トップページ>(大学を指定)>デューク大学出身の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:3,109人
このサイトに登録されている「デューク大学」出身の有名人の数:41:人



スポンサーリンク



デューク大学の卒業生一覧

 1.  マーカス・ストローマンWikipedia
マーカス・アール・ストローマン(Marcus Earl Stroman, 1991年5月1日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州サフォーク郡メドフォード(英語版)出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は、MLBのトロント・ブルージェイズに所属。
 2.  アレックス・ハッサンWikipedia
アレクサンダー・エドワード・ハッサン(Alexander Edward Hassan, 1988年4月1日 - )は、アメリカ合衆国・マサチューセッツ州クインシー出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。
 3.  ネイト・フレイマンWikipedia
ネイサン・サミュエル・フレイマン(Nathan Samuel Freiman, 1986年12月31日 - )は、アメリカ合衆国ワシントンD.C.出身のプロ野球選手(一塁手)。右投右打。現在は、メキシカンリーグのプエブラ・パロッツ所属。
 4.  ダン・オテロWikipedia
ダニエル・アンソニー・オテロ (Daniel Anthony Otero, 1985年2月19日 - )は、アメリカ合衆国・フロリダ州マイアミ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・クリーブランド・インディアンスに所属。
 5.  カルロス・ブーザーWikipedia
カルロス・オースティン・ブーザー・ジュニア(Carlos Austin Boozer, Jr.、1981年11月20日 - )は、アメリカ合衆国のバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード。ドイツ生まれ、アラスカ州出身という珍しい経歴を持つ。
 6.  エルトン・ブランドWikipedia
エルトン・ブランド(Elton Tyron Brand, 1979年3月11日 - )はアメリカ合衆国のニューヨーク州ピークスキル出身の元バスケットボール選手。身長203cm、体重115.2kg。ポジションはパワーフォワード。NBAのロサンゼルス・クリッパーズなどで活躍の後2015年に一旦引退したが、2016年に現役復帰し、フィラデルフィア・セブンティシクサーズで再びプレー。現在は同チームの相談役。
 7.  クリス・カプアーノWikipedia
クリストファー・フランク・カプアーノ(Christopher Frank Capuano, 1978年8月19日 - )は、アメリカ合衆国・マサチューセッツ州ハンプデン郡スプリングフィールド出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。現在は、フリーエージェント(FA)。
 8.  スコット・ショーエンワイスWikipedia
スコット・ショーエンワイス(Scott David Schoeneweis, 1973年10月2日 - )は、アメリカ合衆国のニュージャージー州出身の元プロ野球選手(投手)。左投左打。
 9.  クリストファー・アドラーWikipedia
クリストファー・アドラー(Christopher Adler, 1972年 - )は、アメリカ合衆国の作曲家、ピアニスト、即興音楽家、ケーン奏者。
 10.  グラント・ヒルWikipedia
グラント・ヘンリー・ヒル(Grant Henry Hill, 1972年10月5日 - )は、アメリカ合衆国のテキサス州ダラス出身の元バスケットボール選手。ポジションはスモールフォワード。身長203cm、体重102kg。2015年よりアトランタ・ホークスの共同オーナーを務めている[2]。
 11.  アナベス・ギッシュWikipedia
アナベス・ギッシュ(Annabeth Gish 本名:アン・エリザベス・ギッシュ (Anne Elizabeth Gish) 1971年3月13日 - )は、アメリカ合衆国の女優。
 12.  クリスチャン・レイトナーWikipedia
クリスチャン・レイトナー(Christian Donald Laettner 1969年8月17日- )はアメリカ合衆国ニューヨーク州アンゴラ出身の元バスケットボール選手。NBAで13年間、6チームに所属、プレイした。1991年、1992年、名将マイク・シャシェフスキーのもとデューク大学で2年連続NCAAチャンピオンになった[1]。またNBA選手が初めて出場可能となったバルセロナオリンピックで唯一アマチュア選手として出場を果たした。
 13.  メリンダ・ゲイツWikipedia
メリンダ・アン・ゲイツ(Melinda Ann Gates, 1964年8月15日 - )は、アメリカ合衆国の実業家、慈善家で、ビル&メリンダゲイツ財団共同会長。ビル・ゲイツの妻で、旧姓名はメリンダ・アン・フレンチ(Melinda Ann French)、メアリー・ウッダード・ラスカー公益事業賞、大統領自由勲章を受賞している。
 14.  田村耕太郎Wikipedia
田村 耕太郎(たむら こうたろう、1963年7月23日 - )は、日本の元政治家。元参議院議員(2期)。元自由民主党、平成研究会(額賀派)所属。
 15.  佐藤千登勢Wikipedia
佐藤 千登勢(さとう ちとせ、1963年 - )は、日本の歴史学者。専門はアメリカ現代史。筑波大学教授。
 16.  アダム・シルバーWikipedia
アダム・シルバー( Adam Silver, 1962年4月25日 - )は、アメリカ合衆国の法律家であり、北米のプロバスケットボールリーグNBAの第5代コミッショナー。2014年2月1日、デビッド・スターンの後任として同職に就任した[1]。2012年10月25日、スターンが2014年に退任することを発表した際に、次のNBAコミッショナーに推薦された[2][3]。 アダム・シルバー( Adam Silver, 1962年4月25日 - )は、アメリカ合衆国の法律家であり、北米のプロバスケットボールリーグNBAの第5代コミッショナー。2014年2月1日、デビッド・スターンの後任として同職に就任した[1]。2012年10月25日、スターンが2014年に退任することを発表した際に、次のNBAコミッショナーに推薦された[2][3]。
 17.  ティム・クックWikipedia
ティモシー・ドナルド・“ティム”・クック(Timothy Donald "Tim" Cook、1960年11月1日 - )は、アメリカ合衆国の実業家、作家、教育者。アップルの最高経営責任者(CEO)。2005年よりナイキの社外取締役も務める[1]。
 18.  ジム・ローゼンフィールドWikipedia
ジム・ローゼンフィールド(Jim Rosenfield, 1958年 - )は、アメリカ合衆国のニュースキャスター。ニューヨーク州出身。現在はCBS放送のニューヨークのローカルニュースCBS2NEWS(東部時間18:00と23:00)で女性キャスター、ディーナ・タイラーと共にウィークディのメインキャスターを務める。デューク大学卒。
 19.  リチャード・ワゴナーWikipedia
ジョージ・リチャード "リック" ワゴナー・ジュニア(George Richard "Rick" Wagoner, Jr.、1953年2月9日 - )は、アメリカ合衆国のゼネラルモーターズ前会長兼CEO。
 20.  平沢勝栄Wikipedia
平沢 勝栄(ひらさわ かつえい、1945年9月4日 - )は、日本の政治家、元警察官僚。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、自由民主党広報本部長。
 21.  エリック・シンセキWikipedia
エリック・ケン・シンセキ(Eric Ken Shinseki, 1942年11月28日 - )は、アメリカ合衆国陸軍の軍人(退役大将(四つ星))で、元陸軍参謀総長(第34代、在任:1999年6月21日 - 2003年6月11日)。オバマ政権において退役軍人長官(閣僚)を務めた。ハワイ州出身の日系アメリカ人3世であり、日系アメリカ人としてはクリントン・ブッシュ政権で商務長官・運輸長官を務めたノーマン・ミネタに次ぐ2人目の閣僚。日本名(姓)は新関。
 22.  福島孝徳Wikipedia
福島 孝徳(ふくしま たかのり、1942年10月15日[1] - )は、アメリカ合衆国在住の日本人医師である。専門は脳神経外科であり、脳腫瘍に対する「鍵穴手術」の考案者として知られる。東京大学医学部卒業。カロライナ脳神経研究所、デューク大学、ウェストバージニア大学、カロリンスカ研究所、マルセイユ大学、フランクフルト大学教授を兼任。
 23.  法華津寛Wikipedia
法華津 寛(ほけつ ひろし、1941年3月28日 - [1])は、東京府出身の日本の馬術選手、実業家。アバロン・ヒルサイドファーム所属[1]。
 24.  ロバート・リチャードソンWikipedia
ロバート・コールマン・リチャードソン(Robert Coleman Richardson,1937年6月26日-2013年2月19日)[1]は、ワシントンD.C.生まれのアメリカ人物理学者である。
 25.  山森鉄直Wikipedia
山森 鉄直(やまもり てつなお、テッド・ヤマモリ、Ted Yamamori, 1937年 - )は、国際飢餓対策機構(英語版)(Food for the Hungry International、FHI)の元国際総裁。現代社会の貧困と飢餓の現実の必要に応える奉仕に関する論文「共生的任務」で実践的な宣教学者・宗教社会学者として世界的に知られる。
 26.  エリザベス・ドールWikipedia
エリザベス・ハンフォード・ドール(Mary Elizabeth Hanford "Liddy" Dole, 1936年7月29日 - )は、アメリカ合衆国の政治家、官僚。レーガン政権で運輸長官(1983年 - 1987年)、ジョージ・H・W・ブッシュ政権で労働長官(1989年 - 1990年)を歴任した。連邦上院議員(ノースカロライナ州選出、2003年 - 2009年)。所属政党は共和党。ボブ・ドール元上院議員(カンザス州選出、共和党)の妻。2000年には共和党大統領予備選挙に出馬した。
 27.  フレデリック・ブルックスWikipedia
フレデリック・フィリップス・ブルックス・ジュニア(Frederick Phillips Brooks, Jr. 、1931年4月19日 - )は、アメリカ合衆国のソフトウェア技術者で、計算機科学者である。IBM のメインフレームである System/360 およびそのオペレーティングシステム OS/360 の開発者として有名である。その過程を率直に描いた著書『人月の神話』と論文『銀の弾などない』は、ソフトウェア工学およびソフトウェアプロジェクト管理の世界で多くの人々に読まれ、大きな影響をあたえている[1]。それら著作も含め、コンピュータアーキテクチャ、オペレーティングシステム、ソフトウェア工学への貢献から、1995年にはアメリカ国家技術賞、1999年にはチューリング賞を受賞した。
 28.  ディック・グロートWikipedia
リチャード・モロー・グロート(Richard Morrow "Dick" Groat, 1930年11月4日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ウィルキンスバーグ出身の元プロ野球選手(遊撃手)・元プロバスケットボール選手。右投右打。
 29.  ジョン・コックWikipedia
ジョン・コック(John Cocke, 1925年5月30日 - 2002年7月16日)は、アメリカの計算機科学者であり、特にコンピュータ・アーキテクチャとコンパイラの最適化設計への多大な貢献で知られている。「RISCアーキテクチャの父」とも呼ばれる[1]。
 30.  チャールズ・タウンズWikipedia
チャールズ・ハード・タウンズ(Charles Hard Townes, 1915年7月28日 - 2015年1月27日)は、アメリカ合衆国の物理学者である。誘導放出による電磁波の増幅(メーザー、レーザー)の基本原理を発明した。メーザー、レーザーの発見及び量子エレクトロニクスの基礎的研究によりニコライ・バソフ、アレクサンドル・プロホロフと共に1964年のノーベル物理学賞を受賞した。
 31.  リチャード・ニクソンWikipedia
リチャード・ミルハウス・ニクソン(Richard Milhous Nixon, 1913年1月9日 - 1994年4月22日)は、アメリカ合衆国の政治家。第37代アメリカ合衆国大統領。
 32.  ポール・ファーマーWikipedia未登録
医師、医療人類学者、ハーヴァード大学教授
 33.  リック・カークランドWikipedia未登録
『フォーチュン』誌編集長
 34.  ジャニタ・クレスプWikipedia未登録
経済学者、第25代アメリカ合衆国商務長官
 35.  ケネス・スターWikipedia未登録
弁護士、ホワイトウォーター疑惑の捜査を指揮した特別検察官
 36.  ランドール・ウォレス Wikipedia未登録
映画監督、脚本家
 37.  ジュディー・ウッドラフ Wikipedia未登録
ジャーナリスト、NBCホワイトハウス担当記者、CNNキャスター
 38.  田中正郎 Wikipedia未登録
マッキンゼー・アンド・カンパニー
 39.  武捨皓介 Wikipedia未登録
コロンビア大学客員教授、マッキンゼー・アンド・カンパニー
 40.  長窪専三Wikipedia未登録
聖書学者
 41.  王千源Wikipedia
王千源事件(おうせんげんじけん)とは、2008年4月9日、北京オリンピックの聖火リレーがサンフランシスコで行われた日のふるまいを原因として、アメリカのデューク大学に留学中の中国人学生、王千源 (Grace Wang Qianyuan) が「漢奸」としておもにインターネット上での人身攻撃を受け、個人情報が流出し、実家に被害が及んだ事件。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編



スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)