職業別の有名人出身大学 >登山家の大学別有名人

このサイトに登録されている有名人の数:34,736人
このサイトに登録されている「登山家」の有名人の数:30:人



スポンサーリンク




北海道大学
 1  北海道大学  三浦雄一郎Wikipedia
三浦 雄一郎(みうら ゆういちろう、1932年10月12日 - )は、青森県青森市生まれのプロスキーヤー及び登山家である。クラーク記念国際高等学校校長、全国森林レクリエーション協会会長、札幌市手稲区親善大使[1]。
 2  北海道大学  伊藤秀五郎Wikipedia
伊藤 秀五郎(いとう ひでごろう、1905年(明治38年)-1976年(昭和51年))は、日本の生物学者であり、登山家・アルピニスト・エスペランティストだった人物。専門は生物学・山岳文学論。元札幌静修短期大学学長。日本山岳会名誉会員


東北大学
 3  東北大学  小川登喜男Wikipedia
小川 登喜男(おがわ ときお、1908年 - 1949年)は、日本の登山家。東京都出身。


東京大学
 4  東京大学  小川登喜男Wikipedia
小川 登喜男(おがわ ときお、1908年 - 1949年)は、日本の登山家。東京都出身。


一橋大学
 5  一橋大学  浦松佐美太郎Wikipedia
浦松 佐美太郎(うらまつ さみたろう、1901年10月1日 - 1981年12月23日)は、日本のジャーナリスト・登山家・評論家。今日では本業のジャーナリストとしてよりも、登山家・山岳作家としての仕事で知られている。
 6  一橋大学  吉沢一郎Wikipedia
吉沢一郎(よしざわ いちろう 1903年 – 1998年)は、日本の登山家。一橋大学山岳部出身。1977年、吉沢が総指揮を取った日本登山隊はK2登頂を試みて成功し、これが世界で2番目のK2登頂成功例となった。望月達夫、深田久弥、諏訪多栄蔵らと共に日本のヒマラヤ研究の第一人者であった。英国山岳会会員でもある。[1]


名古屋大学
 7  名古屋大学  石岡繁雄Wikipedia
石岡繁雄(いしおか・しげお 1918年1月25日 - 2006年8月15日)。日本の登山家、岩稜会会長、日本山岳会東海支部名誉会員。


京都大学
 8  京都大学  松方三郎Wikipedia
松方 三郎(まつかた さぶろう、1899年(明治32年)8月1日 - 1973年(昭和48年)9月15日)は、日本の登山家、ジャーナリスト、実業家。ボーイスカウト日本連盟第6代総長。共同通信社専務理事、東京ロータリークラブ会長。従三位勲一等。松方家第3代当主。本名は義三郎[1]。筆名として「後藤信夫」(G.N.)など。


九州大学
 9  九州大学  緒方道彦Wikipedia
緒方 道彦(おがた みちひこ、1926年 - 2008年4月17日)は、日本の医学者、登山家、教育者。
 10  九州大学  田部井淳子Wikipedia
田部井 淳子(たべい じゅんこ、1939年9月22日 - )は、日本の登山家。女性として世界で初めて世界最高峰エベレストおよび七大陸最高峰への登頂に成功したことで知られる。福島県田村郡三春町出身、埼玉県川越市在住。


九州工業大学
 11  九州工業大学  栗秋正寿Wikipedia
栗秋 正寿(くりあき まさとし、1972年8月15日 - )は、日本の登山家。冬季アラスカ山脈登山の第一人者。冬季マッキンリー単独登頂(世界で4人目、史上最年少)、冬季フォレイカー単独登頂(世界初)、植村直己冒険賞受賞。「山の旅人」と自称。


首都大学東京
 12  首都大学東京  服部文祥Wikipedia
服部 文祥(はっとり ぶんしょう、旧姓・村田、1969年 - )は、日本の登山家。神奈川県横浜市出身。1994年、東京都立大学フランス文学科卒業。山岳雑誌『岳人』の記事連載を行った。


青森大学
 13  青森大学  野口健Wikipedia
野口 健(のぐち けん、1973年8月21日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市出身の日本人登山家。了徳寺大学客員教授。亜細亜大学国際関係学部卒業。


亜細亜大学
 14  亜細亜大学  野口健Wikipedia
野口 健(のぐち けん、1973年8月21日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市出身の日本人登山家。了徳寺大学客員教授。亜細亜大学国際関係学部卒業。


慶應義塾大学
 15  慶應義塾大学  槇有恒Wikipedia
槇 有恒(まき ゆうこう、「ありつね」とも、1894年(明治27年)2月5日 - 1989年(平成元年)5月2日)は、宮城県仙台市出身の日本の登山家。日本山岳会設立者・会長(2期)、日本山岳協会会長・名誉会員を歴任し、ヒマラヤの8,000m峰・マナスル第3次登頂隊長として日本隊のマナスル初登頂を成功させた。近代アルピニズムの開拓者・紹介者。位階は従四位。文化功労者、仙台市名誉市民。


拓殖大学
 16  拓殖大学  栗城史多Wikipedia
栗城 史多(くりき のぶかず、1982年6月9日 - )は、日本の登山家[1]、起業家。株式会社たお代表取締役。北海道瀬棚郡今金町出身[2]。北海道檜山北高等学校[3]、札幌国際大学人文社会学部社会学科卒業[4]。よしもとクリエイティブ・エージェンシーと2011年9月から業務提携[5][6]。


東海大学
 17  東海大学  小松由佳Wikipedia
小松 由佳(こまつ ゆか、1982年(昭和57年)9月22日 - )は、日本の登山家・写真家。


東京女子医科大学
 18  東京女子医科大学  今井通子Wikipedia
今井 通子(いまい みちこ、1942年2月1日 - )は、東京都出身の医師・登山家。女性初のアルプス三大北壁登攀に成功。東京女子医科大学泌尿器科非常勤講師。日本泌尿器科学会指導医・専門医。医学博士。


東京理科大学
 19  東京理科大学  岩崎元郎Wikipedia
岩崎 元郎(いわさき もとお、1945年 - )は、日本の登山家。登山教室「無名山塾」主宰。


明治大学
 20  明治大学  植村直己Wikipedia
植村 直己(うえむら なおみ、1941年(昭和16年)2月12日 - 1984年(昭和59年)2月13日?)は、日本の登山家、冒険家。兵庫県出身。1984年に国民栄誉賞を受賞。
 21  明治大学  吉沢一郎Wikipedia
吉沢一郎(よしざわ いちろう 1903年 – 1998年)は、日本の登山家。一橋大学山岳部出身。1977年、吉沢が総指揮を取った日本登山隊はK2登頂を試みて成功し、これが世界で2番目のK2登頂成功例となった。望月達夫、深田久弥、諏訪多栄蔵らと共に日本のヒマラヤ研究の第一人者であった。英国山岳会会員でもある。[1]
 22  明治大学  三谷統一郎Wikipedia
三谷 統一郎(みたに とういちろう、1956年 - 現在)、は日本の登山家。1978年明治大学農学部卒。
 23  明治大学  根深誠Wikipedia
根深 誠(ねぶか まこと、1947年 - )は、日本のルポライター、登山家。


立正大学
 24  立正大学  竹内洋岳Wikipedia
竹内 洋岳(たけうち ひろたか、1971年1月8日 - )は、日本の登山家で、世界で29人目で日本人初の8000メートル峰全14座の登頂者[1]。身長180cm、体重65kg。東京都出身。立正大学仏教学部卒業。株式会社ICI石井スポーツ所属。立正大学客員教授。


早稲田大学
 25  早稲田大学  麻生武治Wikipedia
麻生 武治(あそう たけはる、1899年11月21日 - 1993年5月30日)は日本のスキー選手、陸上競技選手、登山家。父親は日本銀行の理事であった[1]。
 26  早稲田大学  藤木九三Wikipedia
藤木九三(ふじき くぞう、1887年(明治20年)9月30日 - 1970年(昭和45年)12月11日)は、日本の登山家であり、ロック・クライミング・クラブの創設者である。


立命館大学
 27  立命館大学  内田嘉弘Wikipedia
内田 嘉弘(うちだ よしひろ、1937年 - )は、京都府京都市生まれの登山家。日本山岳会、日本ヒマラヤ協会、日本山岳文化学会、京都山友クラブ、京都府山岳連盟所属。


関西大学
 28  関西大学  奥田仁一Wikipedia
奥田 仁一(おくだ まさかつ、1966年9月13日 - )は、日本の登山家、山岳ガイド。


九州産業大学
 29  九州産業大学  渡辺大剛Wikipedia
渡辺 大剛(わたなべ はるひさ、1981年(昭和56年)8月25日[1] - 2012年(平成24年)12月26日[2])は、日本の冒険家、登山家である。22歳292日で達成した七大陸最高峰登頂は日本人最年少記録であり、現在世界第9位の最年少記録となっている[3]。


九州国際大学
 30  九州国際大学  山下健夫Wikipedia
山下健夫(やました たてお、1949年1月4日 - )は日本の登山家。福岡県北九州市出身。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編



スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)