トップページ>(大学を指定)>コーネル大学出身の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:3,109人
このサイトに登録されている「コーネル大学」出身の有名人の数:36:人



スポンサーリンク



コーネル大学の卒業生一覧

 1.  趙顕娥Wikipedia
趙顕娥(チョ・ヒョナ、またはチョ・ヒョンア[1]1974年10月5日 - )は、大韓民国の実業家。韓進グループ代表取締役会長の趙亮鎬(韓国語版)(チョ・ヤンホ)の長女。大韓航空副社長などを歴任した。
 2.  秋山信将Wikipedia
秋山 信将(あきやま のぶまさ、1967年 - )は、日本の国際政治学者。専門は軍備管理、エネルギー安全保障。一橋大学大学院法学研究科教授を経て、在ウィーン国際機関日本政府代表部公使。元日本軍縮学会会長[1]。
 3.  ポール・グレアムWikipedia
ポール・グレアム(Paul Graham、1964年 - )は、米国のLispプログラマーでエッセイスト。『ANSI Common Lisp』や『ハッカーと画家』の著者としても知られている。
 4.  上田勇Wikipedia
上田 勇(うえだ いさむ、1958年8月5日 - )は、日本の政治家。公明党所属の衆議院議員(7期)。
 5.  胡適Wikipedia
胡 適(漢音:こ せき、慣用音:こ てき)は、中華民国の学者・思想家・外交官。原名は嗣穈、字は希疆、後に適と改名した。「適者生存survival of the fittest(スペンサ-の造語)」に由来する。字は適之。アメリカの哲学者ジョン・デューイのもとでプラグマティズムを学ぶ。北京大学教授のち学長。国民党を支持したため戦後は米国に亡命したのち、1957年に台湾に移住した。
 6.  ジェフ・ホーキンスWikipedia
ジェフ・ホーキンス(Jeff Hawkins, 1957年6月1日 - )はパーム (Palm) とハンドスプリング (Handspring) の創始者である。ニューヨーク州ロングアイランド生まれ。
 7.  桐山健一Wikipedia
桐山 健一(きりやま けんいち、1956年 - )は日本の実業家。神戸屋代表取締役社長、一般財団法人桐山奨学会理事長[1]、日本パン工業会副会長[2]、日本パン公正取引協議会副会長[3]、日本パン学会顧問[4]。大阪府豊中市生まれ[5]。
 8.  フランシス・フクヤマWikipedia
フランシス・ヨシヒロ・フクヤマ(Francis Yoshihiro Fukuyama、日本姓:福山、1952年10月27日 - )は、アメリカの政治学者。父親が日系二世、母親が日本人の日系三世。かつてはネオコン政治思想家の代表的人物であったが、現在ではネオコンと距離を置き、批判する言説をいくつか出している。アメリカ在住。
 9.  ヒューイ・ルイスWikipedia
ヒューイ・ルイス(Huey Lewis,本名・ヒュー・アンソニー・クレッグ3世,Hugh Anthony Cregg III 1950年7月5日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市出身。ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのリーダーであり、ボーカリスト。米国コーネル大学工学部中退。
 10.  ダグラス・D・オシェロフWikipedia
ダグラス・ディーン・オシェロフ(Douglas Dean Osheroff, 1945年8月1日 - )はアメリカ合衆国の物理学者。1996年、ヘリウム3の超流動の発見により、共同研究者のデビッド・リー、ロバート・C・リチャードソンと共にノーベル物理学賞を受賞した。この発見は1971年になされ、オシェロフはコーネル大学の大学院生であった。
 11.  ロバート・エングルWikipedia
ロバート・エングル(Robert Fry Engle III、1942年11月10日 - )は、アメリカ合衆国の経済学者。時系列分析手法の確立によってクライヴ・グレンジャーとともに2003年のノーベル経済学賞を受賞した。
 12.  スティーヴン・ワインバーグWikipedia
スティーヴン・ワインバーグ(Steven Weinberg, 1933年5月3日 - )は、アメリカ合衆国出身の物理学者。アブドゥス・サラム、シェルドン・グラショーとともに、電磁気力と弱い力を統合するワインバーグ=サラム理論を完成させた。これによって、1979年にノーベル物理学賞を受賞した。
 13.  シェルドン・グラショーWikipedia
シェルドン・グラショー(Sheldon Lee Glashow, 1932年12月5日 – )はニューヨーク市出身の物理学者。ボストン大学の、数学と物理学の教授である。1960年ごろ、グラショーは電弱相互作用に関する初めての理論を提案し、これは後にアブドゥッサラームとスティーヴン・ワインバーグによって発展された。この研究により、3人は1979年度のノーベル物理学賞を受賞した。またジョン・イリオポロス、ルチャーノ・マイアーニらとの研究で、チャームクォークの存在を予言した。
 14.  トニ・モリスンWikipedia
トニ・モリスン(Toni Morrison, 出生名Chloe Ardelia Wofford;[1]1931年2月18日 - )は米国の作家。トニ・モリソンとも表記される。ノーベル文学賞受賞。
 15.  ポール・フリードバーグWikipedia
ポール・フリードバーグ(M. Paul Friedberg, 1931年 - )は、アメリカ合衆国の造園家、環境デザイナー、ランドスケープアーキテクト。 ニューヨーク市生まれ。
 16.  ソースティン・ヴェブレンWikipedia
ソースティン・ヴェブレン(Thorstein Bunde Veblen[1]、1857年7月30日 - 1929年8月3日)は、19世紀・20世紀初頭期のアメリカの経済学者・社会学者である。
 17.  ロバート・フォーゲルWikipedia
ロバート・ウィリアム・フォーゲル(Robert William Fogel、1926年7月1日 - 2013年6月11日)は、アメリカ合衆国の経済学者。数量経済史(Cliometrics)と呼ばれる経済史の過去の出来事に、経済理論や数量分析を使って解析する手法で有名。
 18.  李登輝Wikipedia
李 登輝(り とうき、1923年(大正12年)1月15日 - )は、中華民国の政治家・農業経済学者。元・中華民国総統(1988年 - 2000年)。コーネル大学農業経済学博士、拓殖大学名誉博士。信仰する宗教はプロテスタント・長老派。日本統治時代に使用していた名は岩里 政男(いわさと まさお)。
 19.  ロバート・W・ホリーWikipedia
ロバート・ウィリアム・ホリー(Robert William Holley, 1922年1月28日 - 1993年2月11日)は、アメリカ合衆国の生化学者で、アラニンの運搬RNAを介してDNAとタンパク質合成を結びつけた研究で、ハー・ゴビンド・コラナ、マーシャル・ニーレンバーグとともに1968年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。
 20.  ジョージ・ウェルズ・ビードルWikipedia
ジョージ・ウェルズ・ビードル(George Wells Beadle、1903年10月22日 - 1989年6月9日)は、アメリカ合衆国の遺伝学者で、遺伝子が細胞内の生化学過程を制御していることを発見し、エドワード・ローリー・タータムとともに1958年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。また同年にはジョシュア・レダーバーグも受賞している。
 21.  バーバラ・マクリントックWikipedia
バーバラ・マクリントック(Barbara McClintock, 1902年6月16日 - 1992年9月2日)はアメリカ合衆国の細胞遺伝学者。トウモロコシを用いた染色体の研究で知られる。トランスポゾンの発見により1983年にノーベル生理学・医学賞を受賞している。
 22.  J・H・スチュワードWikipedia
ジュリアン・H・スチュワード(Julian Haynes Steward、1902年1月31日 - 1972年2月6日)は、アメリカ合衆国の文化人類学者。北米先住民の研究を通して文化と環境の関係を探求し、文化生態学と呼ばれる研究領域を確立したことで知られる。コロンビア大学教授(1946~1953年)として同校人類学科長を務めた。
 23.  潮田江次Wikipedia
潮田 江次(うしおだ こうじ、1901年(明治34年)6月9日 - 1969年(昭和44年)5月9日)は日本の政治学者。第9代慶應義塾塾長、日本政治学会初代理事、第3代理事長を歴任。「政治概念論争」の口火をきったことで知られる。
 24.  イジドール・イザーク・ラービWikipedia
イジドール・イザーク・ラービ(Isidor Isaac Rabi, 1898年7月29日 - 1988年1月11日)はアメリカ合衆国の物理学者。オーストリア=ハンガリー帝国領(現ポーランド)ガリチアのリマヌフ(Rymanów)生まれ。1899年に両親と共にアメリカへ移住し、コーネル大学で学んだ。コロンビア大学で1927年に博士号を得た後、ヨーロッパに渡りハンブルク大学で、ヴォルフガング・パウリ、オットー・シュテルンのもとで学んだ。1929年にコロンビア大学に戻り、1937年に教授職についた。原子線や分子線を使って原子核の磁気モーメントや原子の微細構造を調べる実験をおこなった。高周波磁場の周波数を変えて原子線の偏行を調べ、共鳴周波数を求めることによって、原子核の核磁気モーメントを精度よく求める原子線磁気共鳴法を開発した。「量子電気力学」の発展に貢献した。共鳴法による原子核の磁気モーメントの測定法の発見により、1944年、ノーベル物理学賞を受賞した。
 25.  ハワード・ホークスWikipedia
ハワード・ウィンチェスター・ホークス(Howard Winchester Hawks, 1896年5月30日 -1977年12月26日)は、アメリカ合衆国インディアナ州出身の映画監督。
 26.  パール・S・バックWikipedia
パール・サイデンストリッカー・バック(Pearl Sydenstricker Buck, 1892年6月26日 - 1973年3月6日)はアメリカの女性小説家。南長老ミッション派宣教師の両親と中国(中華民国)に渡り、そこで育つ。処女作『東の風・西の風』に続き、1931年に代表作『大地』を発表して1932年にピュリッツァー賞を受賞。『大地』は『息子たち』『分裂せる家』とともに三部作『大地の家』を成す。1938年にノーベル文学賞を受賞した。
 27.  成瀬正恭Wikipedia
成瀬 正恭(なるせ まさやす、1868年7月10日(慶応4年5月21日) - 1938年(昭和13年)3月20日)は、日本の実業家・銀行家。LLM(Cornell Law School)。子爵[1][2]。
 28.  ジョン・フィルモア・ヘイフォードWikipedia
ジョン・フィルモア・ヘイフォード(John Fillmore Hayford、1868年5月19日 - 1925年3月10日)は、アメリカ合衆国の測地学者。主な業績としてアイソスタシーの研究と地球の形(英語版)を近似した準拠楕円体の1つであるヘイフォード楕円体を提案したことである。
 29.  ジョン・モットWikipedia
ジョン・ローリー・モット(John Raleigh Mott, 1865年5月25日 - 1955年1月31日)は、YMCAの元指導者。ニューヨーク州リヴィングストン生まれ。1946年にノーベル平和賞受賞。エディンバラ宣教会議の議長として活躍した。20世紀において最も影響力のある宗教家の一人であったと言われる。
 30.  デイビッド・スター・ジョーダンWikipedia
デイビッド・スター・ジョーダン,Ph.D.,LL.D.(David Starr Jordan, 1851年1月19日 - 1931年9月19日)は、アメリカの優生学者、魚類学者、教育者、平和活動家。
 31.  ジョセフ・B・フォラカーWikipedia
ジョセフ・ベンソン・フォラカー(Joseph Benson Foraker、1846年7月5日 - 1917年5月10日)はアメリカ合衆国オハイオ州の共和党の政治家。第37代オハイオ州知事。
 32.  ロバート・アトキンスWikipedia未登録
医学者、アトキンス式ダイエットの創始者
 33.  クラウディア・ゴールドウィンWikipedia未登録
経済評論家・エコノミスト。
 34.  アーヴィン・ジェイコブスWikipedia未登録
携帯電話におけるCDMA技術の開発者。クアルコムの創業者
 35.  ポール・マクユーエンWikipedia未登録
物理学科教授、世界中の研究者を震撼させたベル研究所の論文捏造事件を暴いた、ナノテク研究の世界的権威の一人、Nanosys者技術顧問
 36.  グレッグ・グラフィンWikipedia未登録
バッド・レリジョンのボーカリスト。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編



スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)