トップページ>(大学を指定)>ジョンズ・ホプキンス大学出身の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:3,109人
このサイトに登録されている「ジョンズ・ホプキンス大学」出身の有名人の数:144:人



スポンサーリンク



ジョンズ・ホプキンス大学の卒業生一覧

 1.  吉田統彦Wikipedia
吉田 統彦(よしだ つねひこ、1974年11月14日 - )は、日本の政治家、眼科医。博士(医学)。民進党所属の元衆議院議員(1期)。ジョンズ・ホプキンス大学研究員。
 2.  アイリス・チャンWikipedia
アイリス・チャン(Iris Shun-Ru Chang、張純如、1968年3月28日 - 2004年11月9日)は、中国系アメリカ人のジャーナリスト・政治活動家・作家。
 3.  木村盛世Wikipedia
木村 盛世(きむら もりよ、1965年3月9日(昭和40年3月9日)- )は、日本の医師、元厚生労働省医系技官、ノンフィクション作家である。
 4.  デイヴィッド・ライマーWikipedia
デイヴィッド・ライマー(David Reimer、1965年8月22日 - 2004年5月5日)は、生まれた時は男だったが、割礼手術の失敗により陰茎の大部分を失い、性転換手術を受けて少女ブレンダ(Brenda)として育てられたカナダ人である。
 5.  道下徳成Wikipedia
道下 徳成(みちした なるしげ、1965年 - )は、日本の国際政治学者、政策研究大学院大学教授。専門は、戦略論、朝鮮半島の安全保障、日本の安全保障。
 6.  達増拓也Wikipedia
達増 拓也(たっそ たくや、1964年(昭和39年)6月10日 - )は、日本の外務官僚、政治家。岩手県知事(第7代)。復興庁復興推進委員会委員。
 7.  トーマス・バーガーWikipedia
トーマス・バーガー(Thomas U. Berger, 1962年1月9日-)は、アメリカ合衆国の政治学者、ボストン大学国際関係学部准教授。専門は、国際関係論、とくにドイツおよび日本の安全保障政策、および政治文化論。
 8.  長島昭久Wikipedia
長島 昭久(ながしま あきひさ、1962年〈昭和37年〉2月17日 - )は、日本の政治家。無所属の衆議院議員(5期)、子供の貧困対策推進議員連盟(呼びかけ人・幹事長)[1]、日本スケート連盟副会長[2]。
 9.  山重慎二Wikipedia
山重 慎二(やましげ しんじ、1962年 - )は、日本の経済学者。一橋大学大学院経済学研究科教授。専門は公共経済学および数理経済学。日経・経済図書文化賞受賞。
 10.  キャロル・W・グライダーWikipedia
キャロライン・ウィドニー・「キャロル」グライダー(Carolyn Widney "Carol" Greider 、1961年4月15日 - )はジョンズ・ホプキンス大学に勤める分子生物学者であり、1984年にエリザベス・H・ブラックバーンと共同でテロメラーゼを発見した。染色体の先端にあるテロメアの研究を行ったことで知られている。テロメアとテロメラーゼが染色体を保護する機序の発見により、ブラックバーン、ジャック・W・ショスタクと共同で2009年のノーベル生理学・医学賞が授与された。
 11.  ティモシー・フランツ・ガイトナーWikipedia
ティモシー・フランツ・ガイトナー(英語: Timothy Franz Geithner、1961年8月18日 - )は、アメリカ合衆国の官僚、銀行家、政治家。第75代アメリカ合衆国財務長官。 財務省で13年間勤務した経験を持ち、2003年から2009年までニューヨーク連邦準備銀行総裁を務めた。
 12.  マイケル・グリーンWikipedia
マイケル・ジョナサン・グリーン(Michael Jonathan Green、1961年 - )は、アメリカ合衆国の政治学者。専門は東アジアの政治外交、特に日本の安全保障政策。現在はジョージタウン大学外交政策学部准教授、戦略国際問題研究所(CSIS)副理事長。
 13.  デイヴィッド・キャンベルWikipedia
デイヴィッド・キャンベル(David Campbell, 1960年 - )は、イギリスの国際政治学者、政治地理学者。
 14.  信田智人Wikipedia
信田 智人(しのだ ともひと、1960年4月8日[1] - )は、日本の政治学者。専門は、日本政治論、外交政策論、日米関係。
 15.  岡野栄之Wikipedia
岡野 栄之(おかの ひでゆき、1959年1月26日 - )は、日本の医学者。専門は分子神経生物学、発生生物学、再生医学。慶應義塾大学医学部教授。元大阪大学医学部教授である。日本神経科学学会副会長、International Society for Stem Cell Research (ISSCR) Board of Director、日本再生医療学会理事、日本神経化学会理事、日本生理学会常任幹事等も務めている。
 16.  アンドリュー・モラフチークWikipedia
アンドリュー・モラフチーク(Andrew Moravcsik、1958年-)は、アメリカ合衆国の国際政治学者。プリンストン大学政治学部教授。
 17.  斎藤弘Wikipedia
齋藤 弘(さいとう ひろし、1957年(昭和32年)10月18日 - )は、日本の政治家。山形県知事(1期)。国際教養大学国際教養学部グローバル・ビジネス課程客員教授。斎藤弘とも。
 18.  藤原帰一Wikipedia
藤原 帰一(ふじわら きいち、1956年(昭和31年)6月16日 - )は、日本の政治学者。東京大学大学院法学政治学研究科教授。専門は国際政治学、比較政治学、フィリピン政治研究。
 19.  辻泰弘Wikipedia
辻 泰弘(つじ やすひろ、1955年12月27日 - )は、日本の政治家。民主党所属の前参議院議員(2期)。
 20.  リチャード・クーWikipedia
リチャード・クー(Richard C. Koo)はアメリカ国籍[2]のエコノミスト。野村総合研究所研究創発センター主席研究員、チーフエコノミスト。
 21.  吉野孝Wikipedia
吉野 孝(よしの たかし、1954年 -)は、日本の政治学者。専門は英米政治学。
 22.  フランシス・フクヤマWikipedia
フランシス・ヨシヒロ・フクヤマ(Francis Yoshihiro Fukuyama、日本姓:福山、1952年10月27日 - )は、アメリカの政治学者。父親が日系二世、母親が日本人の日系三世。かつてはネオコン政治思想家の代表的人物であったが、現在ではネオコンと距離を置き、批判する言説をいくつか出している。アメリカ在住。
 23.  麦谷眞里Wikipedia
麦谷 眞里(むぎたに まさと、1952年[1] -)は、日本のアマチュアマジシャン。新潟県生まれ[1] 。 新潟大学医学部卒。アメリカのジョンス・ホプキンス大学大学院卒。[1]
 24.  ゲイル・ホルデWikipedia
ゲイル・ヒルマル・ホルデ(アイスランド語: Geir Hilmar Haarde、発音: [ˈceɪːr̯ ˈhɪlmar̯ ˈhɔrtɛ]、1951年4月8日 - )は、アイスランドの政治家。首相(21代)、財務大臣、外務大臣(19代)、を歴任。日本の報道等ではハーデと書かれることもある。
 25.  ジョナサン・ハスラムWikipedia
ジョナサン・ハスラム(Jonathan Haslam, 1951年 - )は、イギリスの歴史学者。専門はロシア・ソ連政治外交史。
 26.  ベン・カーソンWikipedia
ベンジャミン・ソロモン"ベン"カーソン・シニア(Benjamin Solomon "Ben" Carson, Sr. 1951年9月18日[3] - )は、アメリカ合衆国の医師。現在、同国住宅都市開発長官。
 27.  ジョディ・ウィリアムズWikipedia
ジョディ・ウィリアムズ (Jody Williams, 1950年10月9日 - )は、アメリカの教師で、平和活動家。バーモント州出身。地雷禁止国際キャンペーンの初代コーディネーターとして、対人地雷の禁止および除去について活動している。その活動が評価され、1997年に地雷禁止国際キャンペーンと共にノーベル平和賞を受賞した。
 28.  吉野直行Wikipedia
吉野 直行(よしの なおゆき、1950年[1] - )は、日本の経済学者、アジア開発銀行研究所所長、慶應義塾大学経済学部名誉教授。ジョンズ・ホプキンス大学経済学博士課程修了PhD。専門はマクロ経済政策。[スウェーデン・ヨーテボリ大学名誉博士、ドイツ・マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク名誉博士]、[福澤賞]。
 29.  ジョン・ヘイムリWikipedia
ジョン・J・ヘイムリ(英語: John J. Hamre, 1950年7月3日 - )は、国際問題研究の専門家である。元ワシントンの官僚であり、2000年4月からはシンク・タンク「戦略国際問題研究所」の社長兼CEOの地位にある。
 30.  ピーター・アグレWikipedia
ピーター・アグレ(Peter Agre、1949年1月30日 - )は、アメリカ人の医学博士、分子生物学者。2003年に、アクアポリンの発見により、ロデリック・マキノンとともにノーベル化学賞を受賞した。
 31.  増田悦佐Wikipedia
増田 悦佐(ますだ えつすけ、1949年12月6日 - )は、日本の証券アナリスト、評論家。ニューヨーク州立大学助教授、HSBC証券シニア・アナリスト、JPモルガンシニア・アナリスト等を経て、フリーの経済アナリスト・文明評論家。
 32.  ケント・カルダーWikipedia
ケント・E・カルダー(Kent Eyring Calder, 1948年 - )はアメリカ合衆国の政治学者、専門は日本政治、日韓の比較政治、東アジアの国際関係など。現在はジョンズ・ホプキンス大学教授、同高等国際問題研究大学院(SAIS)付属エドウィン・ライシャワー東アジア研究センター長を務める。
 33.  マイケル・ドイルWikipedia
マイケル・ドイル(英語:Michael W. Doyle、1948年 - )は、アメリカ合衆国の国際政治学者。コロンビア大学教授。
 34.  石川経夫Wikipedia
石川 経夫(いしかわ つねお、1947年3月11日 - 1998年6月26日)は、日本の経済学者。専門は、所得分配論。[要出典]
 35.  リチャード・アクセルWikipedia
リチャード・アクセル(Richard Axel、1946年7月2日 - )はアメリカ合衆国の神経科学者、医学博士。コロンビア大学教授(1971年 - 現在)。彼のグループの、嗅覚系の研究により、リンダ・バックと共に2004年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。
 36.  ヘンリー・ポールソンWikipedia
ヘンリー・メリット “ハンク” ポールソン(Henry Merritt "Hank" Paulson、1946年3月28日 - )は、アメリカ合衆国の実業家。1999年から証券会社ゴールドマン・サックスの会長兼最高経営責任者(CEO)を務め、2006年から2009年までジョージ・ウォーカー・ブッシュ大統領の下で財務長官を務めていた。
 37.  首藤信彦Wikipedia
首藤 信彦(すとう のぶひこ、1945年4月5日 - )は、日本の元政治家、国際政治学者。元衆議院議員(3期)。元東海大学教授。NGOインターバンド創設者。衆議院議員時代は民主党に所属していた。
 38.  福島清彦Wikipedia
福島 清彦(ふくしま きよひこ、1944年12月6日 - )は日本のエコノミスト。ジョンズ・ホプキンス大学SAIS教授、野村総合研究所ヨーロッパ社長、立教大学教授などを務めた。高橋亀吉賞、大来佐武郎賞受賞。
 39.  ポール・ウォルフォウィッツWikipedia
ポール・ダンデス・ウォルフォウィッツ(Paul Dundes Wolfowitz,1943年12月22日 - )は、アメリカの政治家。第25代国防副長官、第10代世界銀行総裁などを歴任した。
 40.  八田達夫Wikipedia
八田 達夫(はった たつお、1943年3月23日 - )は、日本の経済学者。東京都生まれ。福岡県育ち。Ph.D.(ジョンズ・ホプキンス大学、1973年)。専門は応用ミクロ経済学、公共経済学、都市経済学、法と経済学など。
 41.  マイケル・ブルームバーグWikipedia
マイケル・ルーベンス・ブルームバーグ(Michael Rubens Bloomberg、1942年2月14日 - )は、アメリカ合衆国の実業家、政治家。ブルームバーグ創業者で、第108代ニューヨーク市長。
 42.  リチャード・N・ルボウWikipedia
リチャード・ネッド・ルボウ(Richard Ned Lebow, 1942年4月24日 - )は、アメリカ合衆国の国際政治学者。専攻は、国際関係論、危機管理論。
 43.  ニコラス・オナフWikipedia
ニコラス・オナフ(Nicholas Greenwood Onuf, 1941年 - )は、アメリカ合衆国の政治学者。国際関係思想を専攻。
 44.  ヘンリー・ナウWikipedia
ヘンリー・ナウ(Henry Richard Nau, 1941年-)は、アメリカ合衆国の政治学者。ジョージ・ワシントン大学教授。専門は、国際政治経済学、アメリカ対外政策論。
 45.  ウィリアム・コノリーWikipedia
ウィリアム・コノリー(William E. Connolly、1938年1月6日 - )は、アメリカ合衆国の政治学者、ジョンズ・ホプキンス大学教授。専門は政治理論。
 46.  マデレーン・オルブライトWikipedia
マデレーン・コルベル・オルブライト(英語: Madeleine Korbel Albright, 1937年5月15日 - )は、第64代アメリカ合衆国国務長官(1997年 - 2001年)。アメリカ初の女性国務長官でもある。
 47.  ヴォイチェフ・マストニーWikipedia
ヴォイチェフ・マストニー(Vojtech Mastny, Vojtěch Mastný, 1936年 - )は、チェコ出身の冷戦史研究者。ウッドロー・ウィルソン国際学術センター教授。専門は、冷戦史研究、ロシア外交。
 48.  雨宮健Wikipedia
雨宮 健(あめみや たけし、1935年3月29日 - )はアメリカ合衆国の経済学者。スタンフォード大学名誉教授。専門は計量経済学。Econometric Society、アメリカ統計学会、アメリカ芸術科学アカデミーのフェロー。東京都出身。
 49.  エドワード・サイードWikipedia
エドワード・W・サイード(إدوارد سعيد Edward Wadie Said, 1935年11月1日 - 2003年9月25日)は、パレスチナ系アメリカ人の文学研究者、文学批評家。主著の『オリエンタリズム』でオリエンタリズムの理論とともにポストコロニアル理論を確立した。彼はまたパレスチナ問題に関する率直な発言者でもあった。
 50.  デヴィッド・ハーヴェイWikipedia
デヴィッド・ハーヴェイ(David Harvey、1935年10月31日 - )は、イギリスの地理学者である。専門は人文地理学・社会理論・政治経済学。
 51.  アン・クルーガーWikipedia
アン・クルーガー(Anne Osborn Krueger、1934年2月12日 - )は、ニューヨーク州エンディコット生まれのアメリカ合衆国の経済学者である。ジョンズホプキンス大学教授であり、国際経済学、国際金融を専攻している。2001年〜2006年IMFの筆頭副専務理事、2006年〜2007年IMF専務理事の特別アドバイザーを務めた。
 52.  ロバート・マンデルWikipedia
ロバート・アレクサンダー・マンデル(Robert Alexander Mundell、1932年10月24日 - )は、カナダ人の経済学者。コロンビア大学経済学科教授。
 53.  ジョージ・パッカードWikipedia
ジョージ・R・パッカード3世(George R. Packard 3rd, 1932年5月27日 - )はアメリカ合衆国の政治学者、米日財団理事長。
 54.  I.ウィリアム・ザートマンWikipedia
ウィリアム・ザートマン(I. William Zartman、1932年 - )は、アメリカ合衆国の政治学者。専門は、紛争解決学、国際交渉理論、アフリカ政治。
 55.  ハミルトン・スミスWikipedia
ハミルトン・オサネル・スミス(Hamilton Othanel Smith、1931年8月23日 - )はアメリカ合衆国の微生物学者。
 56.  佐藤隆三Wikipedia
佐藤 隆三(さとう りゅうぞう、1931年7月5日[1] - )は日本の経済学者。専門は理論経済学、中でも経済成長理論。ニューヨーク大学C.V.スター冠講座名誉教授。
 57.  磯村隆文Wikipedia
磯村 隆文(いそむら たかふみ、1930年12月29日 - 2007年11月26日)は第16代大阪市長。大阪市立大学名誉教授。経済学博士(大阪市立大学)。大阪市出身。
 58.  若泉敬Wikipedia
若泉 敬(わかいずみ けい[1]、1930年(昭和5年)3月29日 – 1996年(平成8年)7月27日)は、日本の国際政治学者。沖縄返還交渉において、佐藤栄作の密使として重要な役割を果たしたとされる人物。
 59.  岡野加穂留Wikipedia
岡野 加穂留(おかの かおる、1929年6月22日 - 2006年6月7日 )は、政治学者、明治大学名誉教授、第11代明治大学学長。専門は、比較政治学、政治制度論、比較憲法学。日本におけるデモクラシー研究の第一人者。研究者仲間に早稲田大学名誉教授の内田満や慶應義塾大学名誉教授の堀江湛らがいる。郵便局ファンの会会長。
 60.  ズビグネフ・ブレジンスキーWikipedia
ズビグネフ・カジミエシュ・ブレジンスキー(Zbigniew Kazimierz Brzezinski または Brzeziński [ˈzbɪɡnjɛv brəˈʒɪnski][1], 1928年3月28日 - 2017年5月26日[2])は、アメリカ在住の政治学者。1966年から1968年まで、リンドン・ジョンソン大統領の大統領顧問を務め、1977年から1981年までカーター政権時の第10代国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたことで知られる[3]。 ポーランド出身、カナダ育ち。1958年にアメリカ市民権を取得。
 61.  ロバート・フォーゲルWikipedia
ロバート・ウィリアム・フォーゲル(Robert William Fogel、1926年7月1日 - 2013年6月11日)は、アメリカ合衆国の経済学者。数量経済史(Cliometrics)と呼ばれる経済史の過去の出来事に、経済理論や数量分析を使って解析する手法で有名。 リーズン財団 ジョージ・メイソン大学 自由経済図書館
 62.  クリフトン・レジナルド・ウォートンWikipedia
クリフトン・レジナルド・ウォートン(Clifton Reginald Wharton, Jr.、1926年9月13日 - )は、アメリカ合衆国の経済学者、実業家、政治家。クリントン政権で国務副長官を務めた[1]。
 63.  マーティン・ロッドベルWikipedia
マーティン・ロッドベル(Martin Rodbell、1925年12月1日 - 1998年12月7日)はアメリカ合衆国の生化学者、内分泌学者。Gタンパク質の発見で知られる。1994年、Gタンパク質およびそれらの細胞内情報伝達に関する役割の発見により、アルフレッド・ギルマンと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
 64.  ポール・グリーンガードWikipedia
ポール・グリーンガード(Paul Greengard、1925年12月11日 - )はアメリカ合衆国の神経科学者。神経細胞の分子と細胞の機能についての研究で著名であり、2000年には神経系の情報伝達に関する発見により、アービド・カールソン、エリック・カンデルと共に、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。彼は現在、ロックフェラー大学のVincent Astor Professorである。
 65.  石坂公成Wikipedia
石坂 公成(いしざか きみしげ、1925年(大正14年)12月3日 - )は、日本の免疫学者。医学博士。ラホイヤ・アレルギー免疫研究所名誉所長[1]。
 66.  J・G・A・ポーコックWikipedia
ジョン・グレヴィル・アガード・ポーコック(John Greville Agard Pocock、1924年3月7日 - )は、イギリス出身の歴史家、政治学者。専門は、英米の共和主義思想、歴史叙述をめぐる政治思想史。
 67.  マートン・ミラーWikipedia
マートン・ハワード・ミラー(Merton Howard Miller、1923年5月16日 - 2000年6月3日)は、アメリカ合衆国の経済学者。1990年、ノーベル経済学賞を受賞。
 68.  スピロ・アグニューWikipedia
スピロ・セオドア・アグニュー(英語: Spiro Theodore Agnew, 1918年11月9日 - 1996年9月17日)は、アメリカ合衆国の政治家。ボルチモア郡長、メリーランド州知事、第39代副大統領を歴任した。
 69.  ハーバート・フリードマンWikipedia
ハーバート・フリードマン(Herbert Friedman, 1916年6月21日 - 2000年9月9日)はアメリカ合衆国の物理学者である。天体からのX線の観測を行い、X線天文学のパイオニアとなった。1987年のウルフ賞を受賞している。
 70.  小平邦彦Wikipedia
小平 邦彦(こだいら くにひこ、1915年3月16日 - 1997年7月26日)は、日本の数学者。東京都出身。日本初のフィールズ賞受賞者。
 71.  マーサ・E・ロジャーズWikipedia
マーサ・E・ロジャーズ(Martha Elizabeth Rogers、1914年5月12日 - 1994年3月14日)は、アメリカ合衆国の看護学者。テキサス州ダラスの生まれ。1931年-1933年テネシー州ノックスビルにあるテネシー大学で学び、この大学は卒業したかどうか定かではないが、いずれにせよ、その後同市のノックスビル総合病院看護学校で看護師免許を取得している。
 72.  エドウィン・O・ライシャワーWikipedia
エドウィン・オールドファザー・ライシャワー(英語: Edwin Oldfather Reischauer, 1910年10月15日 - 1990年9月1日)は、アメリカ合衆国の東洋史研究者である。ハーバード大学教授。1955年(昭和30年)から1963年(昭和38年)までハーバード燕京研究所所長、1961年(昭和36年)から1966年(昭和41年)まで、駐日アメリカ大使を務めた。大使退任後はハーバード大学日本研究所所長として歴史に限らず日本研究を推し進め、後進の指導にも尽力した。その功績から同研究所は1985年(昭和60年)にライシャワー日本研究所と改称されている。
 73.  リチャード・マスグレイブWikipedia
リチャード・エイベル・マスグレイブ(Richard Abel Musgrave、1910年12月14日 - 2007年1月15日) は、ドイツ生まれのアメリカの経済学者。専攻は財政学。ハーバード大学名誉教授。
 74.  ポール・ニッツWikipedia
ポール・ニッツェ(Paul Henry Nitze、1907年1月16日 - 2004年10月19日)は、アメリカ合衆国の政治家、外交官、実業家。
 75.  ジョン・モークリーWikipedia
ジョン・モークリー(John William Mauchly、1907年8月30日 - 1980年1月8日)は、ENIACの主要開発者の一人。ジョンズ・ホプキンス大学卒。物理学博士。
 76.  ハルダン・ケファー・ハートラインWikipedia
ハルダン・ケファー・ハートライン(Haldan Keffer Hartline、1903年12月22日 - 1983年3月17日)は、アメリカ合衆国の生理学者で、視覚の神経生理学的メカニズムを研究し、ラグナー・グラニト、ジョージ・ワルドとともに1967年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。
 77.  サイモン・クズネッツWikipedia
サイモン・スミス・クズネッツ(Simon Smith Kuznets、1901年4月30日 - 1985年7月8日)は、1971年にノーベル経済学賞を受賞したアメリカ合衆国の経済学者・統計学者である。1954年アメリカ経済学会会長。
 78.  アーネスティン・ウィーデンバックWikipedia
アーネスティン・ウィーデンバック(Ernestine Wiedenbach、1900年 ハンブルク - 1996年)は、アメリカ合衆国の看護学者。
 79.  チャールズ・ソーンスウェイトWikipedia
チャールズ・ウォーレン・ソーンスウェイト(Charles Warren Thornthwaite, 1899年3月7日 - 1963年6月11日)は、アメリカ合衆国の地理学者。専門は気候学。陸域の水循環と水収支を研究し、1948年に可能蒸発散の推定法を提示した「合理的な気候分類への一つのアプローチ」で知られる[1]。
 80.  クリスティアン・アーチボルド・ハーターWikipedia
クリスティアン・アーチボルド・ハーター(Christian Archibald Herter、 1895年3月28日 - 1966年12月30日)は、アメリカ合衆国の外交官、政治家である。1953年から1956年までマサチューセッツ州知事を、1959年から1961年まで国務長官を務めた。
 81.  レオ・カナーWikipedia
レオ・カナー(Leo Kanner,1894年6月13日 - 1981年4月4日)は、自閉症に関する研究で知られる、オーストリア系アメリカ人(ドイツ系アメリカ人)の医学者、精神科医である。
 82.  アーノルド・ウォルファーズWikipedia
アーノルド・ウォルファーズ(Arnold Wolfers、1892年6月14日 - 1968年7月16日)は、国際政治学者。
 83.  河合栄治郎Wikipedia
河合 栄治郎(かわい えいじろう、1891年2月13日 - 1944年2月15日)は、日本の社会思想家、経済学者。第二次世界大戦前夜における、著名な自由主義知識人の一人。
 84.  ハーバート・ガッサーWikipedia
ハーバート・ガッサー(Herbert Spencer Gasser、1888年7月5日 - 1963年5月11日)はアメリカ人の生理学者、医師。神経線維中の活動電位の研究で、ジョセフ・アーランガーとともに1944年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。
 85.  レナード・ブルームフィールドWikipedia
レナード・ブルームフィールド (Leonard Bloomfield, 1887年4月1日 - 1949年4月18日) は、アメリカの言語学者。1930年代から1950年代にかけてアメリカの構造主義言語学の発展をリードした。1933年の著書Language(『言語』)は当時の言語学の状態を映し出しており、特によく知られている。
 86.  ペイトン・ラウスWikipedia
フランシス・ペイトン・ラウス(Francis Peyton Rous, 1879年10月5日、ボルチモア - 1970年2月16日、ニューヨーク)はアメリカ合衆国の病理学者、医師。発がん性ウイルスの発見により、1966年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。
 87.  イザイア・ボウマンWikipedia
イザイア・ボウマン(Isaiah Bowman、1878年12月26日 - 1950年1月6日)は、カナダオンタリオ州ウォータールー生まれのアメリカ合衆国の地理学者・地理教育家。地形輪廻(侵食輪廻)で知られるウィリアム・モーリス・ディヴィスの弟子であり[1]、初期には自然地理学・地形学の研究をしていたが、後に政治地理学に転じた[2]。ボウマンの特筆すべき業績は、
 88.  ジョージ・H・ウィップルWikipedia
ジョージ・H・ウィップル(George Hoyt Whipple、1878年8月28日 - 1976年2月1日)はアメリカ合衆国の内科医で医学者で医学教育者。ウィップルは、貧血に対する肝臓療法の発見の業績により、ジョージ・リチャーズ・マイノット、ウィリアム・P・マーフィとともに1934年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。
 89.  ジョセフ・アーランガーWikipedia
ジョセフ・アーランガー(Joseph Erlanger、1874年1月5日 - 1965年12月5日)はアメリカ人の生理学者、医師。神経線維の様々なタイプを発見して、ハーバート・ガッサーとともに1944年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。
 90.  トーマス・ハント・モーガンWikipedia
トーマス・ハント・モーガン(Thomas Hunt Morgan、1866年9月25日 - 1945年12月4日)はアメリカ合衆国の遺伝学者。キイロショウジョウバエを用いた研究で古典遺伝学の発展に貢献し、染色体が遺伝子の担体であるとする染色体説を実証した。その業績により、1933年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。
 91.  サイモン・フレクスナーWikipedia
サイモン・フレクスナー(Simon Flexner, 1863年3月25日 - 1946年5月2日)は、アメリカの病理学者・細菌学者。
 92.  新渡戸稲造Wikipedia
新渡戸 稲造(にとべ いなぞう、1862年9月1日(文久2年8月8日) - 1933年(昭和8年)10月15日)は、日本の教育者・思想家。農業経済学・農学の研究も行っていた。
 93.  下村孝太郎Wikipedia
下村 孝太郎(しもむら こうたろう、文久元年9月26日(1861年10月29日) - 昭和12年(1937年)10月21日)は日本の化学技術者。工学博士。同志社第6代社長(現総長)。
 94.  箕作佳吉Wikipedia
箕作 佳吉(みつくり かきち、1858年1月15日(安政4年12月1日)- 1909年(明治42年)9月16日)は明治時代の日本の動物学者。理学博士。
 95.  ウッドロウ・ウィルソンWikipedia
トーマス・ウッドロウ・ウィルソン(Thomas Woodrow Wilson, 1856年12月28日 - 1924年2月3日)は、アメリカ合衆国の政治家、政治学者であり、第28代アメリカ合衆国大統領である。アンドリュー・ジャクソンの次にホワイトハウスで連続2期を務めた2人目の民主党大統領である。
 96.  佐藤昌介Wikipedia
佐藤 昌介(さとう しょうすけ、1856年12月21日(安政3年11月24日) - 1939年(昭和14年)6月5日)は、北海道帝国大学初代総長。日本初の農学博士のひとり。岩手県花巻市出身。妻は稲田邦植の娘陽子(はるこ)。
 97.  モーリス・ブルームフィールドWikipedia
モーリス・ブルームフィールド(Maurice Bloomfield, 1855年2月23日 - 1928年6月13日)はオーストリア領シレジア出身のイラン語・サンスクリット語学者。
 98.  ウイリアム・オスラーWikipedia
ウイリアム・オスラー(William Osler, 1849年7月12日 - 1919年12月29日)は、カナダ、オンタリオ州生まれの医学者、内科医。
 99.  ジョン・ベイツ・クラークWikipedia
ジョン・ベイツ・クラーク(John Bates Clark、1847年1月26日 - 1938年3月21日)は、アメリカ最初の理論経済学者、コロンビア大学教授。アメリカの新古典派経済学者で、限界革命主導者の一人。息子のジョン・モーリス・クラークも著名な経済学者。
 100.  サミュエル・ルイスWikipedia
サミュエル・ルイス(Sir Samuel Lewis, 1843年 - 1903年)は、西アフリカはシエラレオネ出身の立法廷協議会で20年以上議員を務めた、弁護士及びフリータウンの最初の市長。
 101.  ハル・松方・ライシャワーWikipedia未登録
ライシャワー・センター東アジア研究所名誉会長(19901998)。
 102.  ナサニエル・セイヤーWikipedia未登録
名誉教授。元SAISライシャワー・センター東アジア研究所日本研究担当教授。CIA東アジア部・国務省で勤務。中曽根康弘元首相と親密。
 103.  エリオット・コーエンWikipedia未登録
軍事戦略研究教授。ブッシュ大統領(ジュニア)政権の元国務省顧問(20072009)。主著『戦争と政治とリーダーシップ』
 104.  W・マックス・コーデンWikipedia未登録
名誉教授。元オックスフォード教授。元OECD、世界銀行、オーストラリア政府顧問。IMF上級顧問(198688)。
 105.  フォアド・アジャミWikipedia未登録
中東研究担当教授。元プリンストン大学政治学部教授。フォーリン・アフェアーズ編集委員。外交評議会理事。ライス元国務長官のアドバイザー。
 106.  デール・トムソンWikipedia未登録
カナダ研究担当教授。カナダ首相顧問。
 107.  マイケル・マンデルバウムWikipedia
マイケル・マンデルバウム (Michael Mandelbaum)は、アメリカ合衆国の政治学者。専門は、アメリカ外交・安全保障政策。
 108.  カール・D・ジャクソンWikipedia未登録
アジア研究、東南アジア研究担当教授。元国家安全保障会議アジア局長。ブッシュ(父)政権の大統領安全保障問題担当特別補佐官、ダン・クエール副大統領安全保障問題担当補佐官。
 109.  ジョン・E・マクラフリンWikipedia未登録
情報分析担当講師。シニアフェロー。元CIA副長官、長官代行(20002004)。
 110.  エスター・ブリマーWikipedia未登録
講師。欧米関係政治研究員。オバマ政権の国際機関担当の国務次官補。元国務省、マッキンゼー・アンド・カンパニー。
 111.  ゴードン・M・ボドナーWikipedia未登録
国際金融学教授。国際経済担当。元ペンシルベニア大学ウォートン・スクール教授(3連続優秀教授賞受賞)。
 112.  ステファン・M・シュウェーベルWikipedia未登録
元国際法学教授(1967–1981)。前国際司法裁判所所長(裁判長)。
 113.  ルース・ウェッジウッドWikipedia未登録
国際法及び外交担当教授。国連人権委員会委員。国務長官国際法諮問委員会委員。国防政策委員会委員。CIAパネル委員。元イェール大学ロースクール教授。
 114.  ジェシカ・アインホーンWikipedia未登録
現SAIS学院長。1970国際関係学修士。タイム・ワーナー取締役。元世界銀行専務理事。元外交評議会理事。
 115.  アーザル・ナフィーシーWikipedia未登録
SAIS異文化コミュニケーション担当。講師。ベストセラー『テヘランでロリータを読む』の著者。
 116.  ニコラス・バーンズWikipedia未登録
1980国際関係学修士。ハーバード大学ケネディスクール教授。ブッシュ大統領(ジュニア)の国務次官(20052008)。
 117.  ジェフリー・ガーテンWikipedia未登録
1972国際関係学修士、1980Ph.D.取得。クリントン政権の国際貿易担当商務次官。元イエール大学経営大学院学院長。元ブラックストーン・グループマネージング・ディレクター。
 118.  フランク・ラヴィンWikipedia未登録
修士。国際貿易担当商務次官。米国商務省国際貿易局長。駐シンガポール大使。
 119.  ジム・リーチWikipedia未登録
修士。ハーバード大学ケネディスクール教授。プリンストン大学公共政策客員教授。米国下院銀行金融委員会等の委員長。
 120.  チェスター・クロッカーWikipedia未登録
1969国際関係学修士。元国務長官補佐官。
 121.  ウィリアム・A・レインシュWikipedia未登録
国際関係学修士。元貿易管理担当商務次官。
 122.  パメラ・フラーティーWikipedia未登録
1968国際関係学修士。シティグループ財団会長兼CEO。
 123.  エレン・ライプソンWikipedia未登録
修士。研究組織ヘンリー・スチムソン・センター長兼CEO。
 124.  ハーマン・エイルツWikipedia未登録
1947国際関係学修士。カーター政権の駐エジプト大使。
 125.  ジェフリー・スミスWikipedia未登録
ワシントンポスト記者。ピューリッツァー賞受賞(2006)。
 126.  アンジェラ・カーンWikipedia未登録
国際関係学修士。国連事務次長。
 127.  デニス・ロックハートWikipedia未登録
1971国際関係学修士。アトランタ連邦準備銀行総裁。元ジョージタウン大学教授。
 128.  ウォルフ・ブリッツァーWikipedia未登録
1971国際関係学修士。CNNアンカー。
 129.  ピーター・オルガイアWikipedia未登録
国際関係学修士。米国通商代表部(USTR)の次席代表、元WTO米国大使。
 130.  ルイス・エルネスト・デルベスWikipedia未登録
前メキシコ外務大臣、経済大臣。
 131.  マハマット・アリ・アドウムWikipedia未登録
元チャド外務大臣、国連大使。
 132.  ジャン・モーリス・ドゥフースWikipedia未登録
1961,1966修士。元ベルギー首相、リーゲ知事。
 133.  ハンス・ホーヘルホルストWikipedia未登録
1983修士。オランダ厚生福祉スポーツ大臣、財務大臣。
 134.  バート・コエンデルWikipedia未登録
1981修士(ボローニャ含む)。オランダ開発大臣。
 135.  林采民(イム・チェミン)Wikipedia未登録
1996国際関係学修士。韓国知識経済部第一次官。
 136.  ユン・ヨン・カンWikipedia未登録
1983国際関係学修士、1988Ph.D.。韓国外交通商部長官。
 137.  リー・テシクWikipedia未登録
修士。駐米韓国大使。
 138.  王光亚(ワン・グアンヤ)Wikipedia未登録
修士。中国国連常駐代表。外務副大臣。
 139.  デイヴィッド・マニングWikipedia未登録
1972ボローニャ・センター修了。駐米英国大使(20032007)。ブレア元首相の外交政策顧問。駐イスラエル英国大使。
 140.  クリストファー・メイヤーWikipedia未登録
ボローニャ・センター修了。駐米英国大使(19972003)。
 141.  ドメニコ・ジョルジWikipedia未登録
1980ボローニャ・センター修了。駐アフガニスタンイタリア大使。
 142.  アルフレッド・ロトカWikipedia未登録
内容なし
 143.  バート・フォーゲルシュタインWikipedia未登録
・フォゲルシュタイン
 144.  ポール・マイロン・アンソニー・ラインバーガーWikipedia未登録
コードウェイナー・スミス


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編



スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)