸上部で初の五輪選手として気持ちを新たにした。リオデジャネイロオリンピック出場。
 153  中京大学  中村明彦Wikipedia
中村 明彦(なかむら あきひこ、1990年10月23日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は十種競技、現在日本歴代2位。愛知県出身。中京大学体育学部卒業、スズキ浜松アスリートクラブ所属。身長181cm。体重74kg。リオデジャネイロオリンピック出場。
 154  中京大学  長谷川純矢Wikipedia未登録
長谷川純矢選手(はせがわ・じゅんや)は、ユニバーシアード夏季大会で男子50メートル、100メートル背泳ぎの2冠。島田高、中京大出、ミキハウス。180センチ、69キロ。22歳。リオデジャネイロオリンピック出場。
 155  中京大学  寺本明日香Wikipedia
寺本 明日香(てらもと あすか、1995年11月19日 - )は、日本の体操選手。愛知県小牧市出身。名古屋経済大学市邨高校卒業。中京大学スポーツ科学部3年生(2016年4月現在)。レジックスポーツ所属。リオデジャネイロオリンピック出場。


金沢星稜大学
 156  金沢星稜大学  中野蘭菜Wikipedia未登録
中野蘭菜(なかのらな)は、日本のトランポリン選手。リオデジャネイロオリンピック出場。


金沢学院大学
 157  金沢学院大学  八木かなえWikipedia
八木 かなえ(やぎ かなえ、1992年7月16日 - )は、日本の女性重量挙げ選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 158  金沢学院大学  伊藤正樹Wikipedia
伊藤 正樹(いとう・まさき、1988年11月2日 - )は、日本のトランポリン選手。リオデジャネイロオリンピック出場。


至学館大学
 159  至学館大学  登坂絵莉Wikipedia
登坂 絵莉(とうさか えり、1993年8月30日 - )は、富山県高岡市出身の女子レスリング選手である。階級は48kg級。身長152cm。至学館大学健康科学部健康スポーツ科学科卒業。2016年春からは東新住建へ入社し、女子レスリング部に所属。また、至学館大学の大学院へも進学している。リオデジャネイロオリンピック出場。
 160  至学館大学  吉田沙保里Wikipedia
吉田 沙保里(よしだ さおり、女性、1982年10月5日 - )は、日本のレスリング選手。身長156cm、体重56kg。背筋力は200kg超(高校時180kg[1])。学位は学士 (健康スポーツ科学)(中京女子大学)。そのほか名誉学位・称号として名誉修士(中京女子大学)を有する。。リオデジャネイロオリンピック出場。
 161  至学館大学  伊調馨Wikipedia
伊調 馨(いちょう かおり、1984年6月13日 - )は、日本の女子レスリング選手。青森県八戸市出身。アテネオリンピック、北京オリンピックおよびロンドンオリンピック女子63kg級金メダリスト。身長166cm。学位は学士 (健康スポーツ科学)(中京女子大学)。そのほか名誉学位・称号として名誉修士(中京女子大学)を有する。リオデジャネイロオリンピック出場。
 162  至学館大学  川井梨紗子Wikipedia
川井 梨紗子(かわい りさこ、1994年11月21日 - )は、石川県津幡町出身の女子レスリング選手である。階級は58kg級。身長160cm。現在は至学館大学に在学青森県八戸市出身。アテネオリンピック、北京オリンピックおよびロンドンオリンピック女子63kg級金メダリスト。身長166cm。学位は学士 (健康スポーツ科学)(中京女子大学)。そのほか名誉学位・称号として名誉修士(中京女子大学)を有する。リオデジャネイロオリンピック出場。
 163  至学館大学  土性沙羅Wikipedia
土性 沙羅(どしょう さら、1994年10月17日 - )は、三重県松阪市高町出身の女子レスリング選手である。階級は67kg級。身長159cm。現在は至学館大学に在学リオデジャネイロオリンピック出場。
 164  至学館大学  渡利璃穏Wikipedia
渡利 璃穏(わたり りお、1991年9月19日[1] - )は、島根県松江市出身の女子レスリング選手[1]。階級は63kg級。身長163cm。至学館高等学校、至学館大学卒業。至学館大学レスリング部出身。アイシンAW所属現在は至学館大学に在学リオデジャネイロオリンピック出場。


福井工業大学
 165  福井工業大学  荒井広宙Wikipedia
荒井広宙(あらい・ひろおき)1988年(昭63)5月18日、長野県生まれ。中学で陸上部に入り、長野・中野実高2年で競歩を始める。福井工大-石川陸協-北陸亀の井ホテルをへて自衛隊。世界選手権は11年から3大会連続出場。昨夏北京大会は銅メダルの谷井に次ぐ4位入賞。180センチ、62キロ。リオデジャネイロオリンピック出場。


同志社大学
 166  同志社大学  伊勢田愛Wikipedia未登録
伊勢田愛(いせだ・めぐみ=セーリング女子RSX級)2011年ユニバーシアード代表。2014年世界選手権41位。同志社大出身、福井県体協。157センチ、56キロ。28歳。大阪市出身。リオデジャネイロオリンピック出場。


立命館大学
 167  立命館大学  吉岡美帆Wikipedia未登録
高校1 年生からセーリングを始め、当時はFJ という種目の2 人乗りのヨットに乗っていました。大学でもヨットを続け、今現在活動している470 級という種目へ移りました。 もともと海が好きで、珍しいスポーツに挑戦したいという気持ちからヨットを始めました。今現在は、オリンピックという大きな舞台で活躍することを目標に、日々取り組んでいます。リオデジャネイロオリンピック出場。


近畿大学
 168  近畿大学  入江陵介Wikipedia
入江 陵介(いりえ りょうすけ、1990年1月24日 - )は、日本の競泳の選手である。「イトマン東進」所属。血液型はA型。リオデジャネイロオリンピック出場。
 169  近畿大学  山口美咲Wikipedia
山口 美咲(やまぐち みさき、1990年1月20日 - )は、長崎県諫早市出身の競泳選手。種目は自由形。リオデジャネイロオリンピック出場。


関西学院大学
 170  関西学院大学  徳永祥尭Wikipedia
德永 祥尭(とくなが よしたか、1992年4月10日 - )は、2015年現在トップリーグ東芝ブレイブルーパスに所属するラグビー選手。リオデジャネイロオリンピック出場。
 171  関西学院大学  荻田大樹Wikipedia
荻田 大樹(おぎた ひろき、1987年12月30日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は棒高跳。リオデジャネイロオリンピック出場。


甲南大学
 172  甲南大学  武田麗子Wikipedia未登録
武田 麗子(たけだ れいこ、1984年12月14日 - )は、日本の馬術選手。杉谷乗馬クラブ所属。身長151cm、体重49kg。血液型はAB型。父親は、武田薬品工業元代表取締役会長CEO。リオデジャネイロオリンピック出場。


天理大学
 173  天理大学  大野将平Wikipedia
大野 将平(おおの しょうへい、1992年2月3日 - )は、山口県山口市出身の日本の柔道選手。階級は73kg級。身長170cm。血液型はO型。組み手は右組み。段位は四段。得意技は大外刈と内股。現在は旭化成に所属。リオデジャネイロオリンピック出場。
 174  天理大学  小野真由美Wikipedia
小野 真由美(おの まゆみ、1984年8月14日 - )は、富山県小矢部市出身の女子フィールドホッケー選手である。リオデジャネイロオリンピック出場。


京都産業大学
 175  京都産業大学  伊藤舞Wikipedia
伊藤 舞(いとう・まい 1984年5月23日 - )は、日本女子の陸上競技選手。専門は長距離走・マラソン。2011年世界陸上競技選手権大会22位、2015年世界陸上競技選手権大会7位入賞(共に女子マラソン)。リオデジャネイロオリンピック出場。


大阪体育大学
 176  大阪体育大学  藤春廣輝Wikipedia
藤春 廣輝(ふじはる ひろき、1988年11月28日 - )は、大阪府東大阪市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはディフェンダー(左サイドバック)。日本代表。リオデジャネイロオリンピック出場。


大阪人間科学大学
 177  大阪人間科学大学  栗原三佳Wikipedia
栗原 三佳(くりはら みか、1989年5月14日 - )は日本の女子バスケットボール選手である。大阪府出身。トヨタ自動車アンテロープス所属。176cm。ニックネームは「ソウ」。3ポイントシュートを得意とする。リオデジャネイロオリンピック出場。
 178  大阪人間科学大学  近藤楓Wikipedia
近藤 楓(こんどう かえで、1991年10月6日[1] - )は、日本の女子バスケットボール選手である。トヨタ自動車アンテロープス所属。ポジションはガードフォワード。背番号20。173cm、62kg[1]。リオデジャネイロオリンピック出場。


甲子園大学
 179  甲子園大学  寺内健Wikipedia
寺内 健(てらうち けん、1980年8月7日 - )は、日本の飛込競技選手。兵庫県宝塚市出身。甲子園大学卒業、甲子園大学大学院修了。現在はミキハウス所属。弟の寺内佑も元飛込競技選手。リオデジャネイロオリンピック出場。


環太平洋大学
 180   環太平洋大学  梅木真美Wikipedia
梅木 真美(うめき まみ、1994年12月6日 - )は、大分県玖珠郡九重町出身の日本の女子柔道選手。階級は78kg級。身長175cm。血液型はAB型。組み手は左組み。段位は参段。得意技は大外刈、寝技(とりわけ三角絞)。現在は環太平洋大学に在学している。母親はバレーボールのカネボウの一員として実業団で活躍していた(旧姓)橋口英子。リオデジャネイロオリンピック出場。


松山大学
 181  松山大学  高見澤安珠Wikipedia
高見澤 安珠(たかみざわ あんじゅ、1996年3月6日 - )は、日本の陸上競技選手[1]。高等学校時代は中距離走をメインとしていたが、大学進学後3000m障害を開始した[1][2][3]。2016年、日本選手権で大会新記録をマークして優勝。リオデジャネイロオリンピック出場。


福岡大学
 182  福岡大学  桑水流裕策Wikipedia
桑水流 裕策(くわずる ゆうさく、1985年10月23日 - )は、トップリーグコカ・コーラレッドスパークス所属のラグビー選手。リオデジャネイロオリンピック出場。


長崎国際大学
 183  長崎国際大学  永峰沙織Wikipedia未登録
永峰さんは、小学校と中学時代はバレー部に所属していて、本格的にアーチェリーを始めたのは高校に入ってから。リオデジャネイロオリンピック出場。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編



スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)