トップページ>(大学を指定)>シカゴ大学出身の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:3,109人
このサイトに登録されている「シカゴ大学」出身の有名人の数:58:人



スポンサーリンク



シカゴ大学の卒業生一覧

 1.  ジョージ・スティグラーWikipedia
ジョージ・ジョセフ・スティグラー(George Joseph Stigler、1911年1月17日 - 1991年12月1日)は、アメリカ合衆国の経済学者。1982年にノーベル経済学賞を受賞した。
 2.  アンナ・クラムスキーWikipedia
アンナ・クラムスキー(Anna Chlumsky, 1980年12月3日 - )は、アメリカの女優。イリノイ州シカゴ出身。
 3.  ミーシャ・コリンズWikipedia
ミーシャ・コリンズ(Misha Collins、1974年8月20日 - )はアメリカ合衆国の俳優である。The CW系列のテレビドラマ『スーパーナチュラル』のカスティエル(Castiel)役で知られている。
 4.  カート・エリングWikipedia
カート・エリング(1967年11月2日 -)は、アメリカ合衆国のジャズ・ボーカリスト、作詞家、作曲家。
 5.  キンバリー・ピアースWikipedia
キンバリー・ピアース(Kimberly Peirce, 1967年9月8日 - )は、アメリカ合衆国の長編映画監督。1999年の『ボーイズ・ドント・クライ』が初監督作品。二本目の映画は2008年にパラマウント映画から公開された『ストップ・ロス/戦火の逃亡者』。
 6.  サトヤ・ナデラWikipedia
サティア・ナデラ(英語: Satya Nadella、 1967年8月19日 - )はアメリカ合衆国コンピューター・ソフトウェア大手企業マイクロソフトの最高経営責任者(CEO)、同社クラウド&エンタープライズグループのエグゼクティブバイスプレジデントを担当し、Bing、Xbox、Microsoft Officeの最高責任者である。[1]
 7.  小林慶一郎Wikipedia
小林 慶一郎(こばやし けいいちろう、1966年 - )は日本の経済学者。専門はマクロ経済学、経済動学、金融論。慶應義塾大学教授。シカゴ大学大学院博士課程修了[1]。シカゴ大学での指導教官はロバート・ルーカス。
 8.  ミシェル・オバマWikipedia
ミシェル・ラヴォーン・ロビンソン・オバマ(Michelle LaVaughn Robinson Obama、1964年1月17日 - ) は、アメリカ合衆国の法律家。イリノイ州シカゴ出身。
 9.  バラク・オバマWikipedia
バラク・フセイン・オバマ2世(Barack Hussein Obama II[2] i[bəˈrɑːk huːˈseɪn oʊˈbɑːmə]、1961年8月4日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。民主党所属。上院議員(1期)、イリノイ州上院議員(3期)、第44代アメリカ合衆国大統領を歴任した。
 10.  大枝宏之Wikipedia
大枝 宏之(おおえだ ひろし、1957年3月12日 - )は日本の実業家。日清製粉グループ本社社長兼日清製粉会長。
 11.  佐藤郁哉Wikipedia
佐藤 郁哉(さとう いくや、1955年 - )は、日本の社会学者。一橋大学大学院商学研究科教授。専門は大衆文化のフィールドワーク。
 12.  海野けい子Wikipedia
海野 けい子(うんの けいこ、1953年9月 - )は、日本の薬学者(ストレス生物学・老化生化学)。学位は博士(薬学)(静岡県立大学・1994年)。静岡県立大学薬学部教授・大学院薬学研究院教授・附属茶学総合研究センター研究員。
 13.  マレック・ベルカWikipedia
マレック・ベルカ( Marek Belka[ヘルプ/ファイル]、1952年1月9日 - )は、ポーランドの経済学者・政治家。現在は、同国の中央銀行であるポーランド国立銀行の総裁。元首相。前国際通貨基金(IMF)欧州局長。
 14.  加藤和也Wikipedia
加藤 和也(かとう かずや、1952年(昭和27年)1月17日 - )は日本の数学者。シカゴ大学教授。東京大学名誉教授。和歌山県生まれ、愛媛県育ち。
 15.  中村祐輔Wikipedia
中村 祐輔(なかむら ゆうすけ、1952年12月8日 - )は日本の医学者。専門は遺伝学、分子生物学。東京大学医科学研究所教授を経て、シカゴ大学医学部血液・腫瘍内科教授。
 16.  津谷正明Wikipedia
津谷 正明(つや まさあき、1952年6月22日 - )は、日本の実業家。ブリヂストン取締役代表執行役CEO兼取締役会長兼BIOC会長。日本自動車タイヤ協会会長。
 17.  ロジャー・マイヤーソンWikipedia
ロジャー・ブルース・マイヤーソン(Roger Bruce Myerson、1951年3月29日 - )は、アメリカ合衆国の経済学者で、メカニズムデザインの理論的基礎、特に最適オークションの基礎研究を確立した業績により、レオニード・ハーヴィッツ、エリック・マスキンとともに2007年のノーベル経済学賞を受賞した。
 18.  白川方明Wikipedia
白川 方明(しらかわ まさあき、1949年(昭和24年)9月27日 - )は、日本の中央銀行家、経済学者(金融政策・決済システム)。2008年(平成20年)に、第30代日本銀行総裁。
 19.  大塚啓二郎Wikipedia
大塚 啓二郎(おおつか けいじろう、1948年5月4日[1] - )は日本の経済学者で政策研究大学院大学名誉教授。専門は開発経済学。東京都生まれ。1971年北海道大学農学部農業経済学科卒業。1974年東京都立大学大学院修士課程修了。1979年シカゴ大学大学院博士課程修了。同年エール大学経済成長研究所ポストドクトラルフェロー、1980年東京都立大学経済学部講師、1981年同助教授、1991年同教授、2001年政策研究大学院大学教授。シカゴ大学ではノーベル経済学賞受賞者のセオドア・シュルツに師事した。2010年、紫綬褒章受章。
 20.  山口一男Wikipedia
山口 一男(やまぐち かずお、1946年8月6日 - )は、日本の社会学者。シカゴ大学ハンナ・ホルボーン・グレイ記念特別社会学教授。Ph.D.(シカゴ大学、1981年)。
 21.  ポール・ウォルフォウィッツWikipedia
ポール・ダンデス・ウォルフォウィッツ(Paul Dundes Wolfowitz,1943年12月22日 - )は、アメリカの政治家。第25代国防副長官、第10代世界銀行総裁などを歴任した。
 22.  ジョン・アシュクロフトWikipedia
ジョン・デイヴィッド・アシュクロフト(John David Ashcroft, 1942年5月9日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。第1次ブッシュ政権において2001年から2005年まで第79代アメリカ合衆国司法長官を務めた。
 23.  内海善雄Wikipedia
内海 善雄(うつみ よしお、1942年(昭和17年)8月14日 - )は、日本の郵政官僚。郵政審議官、国際電気通信連合事務総局長を歴任した。
 24.  ジョン・クッツェーWikipedia
ジョン・マックスウェル・クッツェー(John Maxwell Coetzee, 1940年2月9日 - )は南アフリカ出身の文学者で、2003年のノーベル文学賞の受賞者。
 25.  フィリップ・グラスWikipedia
フィリップ・グラス (Philip Glass, 1937年1月31日 - )は、アメリカ合衆国の作曲家である。その音楽はしばしばミニマル・ミュージックと呼ばれるが、グラス自身はこの呼び名を歓迎していない。
 26.  松本任弘Wikipedia
松本任弘(まつもと ただひろ、1937年3月21日 - )は、日本のヘブル語学者、神学校教師。旧約聖書学専攻。
 27.  連戦Wikipedia
連 戦(れん せん、連 戰、Lián Zhàn 1936年8月27日 - )は、中華民国(台湾)の政治家。中華民国行政院長(首相)、副総統、中国国民党主席などを歴任し、現在は中国国民党名誉主席。
 28.  フィリップ・カウフマンWikipedia
フィリップ・カウフマン(Philip Kaufman, 1936年10月23日 - )は、アメリカ合衆国の映画監督、脚本家である。
 29.  デヴィッド・スズキWikipedia
デヴィッド・タカヨシ・スズキ(David Takayoshi Suzuki、鈴木 孝義、1936年3月24日 - )はカナダの生物学者、科学番組キャスター、環境問題活動家、ブリティッシュコロンビア大学名誉教授。
 30.  カール・セーガンWikipedia
カール・エドワード・セーガン(Carl Edward Sagan, 1934年11月9日 – 1996年12月20日)は、アメリカの天文学者、作家、SF作家。元コーネル大学教授、同大学惑星研究所所長。NASAにおける惑星探査の指導者。惑星協会の設立に尽力。核戦争というものは地球規模の氷河期を引き起こすと指摘する「核の冬」や、地球工学を用いて人間が居住可能になるよう他惑星の環境を変化させる「テラ・フォーミング」、ビッグバンから始まった宇宙の歴史を“1年という尺度”に置き換えた「宇宙カレンダー」などの持論で知られる。
 31.  フィリップ・ロスWikipedia
フィリップ・ロス(Philip Roth、本名:Philip Milton Roth、1933年3月19日 - )は、アメリカの小説家。現代のアメリカ文学を代表する小説家のひとりであり、文芸批評家のハロルド・ブルームは現代を代表する米国人小説家としてロスとコーマック・マッカーシー、ドン・デリーロ、トマス・ピンチョンの4人を挙げている[1]。アイデンティティの問題や、性愛・結婚への不適合(『ポートノイの不満』『男としての我が人生』など)に苦悩する主人公を描いた内省的な作品から、アメリカの社会や歴史を虚構として再構築したスケールの大きい物語(『素晴らしいアメリカ野球』『プロット・アゲンスト・アメリカ』など)までテーマは幅広い。
 32.  片岡鉄哉Wikipedia
片岡 鉄哉 (かたおか てつや、1933年 - 2007年12月26日)は、日本の政治学者、評論家。
 33.  マイク・ニコルズWikipedia
マイク・ニコルズ(Mike Nichols、1931年11月6日 - 2014年11月19日)はアメリカ合衆国の映画監督、舞台演出家。史上9人しかいないアカデミー賞、トニー賞、グラミー賞、エミー賞の4賞受賞者である。
 34.  ゲーリー・ベッカーWikipedia
ゲーリー・スタンリー・ベッカー(Gary Stanley Becker、1930年12月2日 - 2014年5月3日)は、アメリカ合衆国の経済学者。 シカゴ大学経済学部、社会学部、そして同校ブース・ビジネススクールにて教授職を勤める。従来、金銭や経済問題だけを分析してきた経済学の適用範囲を、極めて広範かつ多様な人間行動・社会問題に拡張し、それに基づく多くの政策提言を導き、現実の政策に大きな影響を与えてきたことで知られる。 リーズン財団 ジョージ・メイソン大学 自由経済図書館
 35.  ラムゼイ・クラークWikipedia
ウィリアム・ラムゼイ・クラーク(英語: William Ramsey Clark, 1927年12月8日 - )はアメリカ合衆国の法律家、政治家。リンドン・ジョンソン大統領のもとで第66代司法長官を務めた。退任後は左派系の運動家、そして物議を醸す人物の弁護を務めることで知られる。トム・クラーク元司法長官・元合衆国最高裁判事(いずれもトルーマン指名)の息子でもある。
 36.  ロバート・フォーゲルWikipedia
ロバート・ウィリアム・フォーゲル(Robert William Fogel、1926年7月1日 - 2013年6月11日)は、アメリカ合衆国の経済学者。数量経済史(Cliometrics)と呼ばれる経済史の過去の出来事に、経済理論や数量分析を使って解析する手法で有名。 リーズン財団 ジョージ・メイソン大学 自由経済図書館
 37.  ジェイムズ・アベグレンWikipedia
ジェームズ・アベグレン(James Christian Abegglen、1926年 - 2007年5月2日)は、アメリカの経営学者。日本企業の経営手法を「日本的経営」として分析し、戦後の日本の企業の発展の源泉が、「終身雇用」、「年功序列」、「企業内組合」にあることをつきとめた。また、「終身雇用」という言葉の生みの親として知られる。
 38.  小柴昌俊Wikipedia
小柴 昌俊(こしば まさとし、1926年(大正15年)9月19日 - )は、日本の物理学者・天文学者。1987年、自らが設計を指導・監督したカミオカンデによって史上初めて自然に発生したニュートリノの観測に成功したことにより、2002年にノーベル物理学賞を受賞した。日本学士院会員。
 39.  西山千明Wikipedia
西山 千明(にしやま ちあき、1924年 - )は、日本の経済学者。立教大学名誉教授。専門は、理論経済学、貨幣論、経済哲学、人的資本論。
 40.  南部陽一郎Wikipedia
南部 陽一郎(なんぶ よういちろう、1921年1月18日 - 2015年7月5日[1][2])は日本出身、アメリカ国籍の理論物理学者。シカゴ大学名誉教授、大阪市立大学名誉教授、大阪大学特別栄誉教授、立命館アジア太平洋大学アカデミック・アドバイザー。専門は素粒子理論。理学博士(東京大学 1952年)。
 41.  藤田哲也Wikipedia
藤田 哲也(ふじた てつや、英: Tetsuya Theodore "Ted" Fujita、1920年10月23日 - 1998年11月19日)は、アメリカ合衆国の気象学者。出身地は日本の福岡県である。ダウンバースト(下降噴流)とトルネード(竜巻)の研究における世界的権威として知られ、その優れた業績から Mr. Tornado(ミスター・トルネード)、Dr. Tornado(竜巻博士)とも称された。また観測実験で得た難解な数式なども、見やすい立体図などの図解にしてしまうことから「気象界のディズニー」とも呼ばれていた。
 42.  セレステ・ホルムWikipedia
セレステ・ホルム(Celeste Holm, 1917年4月29日 - 2012年7月15日)は、アメリカ合衆国の女優。
 43.  ソール・ベローWikipedia
ソール・ベロー(Saul Bellow,1915年6月10日 - 2005年4月5日)は、アメリカの小説家・劇作家。
 44.  ミルトン・フリードマンWikipedia
ミルトン・フリードマン(英: Milton Friedman、1912年7月31日 - 2006年11月16日)は、アメリカ合衆国の経済学者。マネタリズムを主唱して、裁量的なケインズ的総需要管理政策を批判した。1976年、ノーベル経済学賞受賞。弟子にゲーリー・ベッカーがいる。
 45.  ノーマン・マクリーンWikipedia
ノーマン・マクリーン(Norman Maclean、本名:Norman Fitzroy Maclean 、1902年12月18日 - 1990年8月2日)は、アメリカ合衆国の作家。
 46.  エンリコ・フェルミWikipedia
エンリコ・フェルミ(Enrico Fermi、1901年9月29日 – 1954年11月28日)は、イタリア、ローマ出身の物理学者。統計力学、核物理学および量子力学の分野で顕著な業績を残しており、中性子による元素の人工転換の実験をして、多くの放射性同位元素を作り1938年のノーベル物理学賞を受賞している。フェルミに由来する用語は数多く、フェルミ推定のような方法論やフェルミのパラドックスといった問題、フェルミ粒子のような粒子の分類やフェルミウムといった元素名にその名を残している。他にも物理学の用語にフェルミに因むものが多く存在する。実験家と理論家との2つの顔を持ち、双方において世界最高レベルの業績を残した、史上稀に見る物理学者であった[3]。
 47.  フリードリヒ・ハイエクWikipedia
フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエク(独: Friedrich August von Hayek、1899年5月8日 - 1992年3月23日)は、オーストリア・ウィーン生まれの経済学者、哲学者。オーストリア学派の代表的学者の一人であり、経済学、政治哲学、法哲学、さらに心理学にまで渡る多岐な業績を残した。20世紀を代表する自由主義の思想家。ノーベル経済学賞の受賞者。ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインは母方の従兄にあたる。 リーズン財団 ジョージ・メイソン大学 自由経済図書館
 48.  ダウエント・ホイットルセーWikipedia
ダウエント・ステイントロップ・ホイットルセー(Derwent Stainthorpe Whittlesey、1890年 - 1956年)は、アメリカ合衆国の地理学者。1926年に「世界農業地域図」を発表し、世界の農業地域を13種類に区分した[1]。
 49.  T・S・エリオットWikipedia
トマス・スターンズ・エリオット(英: Thomas Stearns Eliot、1888年9月26日 - 1965年1月4日)は、イギリスの詩人、劇作家で文芸批評家である。代表作には、5部からなる長詩『荒地』(The Waste Land、1922年)、詩劇『寺院の殺人』(Murder in the Cathedral、1935年)、詩劇論『詩と劇』(Poetry and Drama、1951年)などがある。
 50.  早川雪洲Wikipedia
早川 雪洲(はやかわ せっしゅう、本名:早川 金太郎(はやかわ きんたろう)、日本国外での活動名:セッシュー・ハヤカワ(Sessue Hayakawa)[注釈 1]、1886年6月10日 - 1973年11月23日)は、日本の俳優。千葉県出身、1907年に21歳で単身渡米し、1910年代に草創期のハリウッドで映画デビューして一躍トップスターとなった。彼はアメリカとヨーロッパで主演男優(英語版)としてスターダムにのし上がった最初のアジア系俳優だった。彼の「不気味でハンサムな」[1]美貌と性的に魅力的な悪役というタイプキャスティング(英語版)は、公然と人種差別が行われていた時代にアメリカ人女性の心を掴み、ハリウッドで最初の男性セックスシンボルの1人になった[2][3][4]。日本人排斥運動や二度の世界大戦、私生活での混乱などによるキャリアの中断を挟みながらも、晩年の『戦場にかける橋』(1958年)でアカデミー助演男優賞にノミネートされるなど半世紀以上にわたって活躍した国際的映画俳優である。妻の青木鶴子もまたハリウッド草創期の人気女優。
 51.  ロバート・ミリカンWikipedia
ロバート・アンドリューズ・ミリカン(Robert Andrews Millikan, 1868年3月22日 - 1953年12月19日)はアメリカ合衆国の物理学者である。1923年、電気素量の計測と光電効果の研究によりノーベル物理学賞を受賞した。アメリカ合衆国において大衆的な人気を得た物理学者、当時のアメリカの物理学界での権威となった実験物理学者である。
 52.  フレデリック・スタールWikipedia
フレデリック・スタール (Frederick Starr,1858年9月2日– 1933年8月14日) アメリカの人類学者であり、日本では「お札博士」として知られた人物である。また、松浦武四郎の最初の伝記執筆者であり、土俗玩具の収集家でもあった[1]。
 53.  ジェームズ・マッキンゼーWikipedia未登録
元シカゴ大学ビジネススクール(GSB)教授、マッキンゼー・アンド・カンパニーの創始者。
 54.  リチャード エバノフWikipedia未登録
青山学院大学国際政治経済学部教授
 55.  ヤングピングWikipedia未登録
フローレス−心理学博士、名誉教授
 56.  吉村太彦Wikipedia未登録
元東北大学大学院理学研究科教授、元東京大学宇宙線研究所所長
 57.  氏家純一Wikipedia未登録
野村ホールディングス取締役会長
 58.  江原伸好Wikipedia未登録
・サックス日本人初のゼネラルパートナー、ユニゾンキャピタル 代表取締役 パートナー


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編



スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)