このサイトに登録されている有名人の数:46,618人


スポンサーリンク


このサイトに登録されている「ノーベル賞受賞者」の有名人の数:26:人

青山学院大学
 1  ワンガリ・マータイWikipedia
ワンガリ・マータイ(Wangari Muta Maathai, 1940年4月1日 - 2011年9月25日)は、ケニア出身の女性環境保護活動家、政治家。ノーベル賞受賞者。
4月1日生まれの人      1940年生まれの人      

京都大学
 2  利根川進Wikipedia
"利根川 進(とねがわ すすむ、1939年9月5日 - )は、日本の生物学者。1987年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。現在、マサチューセッツ工科大学教授(生物学科、脳・認知科学科)を勤める他、ハワード・ヒューズ医学研究所研究員、理化学研究所脳科学総合研究センターセンター長、理研-MIT神経回路遺伝学研究センター長等も兼任。"ノーベル賞受賞者。
東京都立日比谷高等学校出身      全国の東京都立日比谷高等学校の出身者
9月5日生まれの人      1939年生まれの人      
 3  野依良治    兵庫県 出身Wikipedia
野依 良治(のより りょうじ、1938年9月3日[1] - )は、日本の化学者(有機化学)。学位は工学博士(京都大学・1967年)。2001年に「キラル触媒による不斉反応の研究」が評価されノーベル化学賞を受賞した。 独立行政法人理化学研究所理事長、名古屋大学特別教授、名城大学客員教授、高砂香料工業株式会社取締役。名古屋大学大学院理学研究科研究科長、理学部学部長、物質科学国際研究センターセンター長などを歴任した。日本学士院会員。ノーベル賞受賞者。
全国の兵庫県出身者
自由学園高等科出身      全国の自由学園高等科の出身者
9月3日生まれの人      1938年生まれの人      兵庫県出身の1938年生まれの人      
 4  赤崎勇Wikipedia
赤﨑 勇(あかさき いさむ、1929年1月30日 - )は、日本の工学者(化学工学)。学位は工学博士(名古屋大学)。名城大学大学院理工学研究科終身教授、名城大学窒化物半導体基盤技術研究センター長、名古屋大学特別教授・名誉教授、名古屋大学赤﨑記念研究センターリサーチ・フェロー、文化功労者。「赤﨑」の「﨑」は山偏に竒(いわゆる「たつさき」)であるが、JIS X 0208に収録されていない文字のため、赤崎 勇と表記されることも多い。ノーベル賞受賞者。
鹿児島県立甲南高等学校出身      全国の鹿児島県立甲南高等学校の出身者
1月30日生まれの人      1929年生まれの人      
 5  福井謙一    奈良県 出身Wikipedia
福井 謙一(ふくい けんいち、1918年10月4日 - 1998年1月9日)は、日本の化学者。京都大学・京都工芸繊維大学名誉教授。日本学士院会員、ローマ教皇庁科学アカデミー会員、全米科学アカデミー外国人客員会員。工学博士。奈良県奈良市出身(大和郡山市出身の説もある[2])。大阪市西成区育ち。ノーベル賞受賞者。
全国の奈良県出身者
大阪府立今宮高等学校出身      全国の大阪府立今宮高等学校の出身者
10月4日生まれの人      1918年生まれの人      奈良県出身の1918年生まれの人      
 6  湯川秀樹Wikipedia
湯川 秀樹(ゆかわ ひでき、1907年(明治40年)1月23日 - 1981年(昭和56年)9月8日)は、日本の理論物理学者。京都府京都市出身。ノーベル賞受賞者
京都府立洛北高等学校出身      全国の京都府立洛北高等学校の出身者
1月23日生まれの人      1907年生まれの人      
 7  朝永振一郎Wikipedia
朝永 振一郎(ともなが しんいちろう、1906年(明治39年)3月31日 - 1979年(昭和54年)7月8日)は、日本の物理学者。相対論的に共変でなかった場の量子論を超多時間論で共変な形にして場の演算子を形成し、場の量子論を一新した。超多時間論を元にくりこみ理論の手法を発明、量子電磁力学の発展に寄与した功績によって、ノーベル物理学賞を受賞した。東京生まれ、京都育ち。なお、朝永家自体は長崎県出身。ノーベル賞受賞者
京都府立洛北高等学校出身      全国の京都府立洛北高等学校の出身者
3月31日生まれの人      1906年生まれの人      

神戸大学
 8  山中伸弥    奈良県 出身Wikipedia
山中 伸弥(やまなか しんや、1962年(昭和37年)9月4日 - )は、日本の医学者。京都大学iPS細胞研究所所長・教授、日本学士院会員。1993年大阪市立大学大学院医学研究科修了。学位は博士(医学)。その他称号としては京都市名誉市民、東大阪市名誉市民など。カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上級研究員、奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授。文化勲章受章者。「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞した[1][2]。ノーベル賞受賞者。
全国の奈良県出身者
大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎出身      全国の大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎の出身者
9月4日生まれの人      1962年生まれの人      奈良県出身の1962年生まれの人      

埼玉大学
 9  梶田隆章    埼玉県 出身Wikipedia
梶田 隆章(かじた たかあき、1959年 - )は、日本の物理学者、天文学者である。東京大学宇宙線研究所教授。同研究所附属宇宙ニュートリノ観測情報融合センター長。埼玉県出身。専門はニュートリノ研究。ノーベル賞受賞者。
全国の埼玉県出身者
埼玉県立川越高等学校出身      全国の埼玉県立川越高等学校の出身者
1959年生まれの人      埼玉県出身の1959年生まれの人      

東京工業大学
 10  白川英樹    岐阜県 出身Wikipedia
白川 英樹(しらかわ ひでき、1936年8月20日 - )は、日本の化学者。東京工業大学工学博士、筑波大学名誉教授、日本学士院会員。「導電性高分子の発見と発展」により、ノーベル化学賞を受賞した。ノーベル賞受賞者。
全国の岐阜県出身者
岐阜県立飛騨高山高等学校出身      全国の岐阜県立飛騨高山高等学校の出身者
8月20日生まれの人      1936年生まれの人      岐阜県出身の1936年生まれの人      

東京大学
 11  大隅良典Wikipedia
大隅 良典(おおすみ よしのり、1945年2月9日 - )は、日本の生物学者(分子細胞生物学)。学位は理学博士(東京大学・1974年)。総合研究大学院大学名誉教授、基礎生物学研究所名誉教授、東京工業大学フロンティア研究機構特任教授・栄誉教授。ノーベル賞受賞者。
2月9日生まれの人      1945年生まれの人      
 12  大江健三郎    愛媛県 出身Wikipedia
大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年1月31日 - )は、日本の小説家、活動家。ノーベル賞受賞者。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立内子高等学校出身      全国の愛媛県立内子高等学校の出身者
1月31日生まれの人      1935年生まれの人      愛媛県出身の1935年生まれの人      
 13  根岸英一    神奈川県 出身Wikipedia
根岸 英一(ねぎし えいいち、1935年7月14日[1][2] - )は、日本の化学者。2010年、ノーベル化学賞受賞。パデュー大学特別教授 (H.C. Brown Distinguished Professor of Chemistry)。ノーベル賞受賞者。
全国の神奈川県出身者
神奈川県立湘南高等学校出身      全国の神奈川県立湘南高等学校の出身者
7月14日生まれの人      1935年生まれの人      神奈川県出身の1935年生まれの人      
 14  小柴昌俊    愛知県 出身Wikipedia
小柴 昌俊(こしば まさとし、1926年(大正15年)9月19日 - )は、日本の物理学者。1987年、自らが設計を指導・監督したカミオカンデによって史上初めて自然に発生したニュートリノの観測に成功したことにより、2002年にノーベル物理学賞を受賞した。日本学士院会員。ノーベル賞受賞者。
全国の愛知県出身者
神奈川県立横須賀高等学校出身      全国の神奈川県立横須賀高等学校の出身者
9月19日生まれの人      1926年生まれの人      愛知県出身の1926年生まれの人      
 15  江崎玲於奈    大阪府 出身Wikipedia
江崎 玲於奈(えさき れおな、男性、1925年3月12日 - )は、日本の物理学者である。国外においてはレオ・エサキ(Leo Esaki)の名で知られる。ノーベル賞受賞者
全国の大阪府出身者
同志社高等学校出身      全国の同志社高等学校の出身者
3月12日生まれの人      1925年生まれの人      大阪府出身の1925年生まれの人      
 16  南部陽一郎    福井県 出身Wikipedia
南部 陽一郎(なんぶ よういちろう、1921年1月18日 - )は、日本生まれのアメリカ人理論物理学者。シカゴ大学名誉教授、大阪市立大学名誉教授、立命館アジア太平洋大学アカデミック・アドバイザー。専門は素粒子理論。理学博士(東京大学 1952年)。ノーベル賞受賞者。
全国の福井県出身者
福井県立藤島高等学校出身      全国の福井県立藤島高等学校の出身者
1月18日生まれの人      1921年生まれの人      福井県出身の1921年生まれの人      
 17  佐藤栄作    山口県 出身Wikipedia
佐藤 栄作(さとう えいさく、旧字体:榮作、1901年(明治34年)3月27日 - 1975年(昭和50年)6月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。ノーベル賞受賞者
全国の山口県出身者
山口県立山口高等学校出身      全国の山口県立山口高等学校の出身者
3月27日生まれの人      1901年生まれの人      山口県出身の1901年生まれの人      
 18  川端康成Wikipedia
川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家。ノーベル賞受賞者。
大阪府立茨木高等学校出身      全国の大阪府立茨木高等学校の出身者
6月14日生まれの人      1899年生まれの人      

東北大学
 19  田中耕一    富山県 出身Wikipedia
田中 耕一(たなか こういち、1959年(昭和34年)8月3日 - )は、日本の化学者、エンジニア。東北大学名誉博士。ノーベル賞受賞者。
全国の富山県出身者
富山県立富山中部高等学校出身      全国の富山県立富山中部高等学校の出身者
8月3日生まれの人      1959年生まれの人      富山県出身の1959年生まれの人      



徳島大学
 20  中村修二    愛媛県 出身Wikipedia
中村 修二(なかむら しゅうじ、1954年(昭和29年)5月22日 - )は、日本出身でアメリカ国籍を取得した技術者、電子工学者[2][3][注 1]。学位は博士(工学)(徳島大学、1994年)[8]。2014年度ノーベル物理学賞受賞者[9]。ノーベル賞受賞者。
全国の愛媛県出身者
愛媛県立大洲高等学校出身      全国の愛媛県立大洲高等学校の出身者
5月22日生まれの人      1954年生まれの人      愛媛県出身の1954年生まれの人      

名古屋大学
 21  天野浩Wikipedia
天野 浩(あまの ひろし、1960年9月11日 - )は、日本の電子工学者。工学博士(名古屋大学)。専門は、半導体工学。名古屋大学大学院工学研究科教授、同大学赤﨑記念研究センター長、名城大学LED共同研究センター運営委員。ノーベル賞受賞者。
静岡県立浜松西高等学校出身      全国の静岡県立浜松西高等学校の出身者
9月11日生まれの人      1960年生まれの人      
 22  小林誠Wikipedia
小林 誠(こばやし まこと、1944年4月7日 - )は、日本の理論物理学者。素粒子理論を専門分野とし[1]、小林の名が付けられた「CKM行列(Cabibbo-Kobayashi-Maskawa matrix)」や「小林・益川理論」で知られる[2][3]。 ノーベル物理学賞、日本学士院賞受賞。文化功労者、文化勲章受章者。 名古屋大学の特別教授及び素粒子宇宙起源研究機構諮問委員会座長、高エネルギー加速器研究機構の特別栄誉教授、独立行政法人日本学術振興会の理事および学術システム研究センター所長、財団法人国際高等研究所のフェローを務める[4][5]。ノーベル賞受賞者。
愛知県立明和高等学校出身      全国の愛知県立明和高等学校の出身者
4月7日生まれの人      1944年生まれの人      
 23  益川敏英Wikipedia
益川 敏英(ますかわ としひで、1940年2月7日 - )は、日本の理論物理学者。専門は素粒子理論[1]。名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構長・特別教授、京都大学名誉教授、京都産業大学益川塾教授・塾頭。愛知県名古屋市出身。ノーベル賞受賞者。
名古屋市立向陽高等学校出身      全国の名古屋市立向陽高等学校の出身者
2月7日生まれの人      1940年生まれの人      
 24  下村脩Wikipedia
下村 脩(しもむら おさむ、1928年8月27日 - )は、生物学者(有機化学・海洋生物学)。学位は理学博士(名古屋大学、1960年)。ボストン大学名誉教授、ウッズホール海洋生物学研究所特別上席研究員、名古屋大学特別教授。ノーベル賞受賞者。
大阪府立住吉高等学校出身      全国の大阪府立住吉高等学校の出身者
8月27日生まれの人      1928年生まれの人      

北海道大学
 25  鈴木章    北海道 出身Wikipedia
鈴木 章(すずき あきら、1930年9月12日 - )は、日本の化学者。学位は理学博士。称号は北海道大学名誉教授、むかわ町特別名誉町民。日本学士院会員。北海道胆振総合振興局管内鵡川町(現むかわ町)出身。北海道江別市在住。1979年、芳香族化合物の合成法としてしばしば用いられる反応の一つである「鈴木・宮浦カップリング」を発表、金属のパラジウムを触媒として、炭素同士を効率よく繋げる画期的な合成法を編み出した[1]ことで2010年にノーベル化学賞を受賞した[2]。ノーベル賞受賞者。
全国の北海道出身者
北海道苫小牧東高等学校出身      全国の北海道苫小牧東高等学校の出身者

山梨大学
 26  大村智    山梨県 出身Wikipedia
大村 智(おおむら さとし、1935年7月12日 - )は、日本の天然物有機化学者。北里大学名誉教授。薬学博士(東京大学、1968年)。理学博士(東京理科大学、1970年)。山梨県韮崎市生まれ[1]。ノーベル賞受賞者。
全国の山梨県出身者
山梨県立韮崎高等学校出身      全国の山梨県立韮崎高等学校の出身者
7月12日生まれの人      1935年生まれの人      山梨県出身の1935年生まれの人      



大学別の出身高校

スポンサーリンク




有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編



スポンサーリンク