職業別の有名人出身大学 >水球の大学別有名人

このサイトに登録されている有名人の数:34,736人
このサイトに登録されている「水球」の有名人の数:14:人



スポンサーリンク




筑波大学
 1   筑波大学  保田賢也Wikipedia
保田 賢也(やすだ けんや、1989年3月29日(27歳) - )は水球選手。ポジションはドライバー。 身長182cm、体重77kg。リオデジャネイロオリンピック出場。


筑波大学
 2  筑波大学  志水祐介Wikipedia未登録
今年は凄い充実してるぞ…!!!五郎丸選手の次にやってきたスーパーセクシーボディーアスリート水球の志水祐介選手!!!はあ…タイプ!!!(Twitterより引用)。リオデジャネイロオリンピック出場。
 3  筑波大学  棚村克行Wikipedia未登録
スキンヘッド と 4cmものあごひげ をたくわえ、好セーブを連発する ポセイドン・ジャパンの守護神。1989年、里帰り出産で母・京子さん(57)の故郷石垣島で生まれた。小学生のころ夏休みは決まって島の祖父母宅で過ごした。社会人になった今も、年1度は必ず訪れているという。高校で競技引退も考えたが、早大法学部教授の父・政行さん(62)の「逃げるのか」の一言で競技続行を決意。進学した筑波大で当時、本場の欧州リーグで活躍していた「ミスター水球」こと青柳勧氏との出会いが転機になった。。リオデジャネイロオリンピック出場。
 4  筑波大学  青柳勧Wikipedia
青柳 勧(あおやぎ かん、1980年8月19日 - )は、京都府出身の水球選手である。愛称は「皇帝」


日本大学
 5  日本大学  矢島秀三Wikipedia
矢島 秀三(やじま しゅうぞう、1946年11月27日[1] - 2006年11月18日)は、新潟県柏崎市出身の水球選手。


日本体育大学
 6  日本体育大学  荒井陸Wikipedia未登録
荒井 陸(あらい・あつし)1994年2月3日、川崎市生まれ。22歳。兄の影響で小3から水球を始めた。秀明英光高―日体大。所属は全日体大。今春、(株)プラザハウスに就職し「合宿がない時は住宅展示場で案内役をしています」。ポジションはサイドでボールを運ぶ「ドライバー」。165センチ、63キロ。“世界一小さい水球選手”。水中の格闘技と呼ばれ、海外選手は2メートル近い大男が多い中、荒井陸(あつし、22)=全日体大=は165センチの体で戦ってきた。「トップ選手にギャフンと言わせたい」という目標のため、磨いてきた技で世界と勝負する。リオデジャネイロオリンピック出場。
 7  日本体育大学  飯田純士Wikipedia未登録
小学3年で水球を始め、青森商業高校、日体大へと進学し、いまや1日1万メートルを泳ぐというハードな練習量をこなしている。日本代表に初めて選ばれたのは、2014年。それまで日本チームはセンターバック、センターフォワード、ゴールキーパーのいわゆるセンターラインが小さいのが弱点だったため、181㎝の飯田に白羽の矢が立った。飯田がセンターバックに定着したおかげで他の選手が攻撃に回ることができ、チームの機動力は格段に上がったといえよう。肩の強さはチームでもトップクラスで、体格が大きい選手にも食らいつく力強さがある。「水中の格闘技」ともいわれる水球の見どころの一つがセンターフォワードとのせめぎ合いだが、外国人選手とがっぷり組む姿に注目したい。リオデジャネイロオリンピック出場。
 8  日本体育大学  柳瀬彰良Wikipedia未登録
両親ともに日体大の競泳出身、2歳上の兄も水球の元日本代表という水泳一家。191㎝と日本チームで一番の長身プレーヤー。力強い豪快なプレーが持ち味で、ゴール前にいるだけで周りのディフェンスが引きつけられるほどの存在感がある。センターフォワードは泳ぎの苦手な選手が多いが、柳瀬の泳力は高く、スピードとスタミナは他のフォワード選手と比較しても引けをとらない。そのため、カウンターアタックにも参加することができるという点が最大の強み。高さがあるので、退水の攻撃ではポストプレーも大きな武器となる。調子がよい時は続けざまに2点、3点とセンターから叩き込んでくる爆発力あふれるプレーに注目したい。リオデジャネイロオリンピック出場。
 9  日本体育大学  竹井昂司Wikipedia
竹井 昴司(たけい こうじ、1990年7月30日 - )は、ハンガリーのプロチームHonvedにてプレーをしている水球選手である。リオデジャネイロオリンピック出場。
 10  日本体育大学  志賀光明Wikipedia未登録
母親は元日体大の競泳キャプテン、兄は元日体大の水球キャプテンで、日本代表として世界選手権に出場したこともある水泳一家。小学生の頃から母親が指導していた水球の少年チームで基礎を叩き込まれ、水球の強豪である前橋商業高校、日体大へと進学。厳しいトレーニングが日常という環境の中で育ったため、スピード、スタミナ、メンタル面の強さは誰にも負けない。リオデジャネイロオリンピック出場。
 11  日本体育大学  大川慶悟Wikipedia未登録
中学生の頃は競泳を主に行っていたが、中学3年の時、秀明英光高校の加藤英雄監督(現・女子日本代表監督)のところへ練習に行って才能を見いだされて、水球を本格的にスタート。競泳をしていただけに、スピードがあり、秀明英光高校、日体大へと進学後、大学1年生の時から中心的プレーヤーとして活躍する。卒業後は3年間、日体大の助手として勤務し、現在は母校の秀明英光高校教員として競技を続けている。リオデジャネイロオリンピック出場。
 12  日本体育大学  上安久子Wikipedia
上安 久子(うえやす ひさこ、現姓:藤原(ふじわら)[1])は、日本の元水球選手。京都府出身。夫は水球女子日本代表監督の藤原秀規[1]。


早稲田大学
 13  早稲田大学  筈井翔太Wikipedia未登録
私は早大在学中に日本代表に選ばれ、卒業後はスロバキア、イタリア、ハンガリーの各プロリーグに参加しながら水球を続けてきました。ロンドンオリンピック予選では出場権を逃し、とても悔しい思いをしたものの、その悔しさを味わったからこそ今回のリオデジャネイロオリンピックに向けて頑張れたと思います。今回選ばれているポセイドンジャパン(水球日本代表)では最年長でもあるので、チームを客観的に見てアドバイスをしたり、悪い流れのときは雰囲気を変えたりしながら、しっかりと最高の舞台を楽しみたいと考えています。(本人:リオへへむけて)。リオデジャネイロオリンピック出場。
 14  早稲田大学  藤田明Wikipedia
藤田 明(ふじた あきら、1908年1月1日 - 2001年5月29日)は、日本の水泳・水球選手。ロサンゼルス五輪(1932年)水球日本代表選手主将兼コーチ。元日本水泳連盟会長。実業家、元日本ゼオン専務、関東ゴム社長。早稲田大学商学部卒業。広島県広島市出身。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編



スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)