職業別の有名人出身大学 >俳人・歌人の大学別有名人

このサイトに登録されている有名人の数:34,735人
このサイトに登録されている「俳人・歌人」の有名人の数:0:人



スポンサーリンク




青山学院大学
 1  青山学院大学  櫂未知子Wikipedia
櫂 未知子(かい みちこ、1960年9月3日 - )は、俳人。北海道余市郡出身。当初は短歌を学んだがのちに俳句に転向、「春は曙そろそろ帰つてくれないか」「雪まみれにもなる笑つてくれるなら」など、口語表現を生かし、強さとエレガンスを持った女性像を描き出す作品に特徴がある。「銀化」同人。俳人協会、国際俳句交流協会、日本文藝家協会会員。
 2  青山学院大学  ねじめ正一Wikipedia
ねじめ 正一(ねじめ しょういち、男性、1948年6月16日 - )は、日本の詩人、小説家。本名は禰寝 正一(読みは同じ)。東京都杉並区生まれ。杉並区立杉並第四小学校→杉並区立高円寺中学校→日本大学第二高等学校卒業。青山学院大学経済学部中退。父は俳人のねじめ正也。長男は俳優のねじめ宗吾(ねじめ そうご、本名:禰寝宗吾、1975年5月4日 - )。長女は脚本家の禰寝彩木(ねじめ さえき、1979年2月11日 - )。


岩手医科大学
 3  岩手医科大学  後藤杜三Wikipedia
後藤 杜三(ごとう もりぞう、1918年 - )は日本の医師、俳人、作家。北海道札幌市生まれ。私立岩手医学専門学校(現・岩手医科大学)卒、医学博士。


愛媛大学
 4  愛媛大学  西垣脩Wikipedia
西垣 脩(にしがき しゅう、1919年5月19日 - 1978年8月1日)は俳人、国文学者。
 5  愛媛大学  村上護Wikipedia
村上 護(むらかみ まもる、1941年11月28日 - 2013年6月29日)は、日本の文芸評論家、俳人。


大阪市立大学
 6  大阪市立大学  茨木和生Wikipedia
茨木 和生(いばらき かずお、1939年1月11日 - )は俳人。奈良県大和郡山市生まれ。大阪市立大学文学部卒業後、私立高槻中学校・高等学校教諭(古文担当)となる。


岡山大学
 7  岡山大学  皿井立三郎Wikipedia
皿井 立三郎(さらい たつさぶろう、明治3年(1870年)10月) - 昭和20年(1945年)12月18日)は日本の医師、俳人。大阪府士族[1]。元皿井耳鼻咽喉科医院長。


小樽商科大学
 8  小樽商科大学  高濱年尾Wikipedia
高浜 年尾(たかはま としお、1900年12月16日 - 1979年10月26日)は、俳人。高浜虚子の実子。東京都神田猿楽町に虚子・いと夫妻の長男として生まれる。「年尾」の名は正岡子規の命名。小樽商業高等学校(現・小樽商科大学)卒業後、旭シルクに入社。のち転勤により兵庫県芦屋に転居。句作は父虚子の手ほどきを受けて中学時代からはじめていたがこの時期に一時中断、1938年に「俳諧」を発行し連句をはじめる。「俳諧」は俳句、連句、俳文、俳詩、俳論などのほか俳句の英・仏・独訳を載せるなど意欲的な俳誌であった。1939年、旭シルクを退社し以後俳句に専念、関西の俳壇の中心として活躍。1944年、戦時下の物資不足のため「俳諧」を「ホトトギス」に合併。1951年「ホトトギス」雑詠選者。1959年、朝日俳壇および愛媛俳壇選者。同年虚子より「ホトトギス」主宰を継承。1979年10月26日死去、78歳。死後「ホトトギス」主宰は娘の稲畑汀子に引き継がれた。句集に『年尾句集』ほかに『俳諧手引』などの著書がある。


お茶の水女子大学
 9  お茶の水女子大学  杉田久女Wikipedia
杉田久女(すぎた ひさじょ、明治23年(1890年)5月30日 - 昭和21年(1946年)1月21日)は明治~昭和期の俳人。本名は杉田久(すぎた ひさ)。


嘉悦大学
 10  嘉悦大学  鈴木真砂女Wikipedia
鈴木 真砂女(すずき まさじょ、女性、1906年11月24日-2003年3月14日)は昭和期の俳人。本名、まさ。娘は女優の本山可久子。


学習院大学
 11  学習院大学  成瀬正俊Wikipedia
成瀬 正俊(なるせ まさとし、1930年(昭和5年)9月3日 - 2008年(平成20年)4月4日)は、俳人。国宝・犬山城の元城主であり、旧所有者。学習院大学文学部卒業。愛知県犬山市初の名誉市民。角川書店やテレビ朝日にも勤務していた。


金沢大学
 12  金沢大学  喜多昭夫Wikipedia
喜多 昭夫(きた あきお、1963年1月10日 - )は歌人、俳人、文芸評論家。石川県文芸協会事務局長、石川県歌人協会幹事、つばさ短歌会主宰。
 13  金沢大学  阿部完市Wikipedia
阿部 完市(あべ かんいち、1928年1月25日 - 2009年2月19日)は、俳人、精神科医。東京生まれ。金沢医科大学付属医学専門部(現金沢大学医学部)卒。1950年より勤務先の病院の俳句グループで作句をはじめる。1951年、日野草城の「青玄」入会、1952年西村白雲郷の「未完」入会、1953年高柳重信の「俳句評論」入会。1962年、金子兜太の「海程」4号より入会、同人。1965年第2回海程賞、1970年第17回現代俳句協会賞。1974年より「海程」編集長。現代俳句協会、国際俳句交流協会、日本ペンクラブ会員。現代俳句協会では1997年から2008年まで副会長を務めた。句集に『無帽』『絵本の空』『純白諸事』『軽のやまめ』など、評論に『俳句幻形』『俳句心景』など。2009年、81歳で死去。


関西大学
 14  関西大学  中岡毅雄Wikipedia
中岡 毅雄(なかおか たけお、1963年11月10日 - )は俳人。


関西医科大学
 15  関西医科大学  澁谷道Wikipedia
澁谷 道(しぶや みち、1926年11月1日 - )は、俳人。京都府京都市下京区麩屋町に生まれる。大阪女子高等医学専門学校に在学中、学生俳句会に参加し、精神科の教授であった平畑静塔の指導を受ける。1948年に同校卒業、のちに小児科内科澁谷医院を開設。この年に創刊された山口誓子の「天狼」に投句をはじめる。1949年、西東三鬼の雷光句会に参加。1952年「夜盗派」に同人参加。1959年「縄」創刊同人。1967年、橋閒石より連句の指導を受ける。1977年、金子兜太の「海程」同人。1978年、「白燕連句会」に入会し連句の実作を行う。1996年、俳句と連句の俳誌「紫薇」創刊同人代表となる。大阪市在住。


関西学院大学
 16  関西学院大学  千野帽子Wikipedia
千野 帽子(ちの ぼうし、男性、1965年 - )は日本の文芸評論家、エッセイスト、俳人。本名・岩松 正洋、フランス文学者、関西学院大学商学部教授[1]。
 17  関西学院大学  森一郎Wikipedia
森 一郎(もり いちろう、1923年 - 1991年)は、日本の英語教師、俳人。奈良県立畝傍中学、東京文理科大学卒業。奈良女子高等師範学校附属高等女学校(現・奈良女子大学附属中等教育学校)英語科教諭、東京都立日比谷高等学校英語科教諭、関西学院大学教授、奈良産業大学教授、中央ゼミナール講師を歴任。
 18  関西学院大学  摂津幸彦Wikipedia
攝津 幸彦(せっつ ゆきひこ、1947年1月28日 - 1996年10月13日)は、俳人。兵庫県養父郡八鹿町に生まれる。母良子は桂信子主宰の「草苑」の幹部同人であった。高槻中学校・高等学校を経て、関西学院大学卒業。高校時代より叔父の影響でジャズを聞くようになり頻繁にジャズ喫茶に通った。大学では在学中は映画研究会に所属。また伊丹啓子(「青玄」主幹伊丹三樹彦の娘)を知り「関学俳句会」創立、機関誌「あばんせ」を創刊。また学生俳句会のつながりで、他大学の坪内稔典、澤好摩らと交流、大学を超えた同人誌「日時計」創刊に参加する。1970年、広告会社の東京旭通信社(現・アサツー ディ・ケイ)に入社し上京。1972年田中資子と結婚。1974年、大本善幸、坪内稔典らと「黄金海岸」創刊。1974年、「鳥子幻影」で俳句研究「第二回五十句競作」にて佳作第一席となり、編集長高柳重信に見出され一躍注目される。1980年、俳誌「豈」創刊に仁平勝らとともに参加。同誌は遅刊で知られたものの、前衛俳句の一大拠点となった。1992年より肝炎で入退院を繰り返し、1996年順天堂病院にて死去。享年49。


九州大学
 19  九州大学  千野帽子Wikipedia
千野 帽子(ちの ぼうし、男性、1965年 - )は日本の文芸評論家、エッセイスト、俳人。本名・岩松 正洋、フランス文学者、関西学院大学商学部教授[1]。
 20  九州大学  森澄雄Wikipedia
森 澄雄(もり すみお、1919年(大正8年)2月28日 - 2010年(平成22年)8月18日[1])は、日本の俳人。本名、森澄夫。
 21  九州大学  吉野裕之Wikipedia
吉野 裕之(よしの ひろゆき、1961年8月1日 - )はプログラムオフィサー、歌人、俳人。堂号は空蝉庵[1]。歌人の髙橋みずほは妻。同じく歌人の髙橋俊人は妻の祖父。


京都大学
 22  京都大学  脇田晴子Wikipedia
脇田 晴子(わきた はるこ、1934年3月9日 - )は、日本の歴史学者。滋賀県立大学名誉教授。文学博士(京都大学、1969年)(学位論文「中世商工業座の構造」)。兵庫県西宮市生まれ。父は俳人の麻野恵三(微笑子)、夫は歴史学者の脇田修。子は経済学者の脇田成。
 23  京都大学  日野克修(日野草城)Wikipedia
日野 草城(ひの そうじょう、1901年(明治34年)7月18日 - 1956年(昭和31年)1月29日)は日本の俳人。本名は日野克修(よしのぶ)。
 24  京都大学  高浜虚子Wikipedia
高浜 虚子(たかはま きょし、旧字体:高濱 虛子、1874年(明治7年)2月22日 - 1959年(昭和34年)4月8日)は明治・昭和期の俳人・小説家。本名は高浜 清(たかはま きよし、旧字体:高濱 淸)。
 25  京都大学  河東碧梧桐Wikipedia
河東碧梧桐(かわひがし へきごとう、1873年(明治6年)2月26日 - 1937年(昭和12年)2月1日)は、日本の俳人・随筆家。本名は秉五郎(へいごろう)。


京都女子大学
 26  京都女子大学  夏井いつきWikipedia
夏井いつき(なつい いつき、1957年(昭和32年)5月13日 - )は愛媛県松山市在住の俳人・エッセイストである。


慶應義塾大学
 27  慶應義塾大学  上田聴秋Wikipedia
上田 聴秋(うえだ ちょうしゅう、嘉永5年2月24日(1852年3月14日) - 昭和7年(1932年)1月17日)は、明治期の俳人。聴秋は号で、本名は「上田肇」、俳号は不識庵、別名「花本聴秋」、花本流派の11世宗匠で明治から大正期に京都の俳壇で重きをなした。書家としても優れた作品を残している。
 28  慶應義塾大学  佐藤紅緑Wikipedia
佐藤 紅緑(さとう こうろく、1874年(明治7年)7月6日 - 1949年(昭和24年)6月3日)は、日本の作家、俳人。
 29  慶應義塾大学  久保田万太郎Wikipedia
久保田 万太郎(くぼた まんたろう、1889年(明治22年)11月7日 - 1963年(昭和38年)5月6日)は、浅草生まれの大正から昭和にかけて活躍した俳人、小説家、劇作家。生粋の江戸っ子として伝統的な江戸言葉を駆使して下町情緒と古典落語を愛し、滅びゆく下町の人情を描いた。俳号は暮雨、傘雨[1]。筆名は千野菊次郎。位階は従三位、勲等は勲一等。
 30  慶應義塾大学  原民喜Wikipedia
原 民喜(はら たみき、1905年(明治38年)11月15日 - 1951年(昭和26年)3月13日)は、日本の小説家、詩人、俳人。俳号は杞憂。


高知大学
 31  高知大学  西村麒麟Wikipedia
西村 麒麟(にしむら きりん、1983年8月14日 - )は、俳人。大阪市に生まれ、18歳まで広島県尾道市で育つ。2002年高知大学入学。2005年「古志」入会、長谷川櫂に師事。2009年、第1回古志新人賞、第1回石田波郷新人賞受賞。2013年12月、第一句集『鶉』を私家版で出版。2014年、第4回芝不器男俳句新人賞にて大石悦子奨励賞、『鶉』で第5回田中裕明賞受賞。句風は「飄逸」「現代の隠者」風などと評されており[1][2]、関悦史は「嫁がゐて四月で全く言ふ事無し」などの句について「安寧自足がそのまま俳諧的ずらしにつながる機微」を指摘する[3]。芝不器男賞の選評では先人の名を詠み込んだ句も評価された[4]。「古志」同人。


甲南大学
 32  甲南大学  稲畑廣太郎Wikipedia
稲畑 廣太郎(いなはた こうたろう、1957年 - )は、俳人。稲畑汀子の息子で、高濱虚子の曾孫にあたる人物。兵庫県芦屋市生まれ。1982年甲南大学経済学部を卒業。幼少時より母汀子について俳句に親しんでいたが、大学卒業後、合資会社ホトトギス社入社により本格的に俳句を志す。1988年「ホトトギス」同人、同誌編集長。2000年虚子記念文学館理事、2001年日本伝統俳句協会常務理事。2005年「ホトトギス」雑詠選者及び副主宰。2013年10月、汀子より引継ぎ「ホトトギス」主宰に就任。クラシック音楽の愛好家で俳句にも音楽を読み込んだ句がある。句集に『廣太郎句集』『半分』『八文の六』、著書に『曽祖父虚子の一句』。


神戸大学
 33  神戸大学  脇田晴子Wikipedia
脇田 晴子(わきた はるこ、1934年3月9日 - )は、日本の歴史学者。滋賀県立大学名誉教授。文学博士(京都大学、1969年)(学位論文「中世商工業座の構造」)。兵庫県西宮市生まれ。父は俳人の麻野恵三(微笑子)、夫は歴史学者の脇田修。子は経済学者の脇田成。


國學院大學
 34  國學院大學  飯田龍太Wikipedia
飯田 龍太(いいだ りゅうた、1920年(大正9年)7月10日 - 2007年(平成19年)2月25日)は日本の俳人、随筆家、評論家。戦後における俳壇で新鋭的な俳人として一躍注目を集める。俳人・飯田蛇笏(武治)の四男。
 35  國學院大學  石田勝彦Wikipedia
石田 勝彦(いしだ かつひこ、1920年10月3日 - 2004年7月9日)は俳人。本名は和郎(かずろう)。北海道札幌市生まれ。國學院大學卒業。1952年、東京療養所俳句サークル誌「松濤」の加藤楸邨の選を受け、翌年、「寒雷」に入会。また石田波郷に師事し、1954年、俳誌「鶴」に入会。波郷没後、1974年、「泉」創刊に参加(のちに代表)。1988年、俳人協会評議員。2000年、句集『秋興』により第39回俳人協会賞受賞。2004年7月9日午後8時、慢性腎不全のため、東京都八王子市の病院にて死去。
 36  國學院大學  能村登四郎Wikipedia
能村 登四郎(のむら としろう、1911年1月5日 - 2001年5月24日)は、俳人。
 37  國學院大學  堀本裕樹Wikipedia
堀本 裕樹(ほりもと ゆうき、1974年8月12日 - )は、日本の俳人、文筆家。所属事務所はアドライフ。和歌山県出身。尾道大学日本文学科非常勤講師、実践女子学園生涯学習センター講師、杉並区立角川庭園・すぎなみ詩歌館講師、俳人協会会員。國學院大学卒業。上野一孝代表の俳誌「梓」同人。
 38  國學院大學  村山古郷Wikipedia
村山 古郷(むらやま こきょう、1909年6月19日 - 1986年8月1日)は、俳人。
 39  國學院大學  角川源義Wikipedia
角川 源義(かどかわ げんよし、1917年(大正6年)10月9日 - 1975年(昭和50年)10月27日)は、日本の実業家、国文学者、俳人。角川書店(現・KADOKAWA)の創立者。俳号は源義(げんぎ)、水羊(すいよう)。
 40  國學院大學  角川春樹Wikipedia
角川 春樹(かどかわ はるき、1942年1月8日 - )は、日本の実業家、映画監督、映画プロデューサー、俳人、冒険家。角川春樹事務所会長兼社長、幻戯書房会長。


埼玉大学
 41  埼玉大学  原裕Wikipedia
原裕(はら ゆたか、1930年 - 1999年)は、茨城県出身の俳人。鹿火屋主宰。俳人協会常務理事。日本文学風土学会理事。日本文芸家協会会員。本名は原昇(旧名・堀込昇)。


上智大学
 42  上智大学  上田五千石Wikipedia
上田 五千石(うえだ ごせんごく、1933年10月24日 - 1997年9月2日)は、俳人。本名は明男。
 43  上智大学  須藤徹Wikipedia
須藤 徹(すどう とおる、1946年10月1日 - 2013年6月29日)は、日本の俳人、文芸評論家。1973年以来、芥川賞作家で俳人の多田裕計、裕計死去後は1983年から、小川双々子の門下生。現在俳句を中心とした文芸誌「ぶるうまりん」の代表(編集・発行人)、「豈」同人。
 44  上智大学  鴇田智哉Wikipedia
鴇田 智哉(ときた ともや、1969年5月21日 - )は俳人。千葉県木更津市生まれ。上智大学文学部哲学科卒業、東洋大学大学院博士前期課程修了。1996年、「魚座」に入会、今井杏太郎に師事。2001年、「かなしみのあと」で第16回俳句研究賞受賞。2005年、第一句集『こゑふたつ』刊行、同句集で第29回俳人協会新人賞受賞。2006年、「魚座」終刊に伴い鳥居三朗の「雲」入会。現在「雲」編集長。「水入れてコップの水の冬めける」「畳から秋の草へとつづく家」「人参を並べておけば分かるなり」など、師である今井杏太郎の恬淡とした句風を受け継ぎつつ、現実のパースペクティブを狂わせるような独特の作品を発表している。また2009年より、角川書店の雑誌『俳句』での座談会をきっかけに、同年代の俳人榮猿丸、関悦史とともに俳句ユニット「SST」を結成、3人による合作の発表なども行っている。
 45  上智大学  阿部知代Wikipedia
阿部 知代(あべ ちよ、1963年7月23日 - )は、フジテレビのアナウンサー。現在はFCIニューヨーク本社に出向中。FNS用語委員。日本新聞協会用語懇談会委員。俳人でもある。


信州大学
 46  信州大学  小澤實Wikipedia
小澤 實(おざわ みのる、1956年8月29日 - )は、長野県出身の俳人、俳文学者。俳誌「澤」主宰。本名・実。


成城大学
 47  成城大学  小澤實Wikipedia
小澤 實(おざわ みのる、1956年8月29日 - )は、長野県出身の俳人、俳文学者。俳誌「澤」主宰。本名・実。
 48  成城大学  神吉拓郎Wikipedia
神吉 拓郎(かんき たくろう、1928年(昭和3年)9月11日 - 1994年(平成6年)6月28日)は、小説家、俳人、随筆家。成城高等学校文科卒業。東京府(現:東京都)出身。父は英文学者の神吉三郎。トリローグループの一人。俳号は「拓郎」、「尊鬼」。


高崎経済大学
 49  高崎経済大学  下山田禮子Wikipedia
下山田禮子(しもやまだ れいこ、1947年新潟県生まれ)は日本の俳人である。「海程」入会、金子兜太に師事し作句を始める。高崎経済大学卒業。現在「海程」「遊牧」同人、現代俳句協会会員、埼玉県現代俳句協会理事、「高崎兜太句会」代表兼連絡係を勤めている。


拓殖大学
 50  拓殖大学  星野紗一Wikipedia
星野 紗一(ほしの さいち、1921年(大正10年)10月31日 - 2006年6月22日)は、日本の俳人。 埼玉県浦和市(現・さいたま市)に生れる。


多摩美術大学
 51  多摩美術大学  中原道夫Wikipedia
中原 道夫(なかはら みちお、1951年4月28日 - )は、俳人。卓抜な機知を駆使し21世紀の風狂の俳諧師と呼ばれる。代表句に「白魚のさかなたること略しけり」「飛込の途中たましひ遅れけり」「瀧壺に瀧活けてある眺めかな」など。


中央大学
 52  中央大学  杉村楚人冠Wikipedia
杉村 楚人冠(すぎむら そじんかん、明治5年7月25日(1872年8月28日) - 昭和20年(1945年)10月3日)は、新聞記者、随筆家、俳人である。本名は杉村 廣太郎(すぎむら こうたろう)。別号は縦横、紀伊縦横生、四角八面生、涙骨など多数。
 53  中央大学  渋川玄耳Wikipedia
渋川 玄耳(しぶかわ げんじ、1872年6月3日(明治5年4月28日) - 1926年(大正15年)4月9日)。明治期に活躍したジャーナリスト、随筆家、俳人。佐賀県出身。本名渋川柳次郎。ほかに薮野椋十(やぶの むくじゅう)の筆名を用いる。
 54  中央大学  鷹羽狩行Wikipedia
鷹羽 狩行(たかは しゅぎょう、1930年(昭和5年)10月5日 - )は、俳人。本名・高橋行雄。山形県新庄市生まれ。父親の仕事の関係で少年期を広島県尾道市で育つ。尾道商業高校を経て中央大学法学部卒業。高校時代より俳句を始め、1948年「天狼」に入会し山口誓子に師事。俳号「鷹羽狩行」は本名をもとに誓子が名づけたものである[1]。1954年、秋元不死男の「氷海」同人、1959年同誌編集長。1960年第1回天狼賞受賞、「天狼」同人。1965年、第一句集『誕生』で俳人協会賞、1974年、句集『平遠』で芸術選奨新人賞受賞。1976年、毎日俳壇選者。1978年より俳誌「狩」を主宰。2002年、『翼灯集』『十三星』で毎日芸術賞受賞。2008年、『十五峯』で詩歌文学館賞受賞、蛇笏賞受賞。NHKのラジオ番組の「ラジオ深夜便」のラジオ歳時記のコーナーを担当している。俳人協会会長、日本文芸家協会理事。
 55  中央大学  仁平勝Wikipedia
仁平 勝(にひら まさる、1949年4月26日 - )は、俳人・文芸評論家。
 56  中央大学  湊楊一郎Wikipedia
湊 楊一郎(みなと よういちろう、1900年(明治33年)1月1日 - 2002年(平成14年)1月2日)は、俳人。新興俳句運動の理論的支柱として知られる。本名は久々湊与一郎(くくみなとよいちろう)。
 57  中央大学  小島健Wikipedia
小島 健(こじま けん、1946年10月26日 - )は、俳人。新潟県生まれ。中央大学法学部卒業。10代の頃から俳句を始め、岸田稚魚に師事、俳誌「琅玕」(玕:王偏に干)に学ぶ。稚魚没後、角川春樹に師事、俳誌「河」(主宰:角川照子)に入会。角川春樹賞(1990年)、河新人賞(1991年)、河賞(1993年)を受賞。1995年、第一句集『爽』を上梓、翌年、句集『爽』により第19回俳人協会新人賞を受賞。


東京大学
 58  東京大学  勝田主計Wikipedia
勝田 主計(しょうだ かずえ、明治2年9月15日(1869年10月19日)- 昭和23年(1948年)10月10日)は日本の大蔵官僚、政治家。同郷の俳人・正岡子規や海軍軍人・秋山真之の友人であった[1]。
 59  東京大学  大橋八郎Wikipedia
大橋 八郎(おおはし はちろう、1885年12月19日 - 1968年6月4日)は、日本の政治家、逓信官僚、俳人。岡田内閣の法制局長官、林内閣の内閣書記官長、日本放送協会(NHK)第4代会長、日本電信電話公社第2代総裁。現在の富山県高岡市出身。
 60  東京大学  有馬朗人Wikipedia
有馬 朗人(ありま あきと、1930年9月13日 - )は、日本の物理学者(原子核物理学)、俳人、政治家。勲等は旭日大綬章。学位は理学博士(東京大学・1958年)。東京大学名誉教授、財団法人日本科学技術振興財団会長、科学技術館館長、武蔵学園学園長、公立大学法人静岡文化芸術大学理事長(初代)。文化勲章受章者。
 61  東京大学  寺田寅彦Wikipedia
寺田 寅彦(てらだ とらひこ、1878年(明治11年)11月28日 - 1935年(昭和10年)12月31日)は、戦前の日本の物理学者、随筆家、俳人であり吉村冬彦(大正11年から使用)、寅日子、牛頓(“ニュートン”)、藪柑子(“やぶこうじ”)の筆名もある。高知県出身(出生地は東京市)。
 62  東京大学  磯崎新Wikipedia
磯崎 新(いそざき あらた、1931年(昭和6年)7月23日 - )は日本の建築家。一級建築士、アトリエ建築家。大分県大分市出身。父は実業家で俳人の磯崎操次。夫人は彫刻家の宮脇愛子。
 63  東京大学  荻原井泉水Wikipedia
荻原 井泉水(おぎわら せいせんすい、1884年(明治17年)6月16日 - 1976年(昭和51年)5月20日)は、日本の俳人。本名・幾太郎のち藤吉。
 64  東京大学  尾崎放哉Wikipedia
尾崎 放哉(おざき ほうさい、本名: 尾崎 秀雄(おざき ひでお)、1885年(明治18年)1月20日 - 1926年(大正15年)4月7日)は、日本の俳人。種田山頭火らと並び、自由律俳句の最も著名な俳人の一人である。
 65  東京大学  金子兜太Wikipedia
金子 兜太(かねこ とうた、1919年(大正8年)9月23日 - )は、日本の俳人。階級は海軍主計中尉。現代俳句協会名誉会長、日本芸術院会員、文化功労者。
 66  東京大学  木下順二Wikipedia
木下 順二(きのした じゅんじ、1914年(大正3年)8月2日 - 2006年(平成18年)10月30日)は、日本の劇作家、評論家。代表作に『夕鶴』がある。日本劇作家協会顧問。伯父は佐々醒雪(俳人、国文学者)。著名な進歩的文化人であった。
 67  東京大学  久米正雄Wikipedia
久米 正雄(くめ まさお、1891年(明治24年)11月23日 - 1952年(昭和27年)3月1日 )は、日本の小説家、劇作家、俳人。俳号は三汀(さんてい)。“微苦笑”という語の発明者として有名。永井龍男は義弟(永井の妻が、久米の妻の妹)。息子の久米昭二はNHKの演芸番組のディレクターとなり、女優音羽美子と結婚した。
 68  東京大学  笹川臨風Wikipedia
笹川 臨風(ささかわ りんぷう、1870年9月2日(明治3年8月7日) - 1949年(昭和24年)4月13日)は、歴史家、評論家、俳人。
 69  東京大学  富安風生Wikipedia
富安 風生(とみやす ふうせい、1885年(明治18年)4月16日 - 1979年(昭和54年)2月22日)は、日本の官僚、俳人。本名は謙次。
 70  東京大学  中村草田男Wikipedia
中村 草田男(なかむら くさたお、1901年(明治34年)7月24日 - 1983年(昭和58年)8月5日)は、日本の俳人。本名・中村 清一郎(なかむら せいいちろう)。
 71  東京大学  夏石番矢Wikipedia
夏石 番矢(なついし ばんや、1955年7月3日 - )は、兵庫県相生市生まれの俳人。明治大学法学部教授(専攻は比較文学)。本名:乾昌幸[1]。妻はやはり俳人の鎌倉佐弓。富士見市在住。20代より「俳句研究」「俳句評論」「未定」などで俳句・俳論を盛んに発表。代表句として「神々のあくびが桜を枯らすのか」など。多数の著書があり、句集では1冊ごとに新しいスタイルを試みる前衛俳人である。
 72  東京大学  長谷川櫂Wikipedia
長谷川 櫂(はせがわ かい、1954年2月20日 - )は、日本の俳人。
 73  東京大学  正岡子規Wikipedia
正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日(慶応3年9月17日) - 1902年(明治35年)9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。
 74  東京大学  水原秋桜子Wikipedia
水原 秋桜子(みずはら しゅうおうし、1892年(明治25年)10月9日 - 1981年(昭和56年)7月17日)は、日本の俳人、医学博士。水原秋櫻子とも表記する。本名は水原豊(みずはら ゆたか)。別号喜雨亭。
 75  東京大学  山口誓子Wikipedia
山口 誓子(やまぐち せいし、1901年(明治34年)11月3日 - 1994年(平成6年)3月26日)は京都府京都市出身の俳人。本名は山口新比古(やまぐち ちかひこ)。
 76  東京大学  山口青邨Wikipedia
山口 青邨(やまぐち せいそん、1892年5月10日 - 1988年12月15日)は、日本の俳人、鉱山学者。東京大学名誉教授。工学博士。本名は山口 吉朗( - きちろう)、初号は泥邨。


東京教育大学
 77  東京教育大学  森一郎Wikipedia
森 一郎(もり いちろう、1923年 - 1991年)は、日本の英語教師、俳人。奈良県立畝傍中学、東京文理科大学卒業。奈良女子高等師範学校附属高等女学校(現・奈良女子大学附属中等教育学校)英語科教諭、東京都立日比谷高等学校英語科教諭、関西学院大学教授、奈良産業大学教授、中央ゼミナール講師を歴任。


東京女子大学
 78  東京女子大学  黒田杏子Wikipedia
黒田 杏子(くろだ ももこ、1938年(昭和13年)8月10日 - )は、俳人。東京市本郷生まれ。父は開業医。1944年栃木県に疎開、高校卒業まで栃木県内で過ごす。東京女子大学入学と同時に俳句研究会「白塔会」に入り、山口青邨の指導を受け、青邨主宰の「夏草」に入会。同大学文理学部心理学科卒業後、博報堂に入社。テレビ、ラジオ局プランナー、雑誌『広告』編集長などを務め、瀬戸内寂聴、梅原猛、山口昌男など多数の著名文化人と親交を持つ。この間、10年ほど作句を中断。1970年、青邨に再入門。青邨没後、1990年俳誌「藍生」(あおい)を創刊、主宰。


東京理科大学
 79  東京理科大学  鹿島平堂Wikipedia
鹿島 平堂(かしま へいどう、元治元年(1864年) - 昭和19年(1944年))は日本の教育者、俳人。旧姓佐賀、本名昊(ひろし)。
 80  東京理科大学  唐沢隆三Wikipedia
唐沢 隆三(からさわ りゅうぞう、1918年5月4日 - 2011年5月6日)は、社会運動研究者・俳人・自由律俳句研究者・作家。「唐沢柳三」の筆名も使用する。石川三四郎に師事する。 長野県に生まれる。滋野尋常高等小学校、長野県上田中学校(現・長野県上田高等学校)、純真学園、東京物理学校(現・東京理科大学)を経て、北海道帝国大学理学部数学科(現・北海道大学)を卒業。同大学応用電気研究所に勤務。同研究所を退職後、東京に移住し、東京都立桜町高等学校、東京都立北高等学校ほか都立高校の教員を務めた。 出版のためにソオル社を興し、書籍の編集・発行もおこなった。


同志社大学
 81  同志社大学  間村俊一Wikipedia
間村 俊一(まむら しゅんいち、1954年 - )は、日本の装丁家、俳人である。


東北大学
 82  東北大学  倉田主税Wikipedia
倉田 主税(くらた ちから、1886年3月1日 - 1969年12月25日)は、日本の実業家。株式会社日立製作所元社長・会長。弟には俳人の神崎縷々、三井鉱山社長を務めた倉田興人がいる。
 83  東北大学  河東碧梧桐Wikipedia
河東碧梧桐(かわひがし へきごとう、1873年(明治6年)2月26日 - 1937年(昭和12年)2月1日)は、日本の俳人・随筆家。本名は秉五郎(へいごろう)。
 84  東北大学  高浜虚子Wikipedia
高浜 虚子(たかはま きょし、旧字体:高濱 虛子、1874年(明治7年)2月22日 - 1959年(昭和34年)4月8日)は明治・昭和期の俳人・小説家。本名は高浜 清(たかはま きよし、旧字体:高濱 淸)。


東洋大学
 85  東洋大学  長嶋有Wikipedia
長嶋 有(ながしま ゆう、1972年9月30日 - )は日本の小説家である。ネット・コラムニスト「ブルボン小林」、俳人「長嶋肩甲」[1]としても活動している。俳誌「恒信風」所属。
 86  東洋大学  鴇田智哉Wikipedia
鴇田 智哉(ときた ともや、1969年5月21日 - )は俳人。千葉県木更津市生まれ。上智大学文学部哲学科卒業、東洋大学大学院博士前期課程修了。1996年、「魚座」に入会、今井杏太郎に師事。2001年、「かなしみのあと」で第16回俳句研究賞受賞。2005年、第一句集『こゑふたつ』刊行、同句集で第29回俳人協会新人賞受賞。2006年、「魚座」終刊に伴い鳥居三朗の「雲」入会。現在「雲」編集長。「水入れてコップの水の冬めける」「畳から秋の草へとつづく家」「人参を並べておけば分かるなり」など、師である今井杏太郎の恬淡とした句風を受け継ぎつつ、現実のパースペクティブを狂わせるような独特の作品を発表している。また2009年より、角川書店の雑誌『俳句』での座談会をきっかけに、同年代の俳人榮猿丸、関悦史とともに俳句ユニット「SST」を結成、3人による合作の発表なども行っている。
 87  東洋大学  鈴木太郎Wikipedia
鈴木 太郎(すずき たろう、1942年12月22日 - )は俳人。俳誌「雲取」主宰。本名は宏。
 88  東洋大学  澤好摩Wikipedia
澤 好摩(さわ こうま、1944年5月22日 - )は、俳人。東京都城東区(現江東区)生まれ。1963年、東洋大学在学中に俳句研究会に参加。翌年に坪内稔典らと全国学生俳句連盟を結成。「いたどり」「青玄」「草苑」を経て1968年に坪内稔典、攝津幸彦らと同人誌「日時計」創刊(1974年終刊)。1971年、折笠美秋の誘いで「俳句評論」に参加し高柳重信に師事。また「俳句研究」編集に携わる。1973年、「俳句研究」第1回五十句競作にて佳作第一席。1978年、夏石番矢、林桂らと同人誌「未定」を創刊(1990年退会)。1991年「円錐」創刊、編集発行人を務める。句集に『最後の走者』『印象』『風影』『光源』、共著に『俳句の現在』『昭和俳句選集』『現代俳句論叢』他。2014年句集『光源』により芸術選奨文部科学大臣賞受賞。


長崎大学
 89  長崎大学  真鍋儀十Wikipedia
真鍋 儀十(まなべ ぎじゅう、1891年(明治24年)9月16日 - 1982年(昭和57年)4月29日)は日本の政治家、俳人、文学研究家。松尾芭蕉の研究家として知られ、そのコレクションは江東区芭蕉記念館に寄付された。高浜虚子に師事、「ホトトギス」同人。俳号は蟻十。
 90  長崎大学  森澄雄Wikipedia
森 澄雄(もり すみお、1919年(大正8年)2月28日 - 2010年(平成22年)8月18日[1])は、日本の俳人。本名、森澄夫。


名古屋市立大学
 91  名古屋市立大学  木下夕爾Wikipedia
木下 夕爾(きのした ゆうじ、1914年10月27日 - 1965年8月4日)は、日本の詩人、俳人。本名・優二。広島県福山市御幸町に生まれる。広島県立府中中学(現・広島県立府中高等学校)を卒業後、1933年にいったんは第一早稲田高等学院文科(仏文科)に入学するが、家業を継ぐために転学。1938年に名古屋薬学専門学校(現・名古屋市立大学)を卒業し、広島で実家の薬局を営む。以後終生郷里を離れなかった。この間堀口大学に傾倒し影響を受けており、13歳のときには堀口の詩誌「若草」で特選を取っている。1940年、第一詩集『田舎の食卓』を刊行、第6回文芸汎論賞を受賞。1949年に誌誌「木靴」を創刊・主宰。以後の詩集に『生まれた家』(1940年)『笛を吹くひと』(1958年)など。日本詩人クラブ、日本現代詩人会に所属。


奈良女子大学
 92  奈良女子大学  山西雅子Wikipedia
山西 雅子(やまにし まさこ、1960年3月29日 - )は俳人。舞俳句会主宰。


新潟大学
 93  新潟大学  林桂Wikipedia
林桂(はやし けい、1953年4月8日 - )は、俳人。本名・政美。群馬県利根郡生。新潟大学法文学部卒。中学時代より作句、高校時代「歯車」「寒雷」に入会。高柳重信選の『俳句研究』50句競作に登場し注目される。1978年、澤好摩、夏石番矢らと「未定」創刊。1998年、「吟遊」創刊に参加。2001年、水野眞由美らと「鬣TATEGAMI」創刊。


二松學舍大学
 94  二松學舍大学  関悦史Wikipedia
関 悦史(せき えつし、1969年(昭和44年)9月21日 - )は、俳人。茨城県土浦市出身。二松学舎大学文学部国文科卒。吉岡実の散文で富澤赤黄男、永田耕衣、高柳重信を知ったことから現代俳句に触れ、数年後、20代半ばより病中の気散じに作句をはじめる。2002年、すべて漢字・カタカナで記した作品「マクデブルクの館」100句[1]により第一回芝不器男俳句新人賞城戸朱理奨励賞を受賞。また俳句評論家としても活動し、2008年、「全体と全体以外―安井浩司的膠着について―」[2]で現代俳句評論賞佳作。 2009年、「天使としての空間―田中裕明的媒介性について―」[3]で俳句界評論賞受賞、「他界のない供犠―三橋鷹女的迷宮について」[4]で再び現代俳句評論賞佳作。2009年より「豈」同人。同年、若手俳人アンソロジー『新撰21』に入集。2010年、角川書店の雑誌『俳句』での座談会をきっかけにして、同年代の俳人榮猿丸、鴇田智哉と俳句ユニット「SST」を結成。


日本大学
 95  日本大学  八木健Wikipedia
八木 健(やぎ・けん/やぎ・たけし、1940年2月19日 - )は、俳人で、元NHKアナウンサー。


日本歯科大学
 96  日本歯科大学  西東三鬼Wikipedia
西東 三鬼(さいとう さんき、1900年(明治33年)5月15日 - 1962年(昭和37年)4月1日)は俳人。本名・斎藤敬直(さいとう けいちょく)。


一橋大学
 97  一橋大学  小島慶三Wikipedia
小島 慶三(こじま けいぞう、1917年(大正6年)3月11日 - 2008年(平成20年)8月30日[1])は、日本のエコノミスト、思想家、教育者、実業家、官僚、政治家、俳人。参議院議員(1期)[1]。
 98  一橋大学  菅礼之助Wikipedia
菅 礼之助(すが れいのすけ、1883年11月25日 - 1971年2月18日)は日本の実業家、俳人[1][2]。秋田県生まれ。旧制秋田中学、日本中学(現:日本学園)、東京高等商業学校(現:一橋大学)出身。古河鉱業を経て、石炭庁長官、同和鉱業(現DOWAホールディング)会長、昭和鉱業(現昭和KDE)会長、東京電力会長、経済団体連合会(現日本経済団体連合会)評議会議長等を務めた。1970年勲一等瑞宝章、[1971年]従三位勲一等。第九代、十代、十三代如水会会長。初代日本相撲協会運営審議会会長。俳人としては裸馬と号し、俳誌「同人」を主宰した[2]。
 99  一橋大学  京極杜藻Wikipedia
京極 杜藻(きょうごく とそう、明治27年(1894年)4月1日 - 昭和60年(1985年))は、日本の俳人、実業家。元京極運輸商事会長。旧姓桶谷。本名友助。
 100  一橋大学  筑紫磐井Wikipedia
筑紫 磐井(つくし ばんせい、1950年1月14日 - )は東京都生まれの俳人、評論家。同人誌「豈」(あに)発行人。本名は國谷実。


広島大学
 101  広島大学  金子金治郎Wikipedia
金子 金治郎(かねこ きんじろう、1907年2月2日 - 1999年5月31日)は、日本の国文学者、広島大学名誉教授。長野県諏訪市出身。広島文理科大学卒業。広島大学助教授、教授。文学博士、1968年「菟玖波集の研究」で学士院賞受賞。1970年、定年退官、名誉教授、立正女子大学教授、東海大学教授。中世国文学、連歌史専攻。ホトトギス系の俳人でもある。
 102  広島大学  岡路市郎Wikipedia
岡路 市郎(おかじ いちろう、1913年(大正2年) - )は、日本の心理学者・俳人。専門は、教育心理学。元・北海道教育大学学長。


福岡教育大学
 103  福岡教育大学  竹下しづの女Wikipedia
竹下しづの女(たけした しづのじょ、1887年3月19日-1951年8月3日)は、日本の俳人。本名は静廼(シズノ)。 福岡県京都郡稗田村(現行橋市)出身。福岡女子師範学校(後の福岡教育大学)卒業後、6年間の教員生活を経て結婚。2男3女を儲ける。育児の傍ら本格的に句作を始め、吉岡禅寺洞・高浜虚子に師事。虚子が主催する「ホトトギス」の巻頭を飾るなど、中央の俳壇でも認められるようになり、杉田久女・長谷川かな女らとともに女流黄金時代をつくった。1928年「ホトトギス」同人。理知的な手法で、女性の自我や自立を詠った作品が多い。代表句として「短夜や乳ぜり泣く児を須可捨焉(すてつちまおか)」が知られる。1937年には学生俳句連盟の結成にあたり機関誌「成層圏」を創刊、その後参加した中村草田男とともに指導にあたり、香西照雄、金子兜太ら後進を育てた。また没年まで九大俳句会を指導している。


福島大学
 104  福島大学  村川透Wikipedia
村川 透(むらかわ とおる、本名:高橋-(たかはし-)、旧姓:村川、1937年3月22日 - )は、日本の映画監督・音楽家。別名:山形 透。山形県村山市出身。福島大学経済学部卒業。上野国館林藩里正の血筋で、江戸前期に活躍した俳人・村川素英の子孫にあたる。


法政大学
 105  法政大学  渡辺香墨Wikipedia
渡辺 香墨(わたなべ こうぼく、1866年(慶應2年5月27日) - 1912年(大正元年)12月28日)は、日本の法律家、俳人。正岡子規の門人、台湾俳壇の基礎を作った一人。本名は助次郎(すけじろう)。
 106  法政大学  臼田亞浪Wikipedia
臼田 亞浪(うすだ あろう、1879年(明治12年)2月1日 - 1951年(昭和26年)11月11日)は日本の俳人。本名は臼田卯一郎(ういちろう)。
 107  法政大学  高屋窓秋Wikipedia
高屋 窓秋(たかや そうしゅう、1910年2月14日 - 1999年1月1日)は、俳人。本名正国(まさくに)。従来の写生主義、花鳥諷詠の俳句から離れた句作を行い、昭和初期の新興俳句運動に大きな影響を与えた。代表句に「頭の中で白い夏野となつている」「ちるさくら海あをければ海へちる」「山鳩よみればまはりに雪がふる」など。


北海道大学
 108  北海道大学  唐沢隆三Wikipedia
唐沢 隆三(からさわ りゅうぞう、1918年5月4日 - 2011年5月6日)は、社会運動研究者・俳人・自由律俳句研究者・作家。「唐沢柳三」の筆名も使用する。石川三四郎に師事する。 長野県に生まれる。滋野尋常高等小学校、長野県上田中学校(現・長野県上田高等学校)、純真学園、東京物理学校(現・東京理科大学)を経て、北海道帝国大学理学部数学科(現・北海道大学)を卒業。同大学応用電気研究所に勤務。同研究所を退職後、東京に移住し、東京都立桜町高等学校、東京都立北高等学校ほか都立高校の教員を務めた。 出版のためにソオル社を興し、書籍の編集・発行もおこなった。


武庫川女子大学
 109  武庫川女子大学  宇多喜代子Wikipedia
宇多 喜代子(うだ きよこ、1935年(昭和10年)10月15日 - )は俳人。


武蔵野美術大学
 110  武蔵野美術大学  大木あまりWikipedia
大木 あまり(おおき ―、1941年6月1日 - )は、俳人。本名は章栄(ふみえ)。東京都目白に生まれる。詩人の大木惇夫の三女で、姉は藤井康栄(北九州市立松本清張記念館館長)と宮田毬栄(編集者・エッセイスト)。頌栄女子学院高等学校、武蔵野美術大学洋画科卒。


明治大学
 111  明治大学  真鍋儀十Wikipedia
真鍋 儀十(まなべ ぎじゅう、1891年(明治24年)9月16日 - 1982年(昭和57年)4月29日)は日本の政治家、俳人、文学研究家。松尾芭蕉の研究家として知られ、そのコレクションは江東区芭蕉記念館に寄付された。高浜虚子に師事、「ホトトギス」同人。俳号は蟻十。
 112  明治大学  秋元近史Wikipedia
秋元 近史(あきもと ちかし、1932年 - 1982年)は日本テレビ放送網の元ディレクター・プロデューサー。井原高忠の下で日本テレビ草創期からバラエティ番組作りに関わり、『シャボン玉ホリデー』などの演出を手がけた。父は俳人の秋元不死男、叔母は劇作家の秋元松代。
 113  明治大学  村上鬼城Wikipedia
村上 鬼城(むらかみ きじょう、1865年6月10日(慶応元年5月17日) - 1938年(昭和13年)9月17日)は日本の俳人、司法代書人。本名は村上 荘太郎(むらかみ しょうたろう)。
 114  明治大学  臼田亞浪Wikipedia
臼田 亞浪(うすだ あろう、1879年(明治12年)2月1日 - 1951年(昭和26年)11月11日)は日本の俳人。本名は臼田卯一郎(ういちろう)。
 115  明治大学  石田波郷Wikipedia
石田 波郷(いしだ はきょう、1913年(大正2年)3月18日 - 1969年(昭和44年)11月21日)は、昭和期の俳人。本名は哲大(てつお)。正岡子規、高浜虚子を生んだ近代俳句発祥の地、愛媛県温泉郡垣生村(はぶむら)(現・松山市西垣生)に生まれた。明治大学文芸科中退。戦後の俳壇を先導し、俳句文学に大きな功績を残した。長男の石田修大は日本経済新聞社の元論説委員で、現在は流通経済大学法学部教授。日本経済新聞では「私の履歴書」の担当記者でもあった。また伝記や句集を編んだ俳人の友人に村山古郷や楠本憲吉がいる。
 116  明治大学  寺井谷子Wikipedia
寺井 谷子(てらい たにこ、1944年(昭和19年)1月2日 - )は、俳人。横山白虹・房子の四女として福岡県小倉市(現・北九州市)に生まれる。明治大学文学部を卒業(演劇学専攻)。俳句は10歳からはじめ、1966年より父の俳誌「自鳴鐘」の編集に携わる。1984年より同誌編集人。副主宰を経て2007年より「自鳴鐘」主宰。1992年、第39回現代俳句協会賞、北九州市民文化賞を受賞。2002年よりNHK俳壇選者。現代俳句協会副会長、日本文藝家協会会員。句集に『笑窪』『以為』『街・物語』『母の家』など。
 117  明治大学  吉田菊次郎Wikipedia
吉田 菊次郎(よしだ きくじろう、1944年 - )は、東京都出身のパティシエ、ブールミッシュ創業者[1][2]。俳人としては吉田南舟子と名乗る[2]。


明治学院大学
 118  明治学院大学  今井聖Wikipedia
今井 聖(いまい せい、1950年10月12日 - )は、俳人、脚本家。本名:今井邦博(くにひろ)。新潟県生まれ、鳥取県育ち。米子市立第四中学校、鳥取県立米子東高等学校を経て、明治学院大学経済学部・文学部卒業。のち横浜高校教諭を務めていた。
 119  明治学院大学  五十嵐秀彦Wikipedia
五十嵐 秀彦(いがらし ひでひこ、1956年3月12日 - )は、俳人。北海道帯広市生まれ。札幌市在住。現代俳句協会、俳人協会会員。漫画家の田島ハルは次女[1]。


山形大学
 120  山形大学  齋藤慎爾Wikipedia
齋藤 愼爾(さいとう しんじ、1939年8月25日 - )は日本の俳人、編集者、文芸評論家。朝鮮京城府(現・韓国ソウル市)生まれ。1946年、山形県の飛島に移住。高校時代より句作を開始。1955年、秋沢猛、秋元不死男に師事し、秋本主宰の「氷海」に投句。1959年氷海賞受賞。「孤島の寺山修司」と称されたが、翌年より20年以上の間句作を中断した。


山口大学
 121  山口大学  鈴木六林男Wikipedia
鈴木 六林男(すずき むりお、1919年9月28日 - 2004年12月12日)は、俳人。本名・次郎。大阪府泉北郡山滝村(現岸和田市)生。山口高等商業学校(現・山口大学)中退。初学時代は「串柿」に投句し永田耕衣、加藤滋の選を受ける。学生時代に同人誌「螺線」を創刊、「蠍座」「京大俳句」「自鳴鐘」に関わり西東三鬼に師事、新興俳句運動に参加した。


立教大学
 122  立教大学  平田佐矩Wikipedia
平田 佐矩(ひらた すけのり、1895年(明治28年)9月26日 - 1965年(昭和40年)12月6日)は、富田一色平田家の4代目当主。平田紡績の4代目社長。2代目平田佐次郎の3男。三重県四日市市出身の政治家でもあり富洲原町会議員を経て第11代四日市市長となった。実業家(平田紡績社長)に加えて趣味として和歌や短歌を創作する歌人・俳句を創作する俳人などの文芸活動をする文化人でもある。四日市コンビナートを誘致して四日市市(四日市港周辺の臨海部)を重工業化させた功労者である反面、四日市ぜんそくを発生させた四日市公害の責任者でもある。
 123  立教大学  大高翔Wikipedia
大高 翔(おおたか しょう、1977年7月13日 - )は日本の女性俳人。「藍花」所属。徳島県阿南市出身。徳島県立城東高等学校、立教大学文学部卒業。大高翔はペンネーム。


立命館大学
 124  立命館大学  坪内稔典Wikipedia
坪内 稔典(つぼうち としのり、俳号ではねんてん、1944年4月22日 - )は、日本の俳人。佛教大学教授、京都教育大学名誉教授。「船団の会」代表。研究者としての専門は日本近代文学で、特に正岡子規に関する著作・論考が多い。


龍谷大学
 125  龍谷大学  河原枇杷男Wikipedia
河原 枇杷男(かわはら びわお、1930年4月28日)は、俳人。本名は田中 良人(たなか よしひと)。兵庫県宝塚市に生まれる。龍谷大学文学部卒。1954年より永田耕衣に師事し「琴座」同人、1958年に高柳重信の「俳句評論」創刊に参加。1984年「序曲」を創刊・主宰(1989年まで)。第3回俳句評論賞、第2回鬣TATEGAMI俳句賞、第4回正岡子規国際俳句賞を受賞。また西宮市大谷記念美術館事務局長などを歴任。代表句に「野菊まで行くに四五人斃れけり」「身のなかのまつ暗がりの螢狩り」「或る闇は蟲の形をして哭けり」など。存在論的な深みを持つ幻想的な句風。句集に『烏宙論』『流潅頂』『蝶座』などがある。
 126  龍谷大学  篠原温亭Wikipedia
篠原 温亭(しのはら おんてい、1872年3月9日(明治5年2月1日) - 1926年(大正15年)9月2日)は、俳人、小説家。
 127  龍谷大学  西川徹郎Wikipedia
西川 徹郎(にしかわ てつろう 1947年9月29日 - )は、北海道芦別市生まれの俳人、文芸評論家。浄土真宗本願寺派正信寺住職。龍谷大学中退。本名は徹真。


和光大学
 128  和光大学  水野眞由美Wikipedia
水野眞由美(みずの まゆみ、1957年 - )は、群馬県前橋市出身の俳人。和光大学人文学部卒業。前橋市にて古書店「山猫館書房」を経営しながら句作活動を行う。1985年より金子兜太に師事。「俳句空間」新人賞準賞、海程新人賞などを受賞。2001年、句集「陸封譚」で第6回中新田俳句大賞を受賞。女性ならではのみずみずしい感性を生かした作風で注目される。現在、「海程」同人・「鬣-TATEGAMI」編集人。朝日新聞群馬版・上毛俳壇選者。エッセイ集「猫も歩けば」、評論集「現代の俳人101」(共著)などの著書もある。


早稲田大学
 129  早稲田大学  倉阪鬼一郎Wikipedia
倉阪 鬼一郎(くらさか きいちろう、1960年1月28日 – )は、小説家、評論家、俳人、翻訳家。三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。三重県立上野高等学校、早稲田大学第一文学部文芸科卒業。早稲田大学大学院日本文学専攻中退。環境経済学者の倉阪秀史は実弟。名字を「倉坂」と誤記されることが多い。
 130  早稲田大学  多田裕計Wikipedia
多田 裕計(ただ ゆうけい、1912年8月18日 - 1980年7月8日)は、日本の小説家・俳人。福井県福井市出身。
 131  早稲田大学  横光利一Wikipedia
横光 利一(よこみつ りいち、1898年(明治31年)3月17日 - 1947年(昭和22年)12月30日)は、日本の小説家・俳人・評論家である。本名は横光利一(としかず)[4]。
 132  早稲田大学  飯田蛇笏Wikipedia
飯田 蛇笏(いいだ だこつ、1885年(明治18年)4月26日 - 1962年(昭和37年)10月3日)は、日本の俳人。本名、飯田武治(いいだ たけはる)。別号に山廬(さんろ)。
 133  早稲田大学  海野厚Wikipedia
海野 厚(うんの あつし、1896年8月12日 - 1925年5月20日)は、童謡作家、俳人。本名は厚一(こういち)。俳号は長頸子(ちょうけいし)。
 134  早稲田大学  嶋田青峰Wikipedia
嶋田 青峰(しまだ せいほう、1882年3月8日 - 1944年5月31日)は、日本の俳人・翻訳家・新聞記者・教員。三重県答志郡[注 1]的矢村(現在の三重県志摩市磯部町的矢)出身。本名は賢平。姓の「しまだ」は「嶋田」と書くのが正式であるが、一般に「島田」の表記も用いられる[1]。俳号の青峰は、故郷の山・青峰山(あおのみねさん、標高336m)に由来する[2]。
 135  早稲田大学  嶋田洋一Wikipedia
嶋田 洋一(しまだ よういち、1913年 - 1979年)は日本の俳人。東京府東京市生まれ。父の嶋田青峰、叔父の嶋田的浦も俳人である。
 136  早稲田大学  高柳克弘Wikipedia
高柳 克弘(たかやなぎ かつひろ、1980年 - )は、俳人。静岡県浜松市生まれ。妻は俳人の神野紗希。静岡県立浜松北高等学校から早稲田大学第一文学部ロシア文学専修に進学し、早稲田大学俳句研究会に入会[1]。その後、同大学院教育学研究科にて、堀切実のもと松尾芭蕉を研究する。2002年、結社「鷹」に入会、藤田湘子に師事。2004年、「息吹」により第19回俳句研究賞を最年少で受賞。2005年、湘子の死去により、新主宰小川軽舟の下25歳の若さで「鷹」編集長に就任。2008年、『凛然たる青春』により第22回俳人協会評論新人賞受賞。2009年、第一句集『未踏』刊行。2010年、同句集で第1回田中裕明賞受賞。「ことごとく未踏なりけり冬の星」、「つまみたる夏蝶トランプの厚さ」、「木犀や同棲二年目の畳」などの句がよく知られている。俳人協会、日本文藝家協会会員。読売新聞夕刊「KODOMO俳句」選者。
 137  早稲田大学  高柳重信Wikipedia
高柳 重信(たかやなぎ じゅうしん、1923年1月9日 - 1983年7月8日)は俳人。本名は高柳重信(しげのぶ)、俳人としては「じゅうしん」を自称した。3行ないし4行書きの多行書きの俳句を提唱、実践し、金子兜太らとともに「前衛俳句」の旗手となった。歌人の高柳蕗子は実子。俳人中村苑子と事実婚(内縁関係)にあった。
 138  早稲田大学  種田山頭火Wikipedia
種田 山頭火(たねだ さんとうか、1882年(明治15年)12月3日 - 1940年(昭和15年)10月11日)は、戦前日本の俳人。よく山頭火と呼ばれる。自由律俳句のもっとも著名な俳人の一人。1925年に熊本市の曹洞宗報恩寺で出家得度して耕畝(こうほ)と改名。本名・種田正一。
 139  早稲田大学  中塚一碧楼Wikipedia
中塚一碧楼(なかつか いっぺきろう、1887年(明治20年)9月24日 - 1946年(昭和21年)12月31日)は、日本の俳人。本名・直三(なおぞう)。俳号は他に一碧(いっぺき)。
 140  早稲田大学  宮部寸七翁Wikipedia
宮部 寸七翁(みやべ すなお、1887年1月12日 - 1926年1月30日)は、俳人、ジャーナリスト。
 141  早稲田大学  小沢昭一Wikipedia
小沢 昭一(おざわ しょういち、本名:小澤 昭一(読み同じ)、1929年(昭和4年)4月6日 - 2012年(平成24年)12月10日)は日本の俳優、タレント、俳人、エッセイスト、芸能研究者、元放送大学客員教授。日本新劇俳優協会会長。俳号は小沢 変哲。劇団「しゃぼん玉座」主宰。見世物学会顧問。
 142  早稲田大学  浅井慎平Wikipedia
浅井 慎平(あさい しんぺい、本名: 浅井 愼平、1937年7月1日 - )は、日本の写真家、俳人である。海岸美術館館長、大阪芸術大学大学院教授。芸能事務所三桂所属。


駒澤大学
 143  駒澤大学  喜谷六花Wikipedia
喜谷 六花(きたに りっか、1877年(明治10年)7月12日 - 1968年(昭和43年)12月20日)は、東京都出身の日本の俳人。曹洞宗華嶽山梅林寺住職、28世慈門良哉大和尚、曹洞宗権大教師。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編



スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)